ミノキシジル大学

公開日:2018年11月6日

更新日:2018年11月12日

【カークランド】噂のミノキシジルの効果と副作用、併用可能な治療薬は?

【カークランド】噂のミノキシジルの効果と副作用、併用可能な治療薬は?

効果は同じ? コストコ発の「カークランド」はミノキシジル外用薬のジェネリック

「カークランドとミノキシジルとの効果に違いはあるのか?」ネットではAGA治療薬としてその名前をよく目にする「カークランド」。しかし、その実態はなにか? ミノキシジルとはどこが違うのか? ほかのAGA治療薬とは併用ができるのか? 「カークランド」の謎に迫ります。

    (このコラムのポイント)

  • 「カークランド」とは
  • 「カークランド」はコストコのプライベートブランド
  • 「カークランド」は「ロゲイン」のジェネリック医薬品
  • ジェネリック医薬品について
  • 「カークランド」の使用法・効果と副作用について
  • ミノキシジルの発毛作用について
  • 「カークランド」と併用できるAGA治療薬について

「カークランド」のミノキシジル。効果をご存知ですか?

「カークランド」と呼ばれるAGA(男性型脱毛症)治療薬のことを、聞いたことがありますか?ネット上でAGA治療について検索をして、「カークランド」なる治療薬のあることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし、その正式な名称についてや、育毛・発毛効果、ミノキシジルとの違い、ほかのAGA治療薬と併用した場合の効果とリスクについてなど詳しい情報はいかがでしょうか。

ここでは、AGA治療薬「カークランド」について詳しく解説いたします。

【ミノキシジルの効果は?】「カークランド」はコストコPBジェネリック!

「カークランド」と呼称されるAGA治療薬。その正式名称は、“KIRKLAND SIGUNATURE MINOXIDIL(カークランド・シグネチャー・ミノキシジル)”。

「カークランド・シグネチャー」は、あの会員制倉庫型店を世界的に展開している“コストコ”ことコストコホールセール社のPB(プライベート・ブランド)です。
コストコでは日用品や衣料品、食品、酒類などをこのブランドで販売していますが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もそのうちの1つ。
胃腸薬や抗アレルギー薬など、「カークランド・シグネチャー」ブランドでいくつかのジェネリック医薬品を手がけていて、「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」はその名の通り、ミノキシジルを主成分とする発毛剤です。

ジェネリック医薬品なので、当然、安い!
しかも、効き目は先発医薬品と変わりありません。

これが通称「カークランド」こと、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの人気の秘密なのですね。

「カークランド」のミノキシジルは「ロゲイン」のジェネリック

ところで、“ジェネリック医薬品”って、どんなものなのか知っていますよね?
でも、念のためにおさらいしておきましょう。


新薬を製造・販売するためには、特許だけではなく、臨床試験などを積み重ねて薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)の審査をパスしなければなりません。

しかし、膨大な時間と資金、知識やノウハウなどをつぎ込んでようやく製品化したにもかかわらず、他社からコピー薬品が売り出されてしまってはたまったものではありません。
そのため、新薬開発にかかった経費を回収して、次なる新薬開発のための利益を保証するために“特許”が設定されているのです。


新しい薬を開発して“特許”を申請すると、その開発者は一定期間(現在の日本では原則20年)、その薬の製造と販売を独占することができます。

しかし、この特許期間が終わると、他社も同じ有効成分の薬を製造・販売することができるようになります。これがジェネリック医薬品(後発医薬品)です。


ジェネリック医薬品は英語では“generic drug”もしくは“generic medicine”と呼ばれます。これは、“generic name”、つまり薬剤の「一般名」に由来すると言われています。「一般名(generic name)」とは、薬の有効成分の名称のことです。たとえば「ミノキシジル」も、その有効成分の一般名です。

新薬(先発医薬品)は、一般名ではなく独自の商品名で呼称されることが多いですが、ジェネリック医薬品は混乱を防ぐために一般名で呼ばれるからです。


さて、「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」がジェネリック医薬品であると書きましたが、では、そのもととなった先発医薬品はなにでしょうか?

それは「ROGAINE(ロゲイン)」という薬です。
ロゲインは、1988年に発毛剤としてFDA(アメリカ食品医薬局)の承認を受けた「ミノキシジル外用薬」の商品名です。ロゲインは現在でも米国で製造・販売されていますが、「カークランド」はそのジェネリック医薬品なのです。

ミノキシジルのジェネリックの記事は他にもございます。
よろしければお読みください。


「カークランド」のミノキシジル」は「ロゲイン」のジェネリック

「カークランド ミノキシジル」の性能(効果)について

「カークランド」には2つの剤形があります。
1つは「ローション」。もう1つは「フォーム(ムース)」です。どちらにもミノキシジルが5%の濃度で含まれています。

ローションの蓋にはスポイトが付いていて、それで1回に使用する適量(1mL)を吸い出し、それを頭頂部に垂らして手でマッサージするようにすり込みます。
フォーム(ムース)は適量を手に取り、同様に頭頂部にすり込みます。
どちらも朝夕1回ずつ行いますが、正しい使用法は、米国のコストコホールセール社のサイトでビデオ(英語)を観ることができます。


