ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2018年8月3日

更新日: 2019年4月28日

女性

ミノキシジルは女性の発毛治療でも効果がある?副作用は?

ミノキシジルは女性の発毛治療にも効果的。でも副作用や注意点もあります。

ミノキシジルは女性のFAGA(FPHL)にも効果的な、発毛治療に欠かせない成分です。しかし、医薬品ですので、効果効能がある反面、副作用もあります。本コラムでは、ミノキシジルの効果や副作用などの情報と、ミノキシジルが効果を発揮する女性の薄毛、脱毛症についてご説明します。

ミノキシジルは女性の発毛治療にも効果アリ!

女性の薄毛や脱毛には、どのような治療薬が使われるかご存知ですか?
「ミノキシジル」は男性のAGA(MPHL)、壮年性脱毛症の治療に使われる医療成分として有名ですが、実は男性のAGA(MPHL)だけでなく、女性の薄毛、FAGA(FPHL)治療にも効果を発揮します!

女性のFAGA(FPHL)は年々増加しています。

薄毛や脱毛症が男性だけの悩みだった時代は過去の話。近年は男性だけでなく女性も、FAGA(FPHL)と呼ばれる薄毛や脱毛の症状で悩んでいる人が増えています。 そのため、女性でもFAGA(FPHL)の治療をしようと思っている人、治療とまではいかなくても何か対策を講じようと思っている人、そんな人たちが実はとても多いのです。
そんな女性たちにもミノキシジルで効果が出せるとしたら、とてもありがたいものですよね。

女性の薄毛、FAGA(FPHL)や様々な脱毛症の原因にも触れながら、医学的に発毛効果を認められている医療成分・ミノキシジルが、頭髪にどんなふうに効くのか、副作用の心配はないのか、などミノキシジルの基本情報を、説明していきます。

女性の発毛治療に、いざミノキシジル! 

薄毛で悩む女性は増えている!?

薄毛に悩む女性は約1,700万人

薄毛に悩む人の数は約4,200万人、そのうち女性は約1,700万人と言われます。
男性のAGA治療はかなり広く知られるようになってきていますが、女性のFAGA(FPHL)薄毛治療の認知度はまだまだ低く、そもそも「薄毛や抜け毛の症状って治療でどうにかなるの?」という人もいるはずです。

女性の代表的な薄毛「FAGA(FPHL)」を発症する人は更年期前後に増えていく

女性の薄毛はホルモンバランスと大きな関係があるため、薄毛に悩む人の割合は、更年期にさしかかる40代からガクンと増えます。
ところが最近は、ライフスタイルの多様化や、その他社会環境の変化など、若くてもストレスを抱え、ホルモンバランスを崩す人が多く見られます。決して更年期の症状だとは言えない現状です。

更年期に関係なく増える女性の脱毛症

「ライフスタイルの多様化」
「その他社会環境の変化」

という言葉だけでは、まだ切迫感不足。
生活リズムのズレや、ちょっとした無理が蓄積され、ストレスとなり、体調不良に繋がっていることは意外と多く、無理をしている人が増えているのかもしれません。
髪の毛だけでなく、体と心のためにも、できれば生活リズムを戻し、ストレスも食生活も正して、心身ともに健やかに過ごしたいものです。

そうは言っても、社会の大きなリズムが変わらない以上、すぐには個人の生活リズムも変わりません。
大きく生活を変えるのではなく、できることから生活を見直すことも大切です。

ミノキシジルが効果的な女性の薄毛の原因は?

