ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

プロペシアとミノキシジルを併用した場合に副作用の心配はないのか?

プロペシアとミノキシジルを併用した場合に副作用の心配はないのか?

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの作用機序はまったく違う!

「プロペシアとミノキシジルの併用、副作用は心配ない?」
「プロペシア内服(薬)」と「ミノキシジル外用(薬)」は、どちらも日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで高い評価を受けている有効成分です。この両者の治療薬の作用とは?併用した場合の効果と副作用は?ここでは、そうした疑問にお答えします。

(このコラムのポイント)

  • プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの併用は可能なのか?
  • プロペシア(フィナステリド)について
  • ミノキシジルについて
  • プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用について
  • ミノキシジルの効果と副作用について
  • プロペシアとミノキシジルの併用について

プロペシアとミノキシジルは併用できるの? 副作用は?

近年、AGA(男性型脱毛症)治療薬として注目を集めているものに「ミノキシジル」と「プロペシア」があります。この2つは、どう違うのでしょうか? そして、どちらがよく効くのでしょうか? はたまた、「ミノキシジル」と「プロペシア」を併用したらどうなるのでしょうか? ひょっとして相乗効果で発毛・育毛効果が倍増するのか、あるいは怖い副作用が出るのでしょうか?

「プロペシアとミノキシジルを併用するとどうなるの?」

そんな、あなたの疑問を解決します。

プロペシアとミノキシジルはどう違う?/プロペシアの基礎知識編

「プロペシア」とは、MSD社が製造・販売する薬の名称で、「フィナステリド」を主成分としたAGA治療薬です。つまり、「フィナステリド」が薬効成分の名称で、「プロペシア」が製品名ということです。

さて、この「プロペシア(フィナステリド錠)」ですが、もとは前立腺肥大症治療薬「プロスカー(メルク社)」として開発されました。この薬の使用中にAGAの改善がみられたために、含有量を少なくして、新たに男性型脱毛症治療薬「プロペシア」がつくられるようになったのです。

現在、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もつくられていて、フィナステリド錠「トーワ」(東和薬品)、フィナステリド錠「サワイ」(沢井製薬)、フィナステリド錠「FCI」(富士化学工業)はじめ数社から、さまざまな商品名で製造・販売されています。

このように、フィナステリド錠にはいろいろあるのですが、先発医薬品の「プロペシア」がもっとも有名なので、この名称が一般名(成分名)のように使われているのでしょう。

ちなみに、「プロペシア」は日本でも承認された医薬品ですが、「プロスカー」は日本では未承認です。また、「プロペシア」は劇薬指定の処方箋医薬品で、医師の処方がないと入手することができません。

プロペシアとミノキシジルはどう違う?/ミノキシジルの基礎知識 編

「ミノキシジル」は製品名ではなく、成分の名称です。
このミノキシジルも、発毛剤・育毛剤として開発されたものではありません。
ミノキシジルには血圧を下げる効果があり、1979年に米国で高血圧治症療薬(経口降圧剤)として承認を受けました。

一方、臨床試験で確認された副作用のなかに「多毛」がありました。つまりミノキシジルを長期間服用すると、頭髪や体毛が濃くなるというのです。
そこで外用発毛剤(塗り薬)としてミノキシジル外用薬が開発され、1988年に米国で承認を受けました。
日本でも1999年に、外用発毛剤(塗り薬)として一般用医薬品の承認を受けています。

なお、「ミノキシジル」は、日本では一般用医薬品の第1類医薬品に分類されています。購入に際して医師の処方箋は必要ではありませんが、薬局やドラッグストアで薬剤師から直接説明を受けるか、文書での情報提供を受けてからでないと購入できません。
また、ネット通販でも、一定の条件を満たしたサイトでは、メールや電話などで薬剤師の指導・説明を受けたうえで購入することができます

なお、先述の高血圧症治療薬としてのミノキシジル内服薬は、日本では承認されていないため、薬局やドラッグストアで購入することはできません。

ミノキシジルについては「ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに」の記事に、また、ミノキシジルの副作用に関しては「AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について」の中でそれぞれ詳しく書かれています。
よろしければそちらもお読みください。


プロペシアとミノキシジルはどう違う?/ミノキシジルの基礎知識編

プロペシアとミノキシジルはどう違う?/ プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用編

さて、プロペシア(フィナステリド)は、どのような仕組みでAGAに効果があるのでしょうか。

毛乳頭細胞には、男性ホルモン受容体があります。男性ホルモンの1つである「テストステロン」がこの部分に運ばれてくると、5α還元酵素のはたらきでDHT(ジヒドロテストステロン)という、さらに活性化されたものに変化してこの受容体に結合します。
前頭部や頭頂部で男性ホルモン受容体にDHTが結合すると、毛母細胞の増殖が抑制され、ヘアサイクルの成長期が短縮されます。

