ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

フィンペシアとミノキシジルの副作用、併用するとどうなる?

フィンペシアとミノキシジルの副作用、併用するとどうなる?

AGA治療の鉄板と言われるミノキシジル。併用薬にフィンペシアを選択するのはアリ?

フィンペシアとミノキシジル。2つの薬の副作用、一緒に使える?フィンペシアとミノキシジルはAGA治療において多くの人が併用する薬ですが、その使い方は大丈夫でしょうか。ミノキシジルの外用薬と内服薬は、併用の時の効き目や副作用も違うのでしょうか。ミノキシジルとフィンペシアの効き目や副作用に触れながら解説します。

    (このコラムのポイント)

  • ミノキシジルとフィンペシアの併用に問題がある?
  • フィンペシアって何?
  • そもそもミノキシジルって?
  • ジェネリック医薬品って?
  • ミノキシジルの効果と副作用
  • フィンペシアの効果と副作用
  • それでも心配ならお医者さんに相談しよう

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/そもそもフィンペシアとは?

「フィンペシア」というのは、「プロペシア」のジェネリック医薬品です。
では「プロペシア」とは?

プロペシアというのは、経口タイプのAGA治療薬で、日本ではMSD株式会社が販売しています。
フィナステリドという有効成分を主とし、脱毛予防、AGAの進行遅延効果があり、世界60ヶ国以上で承認されている薬です。
フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品ですから、主成分や効能はプロペシアに準じます。
フィンペシアをつくっているのは、インドのシプラ社です。

プロペシアのジェネリック医薬品という位置づけのフィンペシアですが、実際は、プロペシアの国際特許が切れる前に作られたコピー商品という立場でもありました。

インドでは、物質特許が定められたのが2005年だったため、それまでは、国際特許が残っている製品でも、特許を保有している会社にいくらかのお金を払えば合法的に製造、販売ができました(現在は物質特許が定められているため、似たような問題は発生していません)。

今ではプロペシアの国際特許が切れているため、たくさんのジェネリック医薬品が売られていますが、フィンペシアは、このインドの物質特許が定められる2005年よりも前に作られたため、当時はコピー商品の位置付けでした。

フィンペシアがプロペシアのジェネリック医薬品なのかコピー商品なのか、実に微妙で取り扱いの難しい問題ですが、ここでは一応ジェネリック医薬品として説明を進めていきます。

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/まず、ジェネリック医薬品とは

最近よく耳にするようになった「ジェネリック医薬品」、何のことかきちんと理解していますか。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことです。

新薬の開発は長いと10年以上かかることもあり、数十億から百億円とも言われる莫大な費用がかかります。ですから、開発した製薬会社は、特許の出願以降一定期間はその薬を独占的に製造・販売することが認められています。

特許期間が経過すると(概ね20年後くらい)その薬を製造販売することが他社にも認められます。後から同じ成分を使って薬を開発するのは、最初に取り組むより費用も時間も少なくて済みます。ジェネリック医薬品が、先発薬品に比べて安いのはこんな理由からです。


ジェネリック医薬品は不安、などという声も聞かれますが、ご安心を。
有効成分は先発薬品と全く同じです。品質、安全性、有効性などについて厳しい試験をクリアし、国の基準に基づいてつくられています。

多少薬の形状が違ったり、味や香りが改良されていたりしますが、効き目がないのではないかというのは全くの偏見です。
価格の安いジェネリック医薬品を上手に利用すれば家庭の医療費の削減につながりますし、ひいては国の医療費削減にもつながります。

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/ミノキシジルって?

さて、ここでミノキシジルについていま一度おさらいをしておきましょう。

ミノキシジルというのは、AGA治療に使われる、発毛を促す有効成分の名前です。
現在、日本で認められているAGA治療薬には「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド(GSK社のAGA治療薬「ザガーロ」に使われている有効成分」の3つがありますが、ミノキシジルは一番早くに承認されました。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として高血圧症の患者さんに投与されていたという歴史があります。その際、使用していた患者さんに多毛症の副作用が見られたため、その発毛作用にフォーカスして開発、承認されました。

ミノキシジルを成分とする薬剤には、内服薬と外用薬の2種類があります。
内服薬は通称「ミノタブ」、外用薬は通称「塗りミノ」と呼ばれます。

ミノタブは、タブレット(錠剤)型の経口剤ですが、残念ながら国内では未承認のため、入手するには、海外製品を購入することになります。ミノタブを扱っている頭髪治療専門のクリニックで診察を受け、処方してもらうのが安全&安心でしょう。

塗りミノは、国内でも一般用医薬品として承認されています。薬局、ドラッグストアで購入できるため、手軽に使用することができるのは嬉しいですね。

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/ミノキシジルって?