女性の薄毛の原因を探る

男性の薄毛の原因は、遺伝、AGA、ストレスや生活習慣、そのほか各種疾患が主なものです。
これに対し、女性は、

・ホルモンバランスの乱れ
・頭皮の血行不良
・ストレスやヘアケア
・ダイエットや生活習慣

などなど、その原因が多岐にわたり、一つの原因ではなくいくつもの要因が絡んでいることもあルため、一言で「コレが原因」と言い切れないことが多くあります。

また、女性の方が男性よりもホルモンの影響を受けやすい傾向があり、「ストレスによる生理不順」の経験は多くの女性が持っていると思います。

いかがですか。思い当たる節はありませんか。
では、女性の薄毛・脱毛症の種類と原因をあげてみましょう。

女性の薄毛・抜け毛の原因

1.びまん性脱毛症

すっかりなくなるのではなく、薄毛が広くはびこる、頭部全体が薄くなるという女性特有の薄毛の状態

女性の薄毛で悩む女性の大半がこの「びまん性脱毛症」と言われています。

びまん性脱毛症は、病名と言うより「脱毛薄毛の症状の現れ方」を示した名称です。
「びまん」とは「広くはびこる」という意味。聞きなれない言葉ですが、すっかりなくなるのではなく、薄毛が広くはびこる、頭部全体が薄くなるという女性特有の薄毛の状態をよく表しています。

原因として、ストレス、血行不良、ホルモンバランスの変化、その他さまざまな要因、状況から大きく分けた二つの休止期脱毛症についてご説明します。

FAGA(FPHL、女性男性型脱毛症、壮年性脱毛症)

男性に多い脱毛症「AGA」(MPHL、男性型脱毛症態、壮年性脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)という言葉はもうすっかり市民権を得ていますね。

AGA(MPHL)は男性のホルモンが起因して起きる壮年性の脱毛症です。

額の生え際や頭頂部から薄くなり始め範囲が広がっていき、放置すれば髪全体が抜け落ちてしまう脱毛症です。

FAGA(FPHL、女性男性型脱毛症、壮年性脱毛症)はその女性バージョンです。頭頂部のつむじや分け目から薄くなっていく脱毛症です。

AGA(MPHL)とFAGA(FPHL)のメカニズム

AGA(MPHL)とFAGA(FPHL)は発症メカニズムも似ています。

AGA(MPHL)は男性ホルモン「テストステロン」が、毛乳頭細胞の中の還元酵素「5αリダクターゼ」によって、より活性化した男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。

DHTは、毛乳頭細胞内にある男性ホルモン受容体と結合し、毛母細胞の成長をコントロールする物質を出す働きをします。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂によって増殖することで成長していきますが、DHTが男性ホルモン受容体と結合して出すシグナルは、この毛母細胞の細胞分裂を抑制する指令が出してしまいます。

テストステロン、DHT、男性ホルモン受容体によって、毛母細胞の活動抑制因子が発動。→  薄毛!

その結果、毛母細胞は徐々に成長が弱くなっていきます。

早々に休止期に突入して成長をやめてしまった髪は、細く短いうちに抜けます。次に生えてくる髪も、成長期途中で早々に抜けてしまい、ヘアサイクルがどんどん短くなり、薄毛が進行するというものです。

FAGA(FPHL)の発症メカニズムもこれと同じです。
女性にも男性ホルモンも分泌されているため、何らかの原因で女性ホルモンより男性ホルモンのほうが優位になると、テストステロンの分泌も増加します。
そしてテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、抜け毛から薄毛が進行するのです。

男性のAGAは、もともと持っている男性ホルモンが脱毛の主な原因ですが、女性の場合は、更年期前後から女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの比率が高くなることで発症することが多いのですが、加齢によって血行が悪くなったり毛根の細胞が弱くなったりすることも原因とされています。

(MPHL=Male Pattern Hair Loss、FPHL=Female Pattern Hair Loss/今までは、男性ホルモンに起因する脱毛症状の意味を持つ「AGA(Androgenetic Alopecia)、FAGA(Female Androgenetic Alopecia)」の方が主に使われていましたが、男性ホルモンに起因しない脱毛症も含めたより広義な「MPHL」「FPHL」が使われることがあります。)

休止期脱毛症(急性休止期脱毛症、慢性休止期脱毛症)