ここで、プロペシア(フィナステリド)の登場です。
プロペシア(フィナステリド)は、テストステロンをDHTに変換する5α還元酵素の働きを阻害します。つまり、DHTによるAGAの進行を遅らせる効果があるといえます。

一方、プロペシア(フィナステリド)には、下記のような副作用もあります。

<プロペシア(フィナステリド)の副作用>

  • 過敏症:掻痒(そうよう)感、蕁麻疹(じんましん)、発疹、血管浮腫(口唇・舌・咽頭・顔面腫脹を含む)
  • 生殖器:睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常など)、リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少
  • 肝臓:AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
  • そのほか:乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

また、プロペシア(フィナステリド)は、前述のように男性ホルモンに作用するため、妊婦や妊娠の可能性のある女性、授乳中の女性への投与は“禁忌”となっています。

プロペシアとミノキシジルはどう違う?/ミノキシジルの効果と副作用編

では、ミノキシジルの発毛効果の仕組みは、どんなものなのでしょうか。

1)血管拡張による血流改善
2)毛母細胞への直接の刺激
2-1 毛包のミニチュア化の抑制
2-2 “休止期”の毛母細胞を“成長期”へと移行させる
2-3 成長期の期間維持


かつては、(1)の血流改善によって、育毛・発毛が促進させるのだろうといわれていました。
しかし、最近の研究では、(1)ではなく、むしろ(2)の作用によって、発毛を止めていた毛母細胞の働きを改善し、ヘアサイクルが改善されて、発毛・育毛が促進されるのだろうという仮説が有力視されています。

プロペシア(フィナステリド)が「AGAの進行遅延」だったのに対し、ミノキシジルは「発毛」効果、つまりすでに毛髪が生えなくなった部分から毛髪が生えてくる可能性が期待できるようです。

さて、そんなミノキシジルにも、やはり副作用はあります。

<ミノキシジル外用薬の副作用>

  • 使用部位の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、熱感等
  • 頭痛、ふらつき、めまい
  • 胸痛、動悸
  • 思い当たる理由のない急な体重の増加、末端のむくみ

プロペシア(フィナステリド)は女性男性型脱毛症(FAGA)には適応外でしたが、ミノキシジルはAGAにもFAGAにも効果があるとされています。

プロペシアとミノキシジルはどう違う?/ミノキシジルの効果と副作用編

プロペシアと併用するならミノキシジル外用薬が安心

ここまで考察してきたように、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)とは、同じAGA治療薬といえども、その作用機序がまったく違います。

また、両者の添付文書の「薬物相互作用」にも、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)をいっしょに使用してはいけないという記述はありません。

したがって、「プロペシアとミノキシジルを併用するとどうなるの?」
という質問の回答は、下記のようになります。
「たぶん、だいじょうぶ」


「たぶん」というのは、やはり体質や体調などで予期せぬ症状があらわれる可能性は捨てきれないからです。もし、あなたが、ミノキシジル外用薬とプロペシア錠(フィナステリド内服薬)の併用を考えているのであれば、やはりAGA専門クリニックの医師や薬剤師に相談しながら行うべきでしょう。

また、両者を“併用”した場合の効果について、前述の日本皮膚科学会のガイドラインにも記述はありません。したがって、「ミノキシジル外用薬とプロペシア錠(フィナステリド内服薬)の併用はより効果的である」とも言い切れません。

一方、日本では承認されていないミノキシジル内服薬と、プロペシア錠(フィナステリド内服薬)との併用を考えている場合、未知の危険性が隠れている可能性を忘れない方がよいでしょう。より速く、より強い発毛・育毛効果を得たいがために、個人の判断だけでミノキシジル内服薬を使用することには、大きなリスクがあるのです。

プロペシアとミノキシジルに関する記事は他にも「ミノキシジルとプロペシアを併用したい!副作用は大丈夫?効果は大きい?」や「ミノキシジルとプロペシア。併用したら、治療効果はもっと大きくなるの?」もございます。ミノキシジルとプロペシアの併用した時の効果、効果が出る期間などについて詳しく書かれています。
よろしければそちらもお読みください。

【まとめ】

OTC薬品として日本で唯一発毛効果が承認されているミノキシジル外用薬と、プロペシア(フィナステリド)、その正しい使用法とその効果について、ご理解いただけたでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)とは作用機序が違うため、両者の併用も可能かもしれません。
しかし、専門家(医師や薬剤師)の指導なくして、安全は保証されないでしょう。

薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!