ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

AGA治療薬のすべて/3種類のAGA治療薬について知りましょう

AGA治療薬のすべて/3種類のAGA治療薬について知りましょう

ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの効き目と副作用をしっかり覚えよう

AGA治療に効果がると言われるものはいくつもありますが、厚生労働省が承認しているのは、OTC医薬品として唯一の育毛・発毛成分「ミノキシジル」、抜け毛防止、脱毛進行抑制効果のある「フィナステリド」と「デュタステリド」の3種類だけ。作用、効果、副作用、使い方などを正しく知り、AGA治療に活かしてください。

    (このコラムのポイント)

  • AGA治療薬は3種類
  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • デュタステリド
  • それぞれの薬効とちがい
  • 薬の使い方と副作用

AGA治療薬の種類3つ

AGAに良いとされる成分や物質はいくつかありますが、「AGA治療薬」と承認されているものは3つしかありません。
「ミノキシジル」、「フィナステリド」、「デュタステリド」
この3種類の成分以外は「治療薬」としては承認されていません。

似ているようでそれぞれ作用のメカニズムや効果は違います。
それぞれの特徴について正しく知り、AGA治療に活かしましょう。

ミノキシジル「唯一の発毛成分」

ミノキシジル「唯一の発毛成分」

ミノキシジルの開発経緯

ミノキシジルは、3種類の薄毛治療薬の中でも、唯一「発毛効果」のある成分です。
もともと、ミノキシジルには血管拡張作用があり、高血圧症患者に投与する血圧降下剤として開発されました。
ミノキシジルを投与された患者に、「毛が濃くなった」「毛が生えてきた」という副作用が認められ、今度は発毛剤として開発されてできたのが、現在のミノキシジルです。

ちょっと視点を変えれば、副作用が効能になる、製薬特有の面白いエピソードです。
その後、副作用のリスクが多大であることから、ミノキシジルは高血圧症のための血圧降下剤としての使用は当初ほどはされなくなっています。

ミノキシジルの作用

前述の通り、ミノキシジルは「血管を拡張して血行を促す」という働きがあります。

ミノキシジル外用薬を頭皮に塗布することで、頭皮に浸透した薬剤が血行を促進し、毛根にある毛母細胞の活動を促します。
ミノキシジルの1つ目の働きは、血管を拡張し、頭皮の血流を良くして、育毛・発毛をすることです。

AGAに働きかけるミノキシジルのメカニズム

AGAの発症にはDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関与しています。

男性ホルモンの1つ、「テストステロン」がより活性化した男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」は、心身を男性らしく形成するには大いに有益ですが、こと毛髪となるとちょっと困った働きをします。
DHTは、男性ホルモン受容体と結合し、「毛母細胞」の細胞分裂をコントロールするシグナルを出します。結果、毛髪に発毛を抑制する働きをしてしまうのです。

細胞分裂の抑制シグナルを受けた毛母細胞は活動を徐々に弱め、やがて休止してしまいます。成長期にある髪も休止期に突入、成長途中の毛も抜けてしまいます。

また、毛母細胞が活動を休止してしまうので、次の新しい毛髪が生えてこず、薄毛の状態が続きます。
こうしたヘアサイクルの乱れた状態が薄毛といわれる症状です。


ミノキシジルは、この活動の弱まった毛母細胞に直接働きかけ、休止状態の細胞分裂の活性化を促します。
この、細胞分裂を促す働きが、ミノキシジルの2つめの働きです。

血管拡張と、発毛促進。これがミノキシジルの大きな効果なのです。

AGA治療薬と言えるのは3種類の中でも「発毛」に効果を発揮するのはミノキシジルだけ。
「唯一の発毛成分」と言われる所以、お分かりいただけましたか。

ミノキシジルについては以下の記事にも詳しい情報がございます。
よろしければ、そちらもお読みください。

抜け毛を防ぎ、毛髪の質を向上させるフィナステリド

フィナステリドの作用

フィナステリドという成分は、テストステロンを変化させる酵素・5αリダクターゼⅡ型の働きを抑制します。
これによって結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)の産生が抑えられ、脱毛予防になるというわけです。
発毛の効果はありませんが、抜け毛予防、進行抑制と、毛質向上には大きな効果的です。
日本では、プロペシア(MSD社から発売されているAGA治療薬)が有名ですが、それに続くジェネリックもいくつか発売されています。

フィナステリドの開発

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の薬として投与されていましたが、AGAにおける毛髪の成長が認められたことから、AGA治療薬として開発されました。

海外で使われるフィナステリド錠は、前立腺肥大症の治療に際して含有量が5mgのものが使われていましたが、AGA治療に際しては含有量0.2mgと1mgのものがつくられています。