髪の毛は成長期⇒退行期⇒休止期というサイクルで生え変わります。

ヘアサイクル
監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

成長期:発毛し、成長して伸びていく時期(2〜7年程度)
⇒退行期:徐々に成長が止まる時期(2〜3週間)
⇒休止期:完全に成長が止まり、下から生えてくる新しい毛に押し上げられて抜けるのを待っている時期(3〜4ヶ月年程度)

⇒再び新しい毛の成長期へ

健康な女性なら平均して4~6年かけてヘアサイクルが一巡します。
ヘアサイクルは1本1本のタイミングが違うため、一度にたくさんの毛が抜けてしまうということは通常起こりません。

しかし、何らかの影響で一度に多くの髪が休止期に入って抜けてしまうことがあります。
この、休止期の毛髪が増えて薄毛になってしまう状態が「休止期脱毛症」です。

休止期脱毛症は、原因と状況によって大まかに「慢性休止期脱毛症」と、「急性休止期脱毛症」に分けられています。

急性休止期脱毛症

急激なストレスや病気、過労、ダイエットによる一時的な栄養不足など、原因を解消できれば回復する脱毛。

慢性休止期脱毛症

半年以上の長期にわたる脱毛。

疾患や、慢性的なストレスやホルモンバランスの乱れ、血行不良など、原因が複合的で治療方法が特定できない場合もあります。

FAGA(FPHL)加齢変化

休止期脱毛症から、壮年性脱毛症になり、やがて加齢変化へ、、。

先にご説明した「FAGA(FPHL)」や「加齢変化」も、休止期脱毛症と同様にヘアサイクルの休止期が長くなることで症状が出ます。主とする要因が男性ホルモンなのか、加齢による毛根の細胞の老化なのか、境界線は曖昧です。

「ここからここまででがこの脱毛症」と線引きができるわけではないので、思い当たる心身のストレスや疾患もなく、年を重ねるごとに頭髪が薄くなっていくのであれば、一般的には加齢変化と言えるでしょう。

2.けん引性脱毛症

文字通り引っ張り続けることが原因で脱毛症になるものです。
ポニーテールやお団子ヘアなど、髪を縛るヘアスタイルは少なからず毛根に負担をかけるものです。

続けていると、引っ張られる部分の毛根が弱くなり、毛が抜けてしまいます。 エクステやヘアアイロンで髪を引っ張ることが原因の場合もあります。

この場合は、なるべく引っ張ったり縛ったりする髪型を続けないこと。これに尽きます。 縛る位置や分け目も同じ場所にしないで定期的に変えてみてください。
イメージチェンジも兼ねて、ふだんとは違う髪型にするのもいいですよね。

3.産後脱毛症(分娩後脱毛症)

産前産後の女性ホルモンの大変化で起きる脱毛症

女性ホルモンには、髪の成長を促し、成長期を維持する働きがあります。そのため、妊娠中は女性ホルモンが多く出るため、髪が多くなる傾向にあります。

しかし、産後はたくさん出ていた女性ホルモンが一気に減り、それまで維持されいてた髪が休止期に入るため、抜け毛が増えて産後脱毛の症状が出ることがあります。
これが「産後脱毛(分娩後脱毛症)」です。

産後1ヶ月後くらいから発症して数ヶ月で徐々におさまり、半年ほどで再び発毛してきます。

その後は通常のヘアサイクルに従って髪も伸びていくので、一時的な見た目以外はあまり心配することはない脱毛症です。

産後脱毛(分娩後脱毛症)は一時的な脱毛だから、心配ないとは言うけれど、、

妊娠、出産は女性にとって大イベント。
特に出産は、昔なら「命がけ」と言われたほどの大事業。現代でこそ無事に生まれることが普通と言える時代になりましたが、身体に負担がかかるのは変わりません。

 出産によってホルモンバランスは大きく乱れ、体調が回復するまでに6週~8週はかかると言われています。

産後の抜け毛の原因は色々。体力低下、赤ちゃんのお世話、睡眠不足と生活の変化とストレスと。

出産で体力を使い果たして体調も良くない上に、産後は赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがちです。

