フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月12日

本当にフケに効くの?シャンプーなしで洗う「湯シャン」を検証

本当にフケに効くの?シャンプーなしで洗う「湯シャン」を検証

フケを防ぐ?洗髪方法「湯シャン」

髪はシャンプーを使って洗うのが一般的です。ところが最近、シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪する「湯シャン」という方法が口コミで話題になっています。体験者からは「フケが減った」「髪や頭皮がパサパサしなくなった」といった声もあります。

湯シャンにはフケの改善や予防に効果があるのでしょうか。湯シャンの方法やメリット、デメリット、フケの悩み解消方法などを詳しく解説します。湯シャンに興味がある人、フケでお悩みの人はぜひ参考にしてください。

フケとは

まずはフケについて、改めて理解しましょう。フケとは、頭皮表面の角質細胞が新陳代謝によって剥がれ落ちたものです。フケは、乾燥フケと脂性フケの2種類に大きく分かれます。

乾燥フケ

頭皮の皮脂が不足しているために起こるフケです。見た目は白っぽく、触るとパサパサした感触で、頭が動いたり髪をかいたりするとパラパラと下に落ちてきます。

原因は偏った食生活、運動不足、シャンプーのし過ぎ、洗浄力が強すぎるシャンプーの使用などによる頭皮の乾燥です。

脂性フケ

頭皮に皮脂が過剰分泌されることで起こるフケです。皮脂と混ざっているため、色が黄色っぽく、髪の毛の間に挟まっていたり、大きめのサイズで落ちていたりします。

脂性フケの原因は偏った食生活、ストレス、シャンプーのし過ぎによる皮脂の過剰分泌などが挙げられます。

シャンプーのし過ぎで乾性、脂性フケになる人がいる理由

ここで同じ「シャンプーのし過ぎ」が皮脂不足の乾燥と皮脂の過剰分泌の両方の原因となるのは不思議に思えるでしょう。これにはシャンプーをし過ぎたときの身体の反応の違いが関係しています。

シャンプーをしすぎによって皮脂を落とし過ぎたとき、皮脂があまり分泌されない人は乾燥フケの原因になってしまいます。

一方で、不足した皮脂を補おうとして、身体が皮脂を過剰に分泌した場合は脂性フケの原因になります。

さて、フケ発生の原因を確認したところで「湯シャン」について考えてみましょう。

湯シャンの方法

湯シャンとはシャンプーを使わずにお湯だけで毛髪と頭皮を洗うことです。 まずは湯シャンの方法をご紹介します。

1. まずはブラッシングで髪表面の汚れを落とす

シャワーの前にブラッシングをすると頭皮や髪の汚れが浮き、頭皮に付着した汚れが落としやすくなります。湯シャンではシャンプーを使用せずお湯のみで頭を洗うため、シャンプーで頭を洗う際と比べて洗浄力が落ちます。しっかり汚れを落とすために、ブラッシングで汚れを浮かせることが大切です。

2. 船に浸かって体を温める

湯船で全身を温めると体温が上昇し、毛穴に詰まった皮脂を溶かしやすくなります。

3. 温水シャワーを出しながら3~5分ほど頭皮を洗う

温水でシャワーをする際は温度に気をつけましょう。湯シャンに適した温度は35~39度です。それ以上の温度では頭皮に負担がかかります。

また、頭を洗う際は頭皮を傷つけないために爪を立てずに洗ってください。指の腹で頭皮にこするのではなく、指の腹を押し当てて頭皮を動かすようにマッサージしましょう。

4. タオルドライ

タオルドライで力を入れてゴシゴシと拭くと髪や頭皮を傷めます。髪や頭皮に残った水分をタオルに含ませるようにして、タオルを押し当てるようにしてやさしく拭き取りましょう。

5. ドライヤーで乾かす

最初は、温風モードで髪全体をまんべんなく風を当てましょう。8割乾いたと感じたら冷風に切り替えて完全に乾かしてください。頭皮の過度な乾燥を防げるだけではなく、髪が傷みにくくなります。

湯シャンする男性

湯シャンのメリット・デメリット

湯シャンでもシャンプーを使わないこと以外、さほど洗い方に違いはないようです。ここで湯シャンのメリット、デメリットを確認しましょう。

湯シャンのメリット

シャンプーによるトラブルがなくなる

たとえば頭皮にあわないシャンプーが原因で起きていたかぶれや炎症は解消できます。

シャンプーを買う必要がない

完全に湯シャンのみに切り替えるなら、シャンプーを買うお金も手間も不要です。

湯シャンのデメリット

洗髪後の爽快感がない

シャンプーでの洗髪には爽快感や清涼感がありますが、湯シャンはお湯のみなので爽快感はあまり得られません。得にくいです。

慣れるまでにかゆみや臭いが出る場合がある

とくに湯シャンを始めてすぐの時期には頭皮にかゆみや脂っぽい臭いを感じることがあります。主に頭皮の皮脂が多くなるのが原因です。

1~2週間ほどで皮脂量が安定し、かゆみは気にならなくなる人が多いようですが、シャンプーでほどよく香りづけされていたときと違い、皮脂の臭いは残りやすい状態が続きます。