KIRKLAND SIGNATURE MINOXIDL SOLUTION (ローション)

KIRKLAND SIGNATURE MINOXIDL FOAM(フォーム)


さて、気になる「カークランド」の性能(効果)ですが、添付文書によると2〜4か月程度で効果が現れはじめると書かれています。また、使用開始後から2週間程度、一時的に脱毛が増えることもあると。これはいわゆる「初期脱毛(休止期脱毛)」のことですね。そして、無色の柔らかい毛髪が生え始め、やがてほかの毛髪と同じ色(日本人の場合はおおむね黒色)になるということです。

また、副作用として頭部のかゆみや皮膚刺激が引き起こされる可能性が指摘されています。
そして、下記の症状があらわれた場合は、「カークランド」の使用を中止して医師に相談するように書かれています。


  • 胸の痛み、動悸、気が遠くなる、めまい
  • 原因不明の体重増加
  • 手足のむくみ、腫脹
  • 頭皮の炎症・発赤
  • 顔面の体毛の成長

以上のような効果や副作用も、先発医薬品の「ロゲイン」とほぼ同じものです。

【効果解説】「ミノキシジル」はなぜ発毛するのか?

ジェネリック医薬品「カークランド」も、その先発医薬品「ロゲイン」も、「ミノキシジル」を主成分とする発毛剤です。「カークランド」の添付文書の「使用目的」欄には次のように書かれています。

Hair regrowth treatment for men
直訳すると「男性の毛髪再生治療」となるでしょうか。

ここで注目したいのは、毛髪の成長(growth)ではなく、再生(regrowth)と書かれていることです。日本で承認されているミノキシジル外用薬の効能にも「発毛」があります。

「育毛」とは、現在生えている毛髪を太く、長く成長させる作用のことです。一方、「発毛」は、現在毛髪が生えなくなった部位から発毛させること、つまり休止期になったまま眠り続けている毛母細胞を、成長期へと移行させるチカラが、ミノキシジルにはあると考えられています。

このミノキシジルのAGA治療薬としての効果は、日本皮膚科学会も「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(※2)」のなかで、「推奨度A:行うことを強く勧める」と太鼓判を押しています。

ミノキシジルについてや、ミノキシジルの副作用については以下の記事もございます。
よろしければお読みください。



(※2 参照|日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

「カークランド」のミノキシジルは、ほかのAGA治療薬と併用できるのか?

AGA治療の効果をより早く、そしてより強く感じたい場合は、複数の治療薬の併用を検討する方もいるでしょう。

では「カークランド」は、ほかのAGA治療薬と併用できるのでしょうか?

前述の通り、「カークランド」はミノキシジルを主成分とする治療薬ですから、当然ながらほかのミノキシジル製剤との併用はできません。たとえば、「カークランド」の先発医薬品である「ロゲイン」や、他社のミノキシジル外用薬のジェネリック医薬品などです。また、通称「ミノタブ」と呼ばれるミノキシジル内服薬との併用もできません。
では、併用できるAGA治療薬は何か?

それは、「フィナステリド(※3)」や「デュタステリド(※4)」を主成分とする内服薬です。

「テストステロン」という男性ホルモンは、5α還元酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)というさらに活性化された男性ホルモンに変化します。このDHTが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合すると、毛母細胞の増殖が抑制されて、ヘアサイクルの成長期が短縮されて、AGAが進行します。

フィナステリドもデュタステリドも、この5α還元酵素の働きを抑制する作用があり、ミノキシジルとはまったく別の作用機序で、AGAの進行を阻害するのです。
なので、ミノキシジルとフィナステリドもしくはデュタステリドを併用することは可能であるといわれています。

したがって、「カークランド」とフィナステリドあるいはデュタステリドの併用を試みたい場合は、AGA専門クリニックの医師や薬剤師とよく相談しながら行ってください。

もちろん、「カークランド」を単独で使用する場合も、医師や薬剤師のアドバイスは心強い味方になるはず。「カークランド」は日本では承認されていないため、購入方法にも制限があります。使用法だけでなく、購入方法も医師や薬剤師から貴重な情報を得ることができるでしょう。

ミノキシジルと他のAGA治療薬との併用については以下のにも詳しく書かれています。
よろしければご覧ください。



(※3 フィナステリド|MSD社から発売されている内服薬「プロペシア」の主成分)
(※4 デュタステリド|GSK社から発売されている内服薬「ザガーロ」の主成分)


「カークランド」のミノキシジルは、ほかのAGA治療薬と併用できるのか?

【まとめ】

米国生まれのミノキシジル外用薬「ロゲイン」のジェネリック医薬品として生まれた「カークランド」ことカークランド・シグネチャー・ミノキシジル。その正しい使用法とその効果について、ご理解いただけたでしょうか。

AGAとの闘いに終局はない。たとえニュータイプであろうと、その宿命からは逃れることは不可能だろう。ミノキシジルとともに、AGAを克服しよう。

焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!