また、それまでと生活リズムがガラッと変わってしまうこともストレスのもと。食欲の増減で栄養バランスを崩してしまうこともあります。

さらに産後太りを気にして、体調が万全に戻っていないままダイエットを始めたりするとさらに悪循環です。

こうなるとホルモンバランスはさらに乱れ、抜け毛の原因になってしまうかもしれません。

産後の薄毛・脱毛の悩み経験者は、出産経験者の7割。

この場合の解決法は1つ。
体調が回復するまではとにかく大事を取って、体と心を休めること。
少しくらい毛が抜けても、大丈夫。一時的なことですから。

個人差はありますが、数ヶ月のんびり待って、ホルモンバランスや体調が戻れば、いずれ髪も元の状態に戻るはずです。

焦って抜け毛を気にしてストレスを抱える方が、よほど髪にも母体にも、良くありません。

出産経験者の実に7割が薄毛に悩んだという説もあるほど。(※1)
貴女だけではありません。赤ちゃんの成長と同じく、ゆっくりと、でもいつの間にか戻っていきます。それまでほんのしばらくの間だけ、です。悩まないで。

(※1参照|AERA.dot 「産後の女性を悩ませる「分娩後脱毛症」って?」

4.円形脱毛症

円形脱毛症は、突然、何の前触れもなく脱毛が始まります。
頭皮の特定の部位の髪が円形に抜けていき、多くは直径2センチ前後の円形ですが、もっと大きな場合もあれば、1個だけでなく数個の場合もあります。

以前はストレスが原因と言われていましたが、最近は「円形脱毛症は自己免疫疾患」という説も出てきています。

円形脱毛症は未だ研究途中なため、原因は解明されておらず、確実な治療方法もまだわかっていません。

いずれにしても、円形脱毛症は、ここでお話しする薄毛治療の適用外です。
ストレスを軽減させ、皮膚科を受診し、適切な治療が必須となります。

脱毛症の種類

ミノキシジルとは1/ミノキシジルは女性にも効果がある

さて、ミノキシジルは女性の薄毛にも効果があると言われていますが、ここでその概要をおさらいしましょう。

AGA治療に用いられる医薬品成分ミノキシジルの開発

ミノキシジルというのは、医薬品の名前ではありません。医薬品に配合されている医療成分の名前です。

ミノキシジルは日本だけでなく、世界90ヶ国以上でAGA治療に使われている発毛成分です。

ミノキシジルは「血管拡張」する「血圧降下剤」

ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発され、投与される内服薬でした。
しかし、服用した人に「毛が濃くなった」「毛が生えてきた」などの症状が見られ、その発毛作用に着目して「発毛剤」として、ミノキシジル外用薬が開発されました。

高血圧の薬、ということは血管拡張剤としての働きを期待されていたのですが、ミノキシジルが血管拡張するのは「動脈だけ」で、静脈は拡張作用がないことがわかり、その後は高血圧の薬としてあまり頻繁に使用されることはないようです。

そのため、ミノキシジルは発毛のための医薬成分として認知され、薄毛治療の第一選択薬として使用されています。

ミノキシジルについての詳しい記事「ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに 」もございますので、そちらも併せてお読みください。

ミノキシジルとは2/2種類のミノキシジルに「内服薬」と「外用薬」

ミノキシジルとは2/ミノキシジルには2種類ある

ミノキシジルには外用薬(塗りミノ)と内服薬(ミノタブ)があります。

ミノキシジル外用薬

塗りミノは一般用医薬品として国内で承認されています。薬剤師から説明を受けてから購入するOTC医薬品で、薬局やドラッグストアでも購入することができます。

第一類医薬品のOTC医薬品で、これは用法用量や副作用について充分理解して購入します。ハミガキや化粧品とは違うハードルがありますが、安全に使用してもらうための、国の制度に基づくものです。

