ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2018年5月23日

更新日: 2018年7月20日

発毛効果の高いミノキシジル。副作用も気になるけど、髭にも効果があるってホント?

発毛効果の高いミノキシジル。副作用も気になるけど、髭にも効果があるってホント?

その発毛効果に大いに期待が寄せられているミノキシジル。果たして頭髪だけでなく、髭にも効果があるのでしょうか。ミノキシジルを使えば「髭イケメン」への道も遠くない? ミノキシジルの効果&副作用と併せて、気になるミノキシジルの髭への影響などを検証します。

ミノキシジルと副作用と、そして髭。

日本で唯一発毛剤として認可されているミノキシジル。髪への効果はよく知られていますが、果たして髭への効果はどれほどあるのでしょう。外用薬と内服薬で効果に違いはあるのでしょうか。ここでは、ミノキシジルと髭の関係についてお話しします。

  • 日本で唯一の発毛剤、ミノキシジルの効果は「副作用」?
  • ミノキシジルの発毛効果は髭にも有効?
  • ミノキシジルで発症する?副作用と多毛症について
  • 多毛症とミノキシジルの関係

まずはミノキシジルを知ろう/そもそも、ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、現在国内で発毛剤として承認されている唯一の成分です。
もともとは、高血圧の治療薬(降圧剤)として1960年代から使用されてきましたが、服用した患者に体毛が増える人が出てきたことから、その発毛効果が着目され、発毛剤としての研究が進められました。

ミノキシジルの薬効を簡単にお話ししましょう。もともとミノキシジルは血管拡張薬として用いられていました。血管が広がることで血流量が増え、血液と一緒に運ばれる栄養分も増加、たくさん届いた栄養を吸収して毛母細胞の活動が活発化し、発毛が促されるという仕組みです。

ミノキシジルについては、こちらの『AGA治療薬「ミノキシジル」とは?』の記事も非常に参考になります。

ミノキシジル以外に、国内で薄毛治療薬として認可されている成分に、フィナステリド、デュタステリドなどがありますが、それらは抜け毛防止効果、増毛効果については認められているものの、毛母細胞に直接働きかけて発毛効果が認められているのはミノキシジルだけ。その発毛効果は日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」にも明記され、ミノキシジルの使用が推奨されています。
もとは降圧剤の副作用だったミノキシジルの発毛効果。副作用を逆に薬効にしてしまうなんて、人間の研究心とはすごいものですね。

ミノキシジルは髭にも効果あり。その理由は?

人体への発毛効果に大いに期待が持てるミノキシジル。髪だけでなく、髭にも同様の効果があるのでしょうか。答えは「YES」です。ただし、効果があるのは「髭だけではない」ということも同時に申し添えておきます。

人体には、毛髪以外に、腋毛、スネ毛、髭など髪以外にも体毛があります。 日本皮膚科学会が公表している「男性型脱毛症診療ガイドライン」でその使用を強く推奨されているミノキシジルは、使用することで、髪をはじめ、腋毛や髭などにも発毛効果が見られます。つまり、髪にだけ作用するのではなく、体毛すべてに作用するのです。

特に内服タイプは、その成分が血液と一緒に全身をかけめぐるので、毛髪と、毛髪以外の体毛にもその効果をはっきりと感じるはずです。
ただ残念ながら「髪と髭だけに効果が出てほしい」というようなピンポイントの発毛希望を叶えるのは難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

肌に直接塗布する外用薬タイプのミノキシジルを、髭の生えるところに塗れば、髭は生えてくるのでは?と思いたいですが、残念ながら、効果はゼロではないものの、絶賛できるほどの発毛現象は起こらないようです。

それでも、髭のオシャレを楽しむ男性が増えている昨今、「髭イケメン」を目指すのも悪くありませんね。

ところで、髭イケメンの有名人といえば、だれが思い浮かびますか?
イチローさん、西島秀俊さん、綾野剛さんなどは無精髭タイプ。無造作に生やした感じの髭が何とも男らしさを醸し出しています。
竹ノ内豊さん、山田孝之さん、オダギリジョーさん、岡田准一さんなどはスタイルを整えたタイプの髭。オシャレ感が漂います。
どちらがいいかは個人の好みですが、髭も男性の魅力の1つといって間違いないでしょう。

かっこよく髭を生やしたい気持ち、よくわかります。
ミノキシジルは、髭だけへのピンポイント効果は望めませんが、「千里の道も一歩から」。日々の地道な積み重ねは、もしかしたら結果を残してくれるかもしれません。
(※発毛の効果には個人差があります。)

ミノキシジルは髭にも効果あり。その理由は?

ミノキシジルでもなる? 毛が増えすぎる副作用「多毛症」のお話

多毛症とはどのような病気でしょうか。
多毛症と聞くと、毛が増え、全身毛でおおわれる「毛むくじゃら」を想像してしまいがちですが、実際の定義は少々違うようです。
分かりやすく言うと多毛症とは「女性の体毛において軟毛が硬毛に変化すること」とされています。
軟毛は「猫っ毛」とも言われ、柔らかく、色も薄いのが特徴です。赤ちゃんの産毛などは軟毛の典型的なものです。
一方、硬毛は「剛毛」ともいい、太く色も濃いです。髪だと、しっかりしているためコシが強く傷みにくいという利点もある一方、まとまりにくくセットが大変という不便さもあります。人間の身体では、頭髪、眉毛、髭、まつ毛、腋毛、陰毛が硬毛とされています。