洗髪に時間がかかる

洗う時間を短くするとかゆみや臭い、ベタつきが残ってしまう可能性があるので、時間をかけて洗う必要があります。

湯シャンに向いていない人・フケが改善できない理由

体質的に湯シャンに向いていなかったり、間違った方法で湯シャンをしていたりするとフケは改善できません。自分に湯シャンが向いているのか、フケを改善するためにどのような点に気をつければいいのか確認しましょう。

湯シャンに向いていない人

皮脂量の多い人

頭皮の皮脂量が多い場合、湯シャンだけでは皮脂が落ち切りません。洗う時間を長くしても変わりません。

頭皮の臭いが気になる人

もともと頭皮の臭いが気になる人は湯シャンでは皮脂が落ち切らず、香りづけもないため、皮脂の臭いをさらに強く感じる場合があります。

整髪料を使う人

ワックスやグリースなどの整髪料はお湯だけで洗い流せません。また、整髪料でセットした髪には汚れやホコリが付着しやすいので、お湯だけでは髪と頭皮の汚れを充分に落とせません。

湯シャンでフケが改善できない理由

湯シャンで頭皮ケアをしても、フケが解消されなかったという声もあります。なぜ改善にまで至らなかったのか、いくつか例としてまとめました。

急にシャンプーを使わなくなった

シャンプーを使った洗髪から急に湯シャンに切り替えても、皮脂の分泌量はすぐに変わりません。そのため皮脂バランスが整うまでの間は臭いやかゆみが気になることがあります。

湯シャンは4~5日に1回あるいは2日に1回のペースで行ないましょう。

湯シャンの方法を間違えた

  • 髪を湿らせた程度で終わらせる
  • お湯の温度が40度以上
  • 指の腹で頭皮を強くこすって洗う

このような誤った湯シャンのやり方も、余計にフケを増やす原因になります。まず、髪を湿らせる程度では皮脂や汚れがそのまま残るので、余計に頭皮が荒れます。

また、高温のお湯を頭にかけながら洗ったり、頭皮をこするように洗ったりすると、皮脂を過剰に落として頭皮を乾燥させる原因になります。

湯シャンでしっかりと汚れを落とすには、それなりに時間と手間をかける必要があります。かといって汚れを落とそうとお湯の温度を上げたり、強くこすったりしてしまえば今度は皮脂の落とし過ぎになりかねません。

シャンプーに慣れている人にとって、湯シャンだけで頭皮の環境を整えて、フケを改善するのは簡単ではありません。

湯シャンの反省点をシャンプー洗髪に取り入れよう

フケに悩む人も湯シャンに興味を持っている人も、まずは使っているシャンプーの見直しを含め、自らの洗髪方法を見直しましょう。

具体的に紹介しますので、自分がやっていないこと、足りないことを毎日の洗髪に取り入れてみてください。

自分にあったシャンプーを選ぶ

自分の頭皮に合ったシャンプーを選びましょう。適切なシャンプーに変えると皮脂バランスが整えられ、かゆみやフケを予防できます。「湯シャンが体質的に合っていない」「湯シャンでは改善が見られない」などの場合に使うフケ対策のシャンプーとしては薬用シャンプーがおすすめです。

フケやかゆみが出る原因やその症状、薬用シャンプーが効果的な理由についてはこちらで詳しく紹介していますので、こちらも併せてご参照ください。

大量のフケ、イライラするかゆみ!そんな時こそ薬用シャンプー

洗う前にブラッシングする

ホコリや汚れを落とすために髪を濡らす前にブラッシングをしましょう。頭皮への刺激が少ない、やわらかい動物の毛のブラシがおすすめです。ブラッシングでホコリや汚れを先にとるとシャンプーの泡立ちが良くなるので髪を洗う時間が短縮できます。

ぬるま湯で5分程度洗髪する

油が高温で溶けるのと同じ原理で、皮脂は高い温度で流れやすくなるので、シャワーの温度は少しぬるめの36~39度に設定してしょう。熱すぎるお湯による皮脂不足と乾燥を予防できます。

また、洗髪にかける時間は5分が目安です。これ以上長く洗うと皮脂の落とし過ぎにつながります。

髪をしっかり乾燥させる

洗髪後はタオルで髪をはさんだり、軽く叩いたりして刺激を与えないように乾かしましょう。

タオルドライ後はドライヤーで乾燥させますが、ドライヤーの高熱も頭皮への強い刺激となるので、使用は最小限に留めましょう。ドライヤーは髪から20センチ以上離しましょう。

髪型を整える男性

自分に合った洗髪方法でフケ対策

湯シャンでは皮脂を充分に落とせないため、臭いやかゆみといったほかの頭皮トラブルの原因にもなるので、自分の頭皮に合ったシャンプーを選び、正しい方法でシャンプーを行なうことがフケの解消には大切です。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!