そのため、陳列されている空箱をレジに持っていき、薬剤師から説明を受けてから購入します。また、必要であれば使用にあたっての質問、相談などもすることができます。(副作用については後述)。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬は、タブレット型なため、ミノキシジル・タブレットを略して「ミノタブ」とも呼ばれています。

海外の承認薬なため、国内の薬局や一般病院では取り扱いがなく、個人が手軽に買うことはできません。もし薄毛治療にミノキシジル内服薬を使用したい時は、ミノキシジル内服薬を処方してくれるクリニックで診察を受け、処方してもらうのが必須です。

ミノキシジルほか、海外の医薬品を通販で購入する危険

「クリニックに行く手間を省きたい」「クリニックに行くのは恥ずかしい」

そんな理由からインターネットで海外製品を購入する人も決して少なくないようです。しかし、直接体内に取り込むものですので、もう少しだけ神経質になってほしいと思います。

すべてとは言いませんが、ネット通販で販売される海外製品には、ニセモノが多く出回っています。

タブレット型のただのブドウ糖の塊ならまだしも、身体に悪い成分を取り込むことになっても、誰も責任を取ってはくれません。

万が一製品で健康被害があっても、保障はありません。副作用が起きても相談する窓口がないのが普通ですので、手を出さない方が無難でしょう。

ミノキシジルとは3/ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは医学的にも効果が証明された発毛成分ですが、残念ながら副作用の可能性もあります。

ミノキシジルを使用するなら、メリットだけでなくデメリットもきちんと把握し、正しく使用するようにしましょう。

ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルのメリットと言えば、それはもう「発毛効果」でしょう。

実はわが国で「薄毛治療に役立つ」と承認されている成分はミノキシジル以外に、

・フィナステリド(MSD社の商品「プロペシア」などの主成分)
・デュタステリド(GSK社の商品「ザガーロ」などの主成分)

があります。

しかし、一般用医薬品として販売されている医薬品の中で発毛効果が確認されているのはミノキシジルだけ。

他の2つは男性ホルモンに働きかける「抗アンドロゲン薬」と呼ばれる医薬品です。
これらは医療用医薬品に分類され、医療機関を受診し、処方箋を受けないと購入することができません。

薄毛治療の現場において「ミノキシジルが最強」と言われる理由はそのためです。

ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルの副作用

また、効果がある反面、ミノキシジルにはいくつかの副作用も報告されています。

ミノキシジル外用薬の副作用

まずは外用薬(塗りミノ)の副作用から。
頭皮に直接塗布する塗りミノの副作用の多くが皮膚症状です。

ミノキシジル外用薬(塗り薬)の「有害事象」

・掻痒(そうよう)=かゆみ
・紅斑(こうはん)=皮膚が赤くなること
・落屑(らくせつ)=フケが出ること
・毛包炎
・接触皮膚炎
・顔面の多毛

(上記参照|スカルプDメディカルミノキ5「添付文書」より)

痒み、発疹、発赤、かぶれなどの皮膚に関する副作用訴えが多く聞かれますが、重篤或いは深刻な症状はありません。
これは安心材料ですね。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)の副作用

・全身の多毛
・血圧の低下
・心拍数の増加、動悸、息切れ
・手足のむくみ
・めまい、ふらつき
・頭痛
・胃腸障害

(上記参照|Loniten「添付文書」より

むくみ、頭痛、血圧低下など代謝系の症状が報告されています。

内臓、循環器への影響も考えられるため、該当する既往症や加療中の疾患がある場合は、服用の際に必ず医師に相談するようにしましょう。

また、医師の診察と処方もなく、個人で購入しての継続使用はやめましょう。

ミノキシジルの副作用についての詳しい記事「AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について 」もございますので、そちらも併せてお読みください。

ミノキシジルは女性の薄毛にも効果が期待できる?