日本では2005年にAGA治療薬として厚生労働省から承認され、現在は世界60ヶ国以上で使用されています。

フィナステリドより強力? まだ新しい薬デュタステリド

デュタステリドは、3種類のAGA治療薬の中では新しい薬です。
2015年にAGA治療薬としてデュタステリド配合の「ザガーロ」(GSK社から発売)が厚労省の承認を受けました。

薬効はフィナステリドによく似ていますが、フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型の働きを抑制するのに対し、デュタステリドは、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型両方の働きを抑制します。
同じ「5αリダクターゼに作用する」薬でも、抜け毛防止効果はフィナステリドを上回ることが確認されています。

2004年に行われた6ヶ月間の臨床試験結果によれば、フィナステリド5mg服用群(※1)とデュタステリド5mg服用群では、6ヶ月後の血中のDHT(ジヒドロテストステロン)がフィナステリド群で70.8%の人が、デュタステリド群で98.4%の人が減少したそうです。

(※1 日本で販売されているAGA治療に使われるフィナステリド製剤は0.2mgと1mg製剤のみ)

フィナステリドであまり効果が見られなかった人も、効果に期待が持てますね。

フィナステリド デュタステリド ミノキシジル、3種類の薬の薬効と違い

AGA治療薬として認められている3種類の薬は、どれも効果を発揮しますが、その効果は少しずつ違います。

フィナステリド

フィナステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで脱毛を防ぎます。
フィナステリドが分泌を抑える酵素5αリダクターゼはⅡ型。Ⅱ型は前頭部や頭頂部などの毛乳頭に多く存在しています。頭頂部や前頭部は比較的薄毛になりやすい部位。毛乳頭というのは毛母細胞に脱毛指令を出すところです。

フィナステリドは、頭頂部や前頭部などの毛乳頭に多く存在する5αリダクターゼの働きを抑えることで、M字脱毛症やつむじ部分の脱毛症の進行を遅らせる効果があります。

臨床試験結果によると、フィナステリドの内服48週(約1年後)で50%以上の患者が症状の改善を実感しています。
フィナステリド内服薬は国内では市販されていません。フィナステリド配合の医薬品を使用するには、クリニックで医師の診察を受け処方してもらう必要があります。

デュタステリド

フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型のみのDHTとの結合を阻害するのに対し、デュタステリドは、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型両方のDHTとの結合を阻害します。
Ⅱ型は前頭部や頭頂部などの毛乳頭に多く存在することはお話ししましたが、Ⅰ型は皮脂腺に多く存在します。皮脂腺に多く存在し過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで脱毛を促しているのです。
5αリダクターゼⅠ型が毛穴を塞ぎ、Ⅱ型が脱毛指令を出すことでAGAがより進行するのですが、その両方を抑え込むのがデュタステリドです。
Ⅰ型に効くだけでなく、Ⅱ型への作用もフィナステリドよりも高いと言われ、フィナステリドで思うような効果が出なかった人たちでも、効果が得られるのでは、と大きな期待が寄せられています。

デュタステリド内服薬もフィナステリド内服薬同様、医療用医薬品ですので、薬局、ドラッグストアでは販売されていません。
使用するには、病院やクリニックを受診し、医師に処方してもらわなければなりません。

ミノキシジル

ミノキシジルは、先に述べたフィナステリドやデュタステリドとは作用するメカニズムが少し違います。

ミノキシジルは、毛乳頭細胞と活動を休止している毛母細胞に働きかけ、増殖を活性化させます。

毛髪は、毛母細胞の細胞分裂の繰り返しで発毛します。
ヘアサイクルの乱れた頭皮では、毛母細胞の細胞分裂がうまくいかなくなり、成長期が短くなったり、休止期がやたら長くなったり、またなかなか次の毛が生え来なかったりします。
活動休止中の毛乳頭細胞、毛母細胞を刺激することで、発毛を促すのがミノキシジルの一番の効果です。

フィナステリドやデュタステリドは、抜け毛防止、進行抑制の効果はメインの効果になります。

ミノキシジルがAGA治療になくてはならない成分といわれる理由はこの発毛作用です。
3種のAGA治療薬のうち、ミノキシジル外用薬だけが市販されています。
第一類医薬品に分類され、薬局やドラッグストアなどで、薬剤師から副作用等についての説明を受けなければ購入できないOTC薬品なのです。

