ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2018年7月12日

更新日: 2018年10月14日

AGA治療の効果を最大限に高めるテクニックとは?

AGA治療の効果を最大限に高めるテクニックとは?

誰もが「薄毛を改善したい!」という強い期待を込めてAGA治療を行うのですから、何かしら工夫することで治療効果を高めることができるのであれば、ぜひ実践してみたいと思いますよね。
今回はメンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来で診療を行う小山太郎医師に、AGA治療の効果を高めるテクニックについてお聞きしました。

<<<記事のポイント>>>

  • 外用薬と内服薬の併用がおすすめ
  • 頭皮環境を整えることも大切
  • 薄毛を加速させない生活習慣を
  • AGA治療薬の濃度にも注目

ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬またはデュタステリド内服薬の併用を

AGA治療の効果を最大限に高めるテクニックとは?

AGA治療においてより高い効果を期待するため、私はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬もしくはデュタステリド内服薬を組み合わせる治療を推奨しています。
「いずれかの治療薬で副作用が出てしまった」「経済的な事情で両方続けるのは難しい」といった場合を除けば、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬もしくはデュタステリド内服薬を併用するのが良いです。

フィナステリド、デュタステリドはAGAの原因を抑えてくれる薬剤です。
一方でミノキシジルは毛乳頭細胞を介して毛母細胞の増殖を促し発毛を起こします。メカニズムの違う2種類の薬剤を併用することでより高い発毛効果が期待できるのです。

① ミノキシジル外用薬

ヘアサイクルの司令塔である毛乳頭細胞に作用して、発毛シグナルを促進することで発毛を実現させるAGA治療薬。
市販されている外用薬のミノキシジルの配合量は最大5%。薬局で購入することができます。

② フィナステリド内服薬

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(男性ホルモンの一種)の産生を抑制することで、薄毛の進行を遅らせるとともに発毛を促すAGA治療薬。
内服薬として使用します。先発品の「プロペシア(MSD株式会社の商品)」が長らくもちいられてきましたが、現在はジェネリック(後発品)も複数存在します。購入の際には医師の処方箋が必要です。

③ デュタステリド内服薬

フィナステリドと同様に、ジヒドロテストステロンの産生を抑制することで、AGAの進行を遅らせるとともに発毛を促す治療薬。 「ザガーロ(GSK株式会社の商品)」という内服薬を使用します。こちらも購入の際には医師の処方箋が必要です。

AGA治療薬とサプリメントの併用を検討する人も多いようですが、サプリメントはあくまでも補助食品です。
サプリメントによってAGAそのものが改善されるという医学的な報告は残念ながら存在していません。

頭皮環境を整えることも大切

不潔で、ひどい炎症を伴うような頭皮が毛髪にとって良いはずがありません。頭皮を清潔に保つことは大切です。 1日1回の洗髪は必要でしょう。 洗髪後、清潔な頭皮ではミノキシジル外用薬が浸透しやすくなることも期待できます。
ミノキシジル外用薬は1日2回塗布するのが一般的ですが、そのうち1回は頭皮が清潔な洗髪後のタイミングをおすすめします。

大量に塗布したり、頻繁に塗布したからといってミノキシジル外用薬の効果がアップするわけではありません。
ミノキシジル外用薬に限らず、AGA治療薬を使用する際には定められた用法や用量を正しく守ることが大切です。

薄毛を加速させない生活習慣を

AGA治療の効果を高めることに直接つながるわけではありませんが、薄毛を気にしているならば、薄毛を加速させない生活習慣を心がけることは大切です。
AGAの進行は遺伝要因が圧倒的に大きいことが知られています、生活習慣の影響もゼロではありません。

喫煙、睡眠不足、ストレスなどは薄毛の危険因子になりえます。
髪の毛の成長に悪影響を与える喫煙を控え、ストレスを溜めず、質の良い睡眠を十分にとってください。

使用するAGA治療薬の濃度や用量にもこだわる

使用するAGA治療薬の濃度や用量にもこだわる

AGA治療効果を高めたい場合は、使用する治療薬の濃度や用量も確認しましょう。
ミノキシジル外用薬は製品によってミノキシジルの含有量が異なり、現在国内では「5%ミノキシジル外用薬」と「1%ミノキシジル外用薬」が販売されています。
5%ミノキシジル外用薬の方が、より高い発毛効果が確認されています。

まずはより高い効果が期待できる5%外用薬から使用して、掻痒感などの副作用が出現した場合、医師や薬剤師に相談した上で1%外用薬に下げてみるという方法が良いでしょう。
外用薬の副作用の多くは薬剤を溶かすために使われている基材によるものと考えられますが、ミノキシジルそのもので副作用が起こるケースもあります。
フィナステリド内服薬も、0.2mgと1mgの製剤が、デュタステリド内服薬には0.1㎎と0.5㎎の製剤があります。
自分が処方されている薬剤の用量を確認してみましょう。

まとめ

AGA治療薬の効果を直接、高める工夫というものはありません。飲み忘れや塗り忘れを少しでも減らすという事につきます。
喫煙、睡眠、ストレスなどの生活習慣に気を配り、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)以外の脱毛要因を減らす工夫は可能です。
少しでも治療効果が高まるよう、参考にしてみてください。

 

 

【この記事の監修ドクター】

メンズヘルスクリニック東京 小山太郎医師

メンズヘルスクリニック東京 小山太郎医師
医学博士 日本抗加齢医学会専門医 日本医科大学形成外科非常勤講師 NPO法人フューチャー・メディカル・ラボラトリー理事 日本メンズヘルス医学会幹事 加齢画像研究会世話人 慶應義塾大学医学部卒業。 同大学院で骨格筋再生の研究 Brigham and Women’s Hospital(Harvard Medical School)で遺伝子治療の研究に従事。 2010年より城西クリニック(現在のメンズヘルスクリニック東京)にてAGA専門外来を担当し、約8年に渡って診察を行ってきた。 最新の知見に基づいた診療を行い、多くの方に支持されている。 また、AGA専門外来の診療と共に毛髪研究にも取り組み、日本抗加齢医学会、日本メンズヘルス医学会、日本形成外科学会基礎学術集会、毛髪科学研究会、European Hair Research Society、World Congress for Hair Researchなど、数々の学会で継続して研究成果を発表している。
 

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!