ミノキシジルが効く脱毛症、効かない脱毛症

さて、AGAによる薄毛の治療においては救世主ともいえるミノキシジルですが、どの薄毛・脱毛症にも効くとは限りません。

例えば産後脱毛症や円形脱毛症などは、脱毛に至るメカニズムが異なるため、対処法や治療法が全く違います。

女性の薄毛で、ミノキシジルによる効果が期待できるのは、壮年性脱毛症(FAGA)です。

ミノキシジルが効くのは“壮年性脱毛症(FAGA・FPHL)”

もともとミノキシジルは高血圧症の患者さんへ処方する降圧剤として開発されました。そんな経緯から、ミノキシジルは血行を促進する効果があることがわかっています。

また、ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけて、休止期にいる毛母細胞の活動を活性化させ、新たな発毛サイクルの形成を促す、発毛作用もあります。

女性特有の”ホルモンバランスの乱れ“や”血行不良“などにより、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増え、髪が薄くなってゆく壮年性脱毛症の症状を、ミノキシジルが改善していくということです。「女性の薄毛・脱毛にも、やっぱりミノキシジル」と言いたくなるような作用ですね。

女性の抜け毛とミノキシジルについての記事
女性の薄毛や抜け毛にミノキシジルが効果的?
ミノキシジルで女性の体毛も濃くなるの?
もご興味があればお読みください。

ミノキシジルと併用可能な「プロペシア」「ザガーロ」を女性が使えない理由

ミノキシジル同様、薄毛治療の現場ではよく聞かれる「プロペシア(発売元:MSD社)」「ザガーロ(発売元:GSK社)」は、内服タイプのAGA治療薬で、この二つは、「抗アンドロゲン薬」と呼ばれる医療用医薬品に分類されています。

この抗アンドロゲン薬は、実は女性にはあまり馴染みのない医薬品群です。その理由は、プロペシア、ザガーロの作用と合わせてご説明します

フィナステリド製剤「プロペシア」とデュタステリド製剤「ザガーロ」は医療用医薬品で「抗アンドロゲン薬」

ミノキシジルとフィナステリド、デュタステリドは、AGA治療でよく使われる治療薬ですが、それぞれの作用は全く違います。

ミノキシジルの発毛作用

毛乳頭細胞に直接働きかけて、毛母細胞の活性化を促し、発毛を促進します。

「プロペシア(フィナステリド製剤)」とザ「ガーロ(デュタステリド製剤)」の発毛作用

「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」は、還元酵素5αリダクターゼの働きを抑えることで、一連の薄毛脱毛症進行のメカニズムの発症自体を抑え、抜け毛を防止します。

AGA治療においては、ミノキシジル配合の外用薬とフィナステリド製剤を併用し、「発毛効果+抜け毛防止効果」の両方の効果による療法は、とてもメジャーなものです。

「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」は、作用する5αリダクターゼの種類が違います。

「プロペシア(フィナステリド)」がⅡ型–5αリダクターゼのみに働くのに対し、「ザガーロ(デュタステリド)」はⅠ型とⅡ型–5αリダクターゼの両方に働きます。

人によってどちらが効果的かは違い、検査によって調べることができます。

抗アンドロゲン薬の女性への効果と、副作用

でも、ちょっと待ってください。
ミノキシジルとは違い、「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」は女性は服用できない薬ですので、どうかご注意ください!

「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」は男性ホルモンに影響する「抗アンドロゲン薬」です。女性が服用しても効果がありません。

そればかりか、万一、妊娠中の女性が「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」を服用すると、お腹にいる男児の生殖器がきちんと形成されず、正常に発育しない可能性があるのです。

また、母乳への移行も未確認なため、授乳中の服用も不可です。

さらに「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」、皮膚から体内にその成分が吸収されることもわかっています。

妊娠中の女性や妊娠の可能性のある女性、授乳中の女性は、例えば割れて水にぬれた状態の錠剤に触れるなどは厳禁です。

プロペシアではありませんが、プロペシアのジェネリック「フィンペシア」と、ミノキシジルについての記事「育毛と薄毛治療はミノキシジルとフィンペシアで早期解決?」もございます。よろしければお読みください。