女性が特に困るのは腋毛が濃く太くなる、口の周りの産毛が髭のようになる、といったことでしょう。
この女性の体毛が濃くなる現象は「男性型多毛症」と呼ばれます。
主な原因は、男性ホルモンの過剰な分泌や、男性ホルモンに対する反応性が高くなることとされています。つまり、男性ホルモンが女性ホルモンより優勢になるため、柔らかい女性の体毛が、硬い男性のような体毛に変化するのです。

40~50代以降の閉経後の女性は、女性ホルモンの急激な減少でホルモンバランスが大きく崩れます。このせいで多毛症に悩む人も少なくありません。また近年では、40代前でもホルモンバランスが崩れ、多毛症を発症する人も増えています。これは、ストレスが大きな原因とみられます。また、栄養バランスの乱れ、睡眠不足、無理なダイエットなども要因と言われています。

治療としてポピュラーなのはレーザー治療ですが、これはあくまでも対症療法で、根本的な治療にはなりません。

根本的な治療には、レーザー以外に、ホルモン剤等を用いることも必要になります。ホルモンバランスの乱れがどこから来ているのかで治療も変わってきますが、卵巣などに疾患がある場合もあるので、その際は卵巣への治療が必要ですし、ストレスが原因となっている場合はそのストレスに対処する具体策も必要でしょう。

ミノキシジルの副作用、多毛症との関係は?

ミノキシジルの優れた発毛効果は誰もが認めるところです。でも、どんな薬にも薬効と副作用があるように、ミノキシジルにも副作用があります。
その1つが、全身の体毛が濃くなる「多毛症」といわれています。前述した疾患としての「男性型多毛症」においては、その患者は女性でしたが、ミノキシジルの副作用としての多毛症は服用した人に現れます。眉毛、鼻毛、髭などにその発生を感じる人が多いようですが、中には腕毛や手の甲、指毛などに発生を感じる人も。

髭イケメンを目指す人には髭の多毛は嬉しいことかもしれません。でも、「望む場所だけ」に多毛が見られるわけではないのが困るところです。
ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、一般的に内服薬のほうが効果も大きく副作用も強いようです。
頭髪にも効果が見られると同時に、体毛への発毛現象も見られるという人もいれば、頭髪にはさほど効果を感じられないのに、体毛だけが濃くなったという人もいて、効果や副作用の程度も個人差があるということですね。

さて、ミノキシジルの副作用として起きる多毛症についてお話ししましたが、ここまで読まれて「体毛が濃くなるのはイヤだ」と思われた方も多いでしょう。男性でも、発生する部位によっては手入れが必要な場合もあるかもしれません。

でも、ちょっと考えてみてください。
副作用が嫌だから、とミノキシジルの服用をやめてしまったら、副作用の症状は治まりますが、せっかくの頭髪の発毛効果もなくなってしまいます。
薄毛治療をやめるか、副作用としての多毛症をどこまで受け入れるか。ここはミノキシジル治療の悩ましいところです。

ミノキシジルの副作用、多毛症との関係は?

ミノキシジルの副作用で本当に髭は生えるのか?

発毛効果の高いミノキシジルでは、服用後に明らかに髪が太くなった、増えたという効果が聞かれます。
では、頭髪以外の体毛にも同様の効果があるのかどうか、非常に気になるところです。
ミノキシジルの発毛効果は何も髪だけに限ったことではありません。もみあげ、腋毛やすね毛など、身体のいろいろな部分の毛に作用します。髭もその1つ。発毛効果が見られるのは、当たり前と言えば当たり前です。

ただし、前述したように、髪と髭だけに作用するわけではありません。さほど効果を期待しない箇所(例えば胸毛など)にも作用が現れます。
特に内服薬では、成分が血液を通して、全身に回るので、全身の体毛が濃くなる可能性が高いです。ただし、これを薬効と考えるか副作用と考えるかは微妙なところです。実際、日本皮膚科学会では、内服タイプのミノキシジルについて「多毛症」をその副作用と発表しています。

髭が濃くなることを喜んで受け入れている人にとっては薬効と感じられても、望まない人には副作用となります。個人の感じ方なので難しいところです。
いずれにしても、外用薬のミノキシジルを直接皮膚に塗布することで多少の効果を感じている人もいるようですので、人によってはある程度の効果はあるかもしれません。

ただし効果が見られるのはミノキシジルの成分が体内にある期間だけ。つまりミノキシジルの塗布をやめれば、薬効もなくなります。
また、ご注意いただきたい点が1つ。 ミノキシジルはあくまでも毛髪を対象につくられています。頭皮と顔では、皮膚の厚さ・皮脂量などが異なります。思いもよらない副作用があるかもしれません。
本来の目的以外の使用はあくまでも自己責任で、をお忘れなく。

副作用でもいい!ミノキシジルの髭へのピンポイント効果は?

発毛効果の高いミノキシジルは髭にも効果を発揮します。
内服タイプのミノキシジルにおいては、その効果も顕著に表れます。
ただし、「髭だけ」というピンポイントの効果を望むのは難しいところです。
髭だけでなく、もみあげ、腋毛やすね毛など、体毛全般に作用するからです。
肌に塗布するタイプのミノキシジルなら、ピンポイントの効果がある程度期待できますが、もともとの作用が内服タイプのミノキシジルより強くはないので、劇的な効果は望まないほうがよさそうです。

それでも、髭のオシャレを楽しみたい人には、髭が濃くなるのは朗報でしょう。
「焦らず、慌てず、あきらめず」。地道な努力を続けましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!