フィナステリド デュタステリド ミノキシジル、3種類の治療薬の使い方

今、AGA治療の現場では「ミノキシジル外用薬+フィナステリド内服薬」或いは「ミノキシジル外用薬+デュタステリド内服薬」の組み合わせが最強と言われます。

体の外側(表面)からと内側からアプローチするわけです。
また、ミノキシジルと、フィナステリド或いはデュタステリドは、その作用メカニズムが異なるため、一緒に使うと、発毛(=攻めの治療)と抜け毛予防と育毛(=守りの治療)のダブルの効果が望めます。

どんな薬でもそうですが、AGA治療においても、使う薬を素人が判断するのは禁物です。
「自分にはどんな薬が合うのか」「本当に薬が必要か」「健康状態に問題はないか」などの判断は医師に任せましょう。医師が適切な判断をしてくれます。

3つの薬の使い方について。

ミノキシジル外用薬は頭皮に塗るタイプ。朝と夜の2回の使用が推奨されています。

朝は乾いた頭皮に、夜はシャンプー後の清潔な頭皮に塗りましょう。
夜、注意しなければいけないのは、シャンプー後にドライヤーで髪や地肌をしっかり乾かしてから塗ること。

また、つい頭皮全体に塗りたくなりますが、薄毛の気になる部分にのみ塗ることです。必要以上の使用は薬の消費量も増え、経済的にも苦しくなります。

薬剤を塗った後は、浸透させる時間を設けることもお忘れなく。汗をかいたり、頭部が濡れてしまうと薬剤が薄くなってしまう可能性もあるので気をつけてください。

フィナステリド内服薬とデュタステリド内服薬は1日1回1錠の服用となります。「飲みやすく続けやすい」を念頭に置いてご自身の生活の中にお薬タイムを組み込んでください。

それぞれの薬の副作用について

それぞれの薬の副作用について

医薬品には、効き目もあれば副作用もあります。しかし、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドのどれもが、別の疾患用薬剤の副作用からその開発が始まりました。

服用する側にとって都合の悪い効き目を「副作用」と呼ぶのですが、中には本当に都合の悪い事象もあります。

薬剤ごとの副作用をよく理解して使用することを心がけてください。
ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドどれもが厚労省の承認を受けています。個人の体質的な問題はあるものの、適切な用法・用量を守り、医師または薬剤師の説明の通りに使えば、きちんと効果が得られ、重篤な副作用は軽減されると考えていいでしょう。

主に皮膚症状、ミノキシジルの副作用

ミノキシジル外用薬は、頭皮に直接塗るものです。その副作用も痒み、発赤、発疹などの皮膚症状が主なものです。
これは、ミノキシジルそのものによる副作用の場合もあれば、薬剤に含まれるアルコール分などへのアレルギーの場合もあります。
いずれにしても、使用中に異変を感じたら医師に相談をしてください。

フィナステリドの副作用

報告されているフィナステリドの副作用には、性欲減退、ED(勃起障害)、肝機能の低下、男性不妊症、うつ状態、などです。
もともと前立腺肥大症の薬だっただけに、男性機能への影響が見られますが、これは非常に心理的な影響も大きいものですので、過剰に心配しすぎるのもよくないかもしれません。

フィナステリドには禁忌(絶対服用してはいけない)があり、「妊婦・妊娠の可能性のある女性および授乳中の女性」「フィナステリド過敏症の既往歴のある人」は服用できません。

肝機能に不安のある人は要注意、デュタステリド

デュタステリドも、その開発経緯がフィナステリドと似ているため、副作用もよく似ています。

ED(勃起不全)、性欲減退、
頭痛、めまい、むくみ、
腹痛、下痢など
うつ状態

その他重大な副作用
肝機能障害・黄疸

などが報告されています。
フィナステリドと似た薬剤でありながら効果が大きいだけに、副作用も少し多くなります。もともと肝機能に不安のある人は、医師に相談するのがベストでしょう。

また、デュタステリドにもやはり禁忌があり、「女性・小児」「重度の肝機能障害のある人」「フィナステリドに対し過敏症の既往歴のある人」は服用できません。

AGA治療は自身の薄毛との戦い。勝利のために敵をよく知り、味方もよく知りましょう。

いかがでしたか。AGA治療の三大薬、ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの効果、副作用、使い方などご理解いただけましたか。

繰り返しになりますが、AGA治療薬は「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」の3つだけ。この3つの違いをきちんと理解して、AGA治療に取り組んでください。

そして、これもよく言われることですが、自身の生活習慣で見直せるところがあったら見直して、少しでも髪に良い生活を送ってください。

長期戦になる戦いだからこそ、必要以上に気負わず、無理せず、たゆまぬ努力こそが、成果を出すことをお忘れなく。

薄毛と戦うみなさんのご健闘をお祈りしています。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!