ミノキシジルは女性の発毛治療にも効果的!でも購入、使用は慎重に。

素人判断は禁物!の薄毛治療

二十年以上前は、抜け毛や薄毛は「治療」するものではありませんでした。遺伝、加齢現象と諦め、進行するままに放置するしかなかったのです。

それが今や抜け毛や薄毛は治療できるもの。それを思うと、隔世の感がありますね。しかし、治療が確立したわけではありません。

世間にはさまざまな情報があふれていますが、正しいものから間違ったものまで混ざって、その実態は玉石混交です。

素人判断で身の回りの情報を鵜呑みにして治療をするのはお勧めできません。
特に、ミノキシジル内服薬(ミノタブ)の使用には注意が必要です。副作用を承知で医師の指導や処方もなく個人輸入をし、万一何か重篤な事態が起こっても、誰も責任を取ってはくれません。

「ネットに書いてあったから」などと言っても、何かあってはあとの祭りです。

薄毛治療について正しい情報を得るには、やはりクリニックで医師に相談することが確実。安全&安心の薄毛治療に取り組みましょう。

「ミノキシジル+α」女性の薄毛改善のためにできること

「ミノキシジル+α」女性の薄毛改善のためにできること

ミノキシジルは女性の頭髪の薄毛・抜け毛対策に有効ですが、心身の健康はとても大切なこと。日常生活の見直しも、抜け毛予防、薄毛進行抑制には必要です。

いい機会だと思って、日ごろの生活を見直してみてください。改善の余地がきっと見つかります。

極端なダイエットはダメ

ダイエットは女性にとって永遠のテーマです。特に最近は健康ブームも手伝って、「太っていること」が罪悪のように感じられる人も多く、痩せる必要のない人がダイエットをしたり、急激に体重が減るような無理なダイエットをしたりする人がたくさんいます。

・栄養不足は、髪の成長期を止めて休止期脱毛の原因!

毎年新しいダイエット法が紹介され、大流行します。

ちょっと思い出しただけでも「朝バナナダイエット」「水素水ダイエット」「糖質制限ダイエット」「りんごダイエット」「キャベツダイエット」etc… 結構ありますね。

どのダイエットにもメリット&デメリットがありますが、食事制限を伴う過度なダイエットをすると、髪の成長に必要な栄養分が不足し、成長期の髪が十分に育ちません。

これによりヘアサイクルの途中で脱毛することになってしまいがちです。

・ダイエットはほどほどに。ストレスのない健康な心身が一番

また、無理なダイエットや極端なダイエットはストレスのもと。
イライラしたり寝不足になったり、果てはヤケになってドカ食いしたり…。

こうなると、何のためのダイエットか分からなくなります。
ダイエットそのものを否定するわけではありませんが、健康を損ねることのないよう、注意しながら行いましょう。

シャンプーやパーマ、ヘアケアが抜け毛を誘発していることも

・洗いすぎ、洗わなすぎ。どちらも頭皮の状態にはNG!

綺麗好きの女性に多いと思いますが、朝晩1回ずつ、シャンプーしている人はいませんか。

清潔志向も悪くないですが、洗いすぎると必要以上に皮脂を奪ってしまい、カサつきの原因にもなります。

そして必要な皮脂が奪われたことで、身体は皮脂の分泌を始めます。これが過剰分泌につながり、毛穴が詰まりやすくなることもあります。

・シャンプーのノンシリコン、シリコン。髪の状態に合わせて選択を

また多くのシャンプーにはシリコンが含まれています。

シリコンは髪のキューティクルを保護する働きがあるものの、すすぎが十分でないと頭皮に残り、フケやかゆみの原因になります。 昨今注目されているノンシリコンシャンプーは頭皮のためにはおススメです。

ただし、カラーリングなどでダメージを受けている髪には、シリコンの使われているシャンプーの方が髪を洗いやすく、髪のきしみも少ないはずです。
自分の髪の状態をよく確かめてから選ぶとよいでしょう。