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/フィンペシアの効果と副作用

フィナステリドの効果

フィンペシアの主成分は「フィナステリド」です。
フィナステリドは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を妨げ、AGAの進行を遅らせます。
フィナステリドの内服薬は、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」(※1)でも、男性の服用は「推奨度A」(行うよう強く薦める)とランク付けされています。

(※1 参照|日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

フィナステリド1mgを使用した臨床試験によると、1年間の服用で58%の人に、3年間の服用では78%の人に軽度改善以上の効果が見られています。

フィナステリドの副作用

気になる副作用については、フィナステリドの場合妊娠中の女性や妊娠の可能性のある女性が使用すると、男児胎児の生殖器の発育に異常を起こす恐れが警告されています。

フィナステリドの成分は皮膚から体内に吸収されるため、女性は服用のみならず、破損して成分が露出した状態の薬剤には、触れることも厳禁とされています。男性用の薬だと認識しておくのがいいでしょう。

その他、性欲減退、ED(勃起不全)、肝機能障害などの副作用が報告されていますが、副作用の発現率は非常に低く、いたずらに心配する必要はありません。

フィンペシアとミノキシジルで、副作用はどうなる?/ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルの効果/血管拡張作用と、毛母細胞へのダイレクトな働きかけ

ミノキシジルの効能は2つ。
1つは血管拡張作用です。血管を拡張し、頭皮の血行を促し、育毛・発毛の環境を整えます。

もう1つは毛母細胞に直接働きかけて発毛を促進するというものです。
毛母細胞は、毛根内の細胞分裂で、細胞分裂することによって髪の毛を生み出していきます。
薄毛状態の時の毛母細胞は、「休止期」状態にあり、活動を休止しています。ミノキシジルは、この毛母細胞に直接働きかけて、細胞分裂の活性化を促すはです。

血管拡張作用と発毛促進作用の2つの働きで、ミノキシジルは発毛へと導具のです。

ミノキシジルの内服薬と外用薬、効果と副作用の違い

塗りミノとミノタブでは、ミノタブのほうが体内に直接成分を取り込むため、効き目が高いと言われています。しかし、その分副作用も強いようです。

ミノタブの副作用として、多毛症(髭や腕など髪以外の毛が濃くなる)、血圧の低下、むくみ、だるさなどが言われます。
もともと高血圧症の薬として開発されていたのですから、血圧が下がるのは当たり前といえば当たり前ですね。

一方の塗りミノの副作用は、頭皮の痒み、発疹、発赤など皮膚症状が主なもので、しかも重篤なものはありません。

以下の記事を読むと、ミノキシジルやミノキシジルの副作用についてさらに詳しい情報が書かれてありますので、よろしけれはこちらもお読みください。

ミノキシジルとの併用で副作用も気になる。フィンペシアと併用するなら、塗りミノが安心

フィナステリドを主成分とする内服薬として厚生労働省に承認されているのは、プロペシアです。しかし、費用的な問題もあって、フィンペシアを選択する人が増えているのも事実です。

前述の日本皮膚科学会の診療ガイドラインでも、男性のAGA治療にはフィナステリド内服薬の服用とミノキシジル外用薬の使用が推奨されています。
体の内側からと外側からアプローチすることでW効果を狙っているわけですね。

より強い効果を求めて、フィンペシア+ミノタブを使用してAGA治療をしたくなるかもしれませんが、その場合は医師と相談をしながら治療を進めて下さい。

内服薬というのは、その成分が体内で吸収され、血流によって全身に作用します。
2つ一緒に服用することで、思いもよらない副作用が発現するかもしれません。
ちょっとリスクが高いですね。

ミノキシジル外用薬(塗りミノ)についての詳しい情報が書かれた以下の記事もありますので、こちらも合わせてお読みください。


ミノキシジルとの併用で副作用も気になる。ミノキシジルをフィンペシアと併用するなら、塗りミノが安心

【まとめ】

フィンペシアとミノキシジルと副作用。心配なら医師に相談しよう

フィンペシアはフィナステリドを主成分とする内服薬です。先発薬のプロペシアと効能や副作用もほぼ同じと考えていいでしょう。
ただし、国内未承認というところはやはり頭に置いておいていただきたいものです。

未承認薬は原則的に個人で購入はできません。
使用するためには医師の診察・処方が必要です。
そして使用に際し不安があったら医師に相談し、適切な判断を仰ぎましょう。

以下の記事にも、フィンペシアとミノキシジルでの育毛について様々な情報が書かれています。
よろしければ、そちらもお読みください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!