・シャプー時のマッサージで血行促進、そしてリラックス

シャンプー時に頭皮マッサージをするのもおススメです。
マッサージは頭皮の血行を促進します。また、リラックス効果もあるので、気分よく睡眠に入れるかもしれません。睡眠不足解消につながるといいですね。

ミノキシジルと女性とシャンプーについての記事「女性なら気になるミノキシジル配合シャンプーってある?ない?」もあります。よろしければそちらもお読みください。

ピルの服用と休止にも注意して

避妊のために、あるいは生理不順の治療のためにピルを服用している人がいると思います。ピルの服用中は女性の身体は疑似妊娠状態です。服用をやめると、脳は出産したものと錯覚するため、ホルモンバランスが乱れることも考えられます。まさに産後脱毛症の状態になるわけです。これはピルが悪いわけではありません。ホルモンバランスが整うまでの我慢です。

通常、数か月で治まるはずです。
ご自身の抜け毛・薄毛の原因にピルが思い当たるなら、焦らず様子を見てくださいね。

栄養は偏っていませんか

・ダイエットだけではなく、日常的な食事をバランスよく摂ることもとても、髪には大切なこと

どの栄養素も身体が健康に生活していくためには大事ですが、髪のためと限定すると特に(太字)タンパク質・ビタミン類・ミネラル(太字終わり)は必要な栄養素です。

栄養が足りなくなると、身体がやせ細るように髪もやせ細ります。
栄養バランスの整った食事を心がけてください。

・それでも不足する栄養は、コンビニの野菜惣菜やサプリメントも上手に利用して

そうは言っても、世の中にはコンビニ弁当やインスタント食品などの便利な食事がたくさんありますから、つい頼りたくなる日もありますね。そんな時も、サラダや味噌汁など、ちょっと一品プラスするように意識してください。

自分の食生活で不足しがちな栄養素をサプリメントで摂取するのも、場合によってはアリでしょう。

その他

・過度の飲酒、喫煙、睡眠不足は避けて、体の温まる生活を

薄毛対策の場面だけでなく、健康維持のために、様々な場面で言われていることですが、過度の飲酒やタバコは髪にもよくありません。

睡眠は足りていますか。
新陳代謝を促し、髪を作るためも大事な働きをする成長ホルモン。この成長ホルモンは、入眠90分後くらいからが一番多く分泌されると言われています。そのため、良質な睡眠時間を確保することも、髪の健康には重要なことです。

入眠前のスマホやPC作業、入眠直前の飲酒、午後の濃いカフェイン飲料などは避けるようにしましょう。

ノンカフェインの温かい飲み物を飲んだり、ネギやショウガなど体を温める作用を持った食材を夕食に摂ったり、ぬるめのお風呂に浸かったりして身体ができるだけすんなり睡眠に入れるような環境を心がけてみてください。

薄毛治療は一日にしてならず

薄毛治療は一日にしてならず

女性の頭髪問題にもミノキシジル外用薬の使用は有効です。
髪のボリュームがなくなるとどうしても老けて見えてしまいます。薄毛は女性にとって決して軽い問題ではありません。

女性男性とわず、ミノキシジル外用薬の効果は多くの人が半年で効果が実感できるといいます。気長に続けることが大事です。

そして、さらにその効果をもっと早く、もっと強く感じたいなら、薬だけに頼るのではなく、日常生活を振り返ってみてください。

気をつけているようでいて、じっくり振り返ると案外髪に良くないことを習慣にしていたりするものです。

オシャレと薄毛治療を両立させるのは難しいこともあるかもしれませんが、目の色を変えてむきになって治療するより、ちょっと余裕を持ちながら長期戦を乗り切ってほしいものです。

薄毛は一日にしてならず。そして薄毛治療も一日にしてならず、です。

ミノキシジルについての詳しい記事「ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに」も、ミノキシジルについて、わかりやすく書かれています。よろしければ併せてお読みください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!