フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月6日

 

フケ対策は自分に合ったシャンプー選びから行う

フケの悩み解消はシャンプーが決め手!実践したい5つの洗髪ポイント

フケの原因を理解して徹底的にケアを施す

ふとした時に、肩や髪に大量のフケが付いているのをみると、誰だって気持ちが落ちます。毎日欠かさずシャンプーをしても無くならないフケは、原因を正しく理解した上でケアをすれば解消できます。フケの原因や、ケア方法について紐解いていきましょう。

そもそもフケってなに?

フケとは、古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。新しい角質細胞を作るために肌がターンオーバーを繰り返し、古い角質細胞を落とすことで発生します。そのため、フケが発生すること自体は健康上、何ら問題はありません。
ですが、フケが大量発生している場合は、頭皮の異常や皮膚病の恐れがあります。このような状態を放置すると、頭皮のかゆみや炎症といった症状を引き起こす可能性があるため、早急にケアを施す必要があります。

フケには乾性フケと脂質フケの2種類があり、それぞれで原因が異なります。頭皮の状態を把握するためにも、それぞれの違いについて知っておきましょう。

フケの種類と原因

乾性フケ

パラパラとしているのが特徴的な乾性フケは、頭皮のダメージやアレルギーなどが原因で起こります。

とくに多いのは乾燥が原因となるもので、乾いてしまった頭皮が剥がれることでフケになります。この乾性フケは強いかゆみを伴うため、頭皮を爪でひっかいてさらにダメージを深める恐れがあるため、注意が必要です。

脂性フケ

脂性フケは乾性フケとは逆に、頭皮の皮脂が多すぎることで発生します。フケの形状も乾性フケとは違い、ベタベタとしていてフケが毛穴に詰まりやすく、状態が悪化すると抜け毛を引き起こす恐れがあるのです。

脂性フケになる大きな原因は、生活習慣の乱れにあると言われています。たとえば、肉中心の食生活を送っている人や、洗髪を数日おきにしかやらない人は、頭皮に皮脂を貯めこみやすくなるのです。それ以外ではマラセチア菌や、体内の免疫力低下が原因となることもあります。

フケは種類によって生じるメカニズムが異なります。今、頭から落ちているフケはどちらのタイプに当てはまるかは、以下のページで詳しく説明しています。

フケ症状のチェックリストと生じる原因

とくに気を付けたいシャンプーによるダメージ

フケで悩んでいる人の多くは、シャンプーが原因になっているケースが多いです。1日に何度も洗髪したり、洗浄力が強いシャンプーを使ったりすると、頭皮にとって必要な分の皮脂まで洗い落とします。すると、頭皮が乾燥して乾性フケを引き起こします。

皮脂には、頭皮に膜をはって水分の蒸発を防ぐ役割があり、頭皮が乾燥したときに分泌されます。そのため頻回な洗髪などによって皮脂が失われ乾燥すると、皮脂が足りないと判断した頭皮が皮脂を過剰に分泌するのです。そして、皮脂をエサとするマラセチア菌が増殖し、脂性フケを引き起こします。

このように、頭皮に合わないシャンプーを使って、間違った洗髪方法をするとフケを招きます。
フケ対策を行う際は今使っているシャンプーを変えることから始めましょう。

フケ対策に効果的なシャンプーとは

シャワー

フケ対策に効果的なシャンプーには、どのような種類があるのでしょうか。

どのようなシャンプーを選べば良い?

市販のシャンプーでフケ対策を行なう場合は、「ノンシリコンシャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「薬用シャンプー」の3種類がおすすめです。この3種類のシャンプーは頭皮への負担が少ないといった共通点があります。

そこで、フケに有効な3種類のシャンプーの特徴、配合している成分について紹介します。シャンプー選びの参考にしましょう。

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーは、「ジメチコン」「シリカ」「ポリマー」「シクロメチコン」といったシリコン成分を配合していないシャンプーのことです。
シリコンは
髪を美しく見せるために重要な成分ですが、微生物による分解ができないため、長期間使用することでシリコンの成分が頭皮に蓄積します。それによって頭皮が乾燥し、フケを引き起こします。 シリコンを一切含んでいないノンシリコンシャンプーなら、このような問題もありません。最初にシャンプーを変える際は、ノンシリコンシャンプーから試してみることをおすすめします。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーとは、低刺激でやさしい洗浄力を発揮するシャンプーです。おもに配合している洗浄成分は、「ココイルグルタミン酸Na」「ラウロイル○○酸Na」「ココアンホ○○酸Na」などです。
アミノ酸とはいわゆる「タンパク質」を構成する成分で、髪や頭皮など人体を生成するのに欠かせない成分となります。髪や頭皮への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できます。

薬用シャンプー

薬用シャンプーと聞くと大げさに思えるかもしれませんが、ここでいう薬用シャンプーとはスカルプシャンプーなどの医薬部外品に分類されているシャンプーです。薬用シャンプーには、抗菌作用を含む数多くの有効成分が含まれているため、かゆみや炎症を伴うフケに対して非常に効果的です。

もし、薬用シャンプーでも症状が解消されない場合は、頭皮が皮膚炎になっている恐れがあります。その際は早急に皮膚科で受診するようにしてください。

アミノ酸系シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプーを選ぶ場合、「アミノ酸系シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」の見間違えに注意しましょう。
一見、どちらも同じように見えますが、この2つには明確な違いがあります。それは、アミノ酸が主成分のシャンプーなのか、アミノ酸が含まれているシャンプーなのかといった点です。

アミノ酸系シャンプーはアミノ酸界面活性剤を主成分として使用していますが、アミノ酸配合シャンプーは石油系合成界面活性剤が主成分で、それにアミノ酸が配合されています。そのため、アミノ酸配合シャンプーは強い洗浄力があります。そのせいで頭皮に必要な皮脂まで洗い流す場合があるので、頭皮乾燥を招きやすくなります。

頭皮を乾燥させたくない場合は、アミノ酸系シャンプーを使いましょう。アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーかを見分ける方法は、以下の通りです。

・アミノ酸シャンプー:ココイルグルタミン酸Na、ラウロイル○○酸Na、ココアンホ○○酸Naなどの洗浄成分を配合
・アミノ酸配合シャンプー:ラウリル硫酸系やラウレス硫酸などの洗浄成分を配合

アミノ酸系シャンプーを見分けるには、アミノ酸系の洗浄成分名を把握しておくと、購入前の成分表チェックでアミノ酸配合シャンプーと間違えずに済みます。

薬用シャンプーの選び方

フケ対策で薬用シャンプーを選ぶ際は、種類の違いを理解しておく必要があります。
薬用シャンプーには「乾燥肌用」と「脂性肌用」の2種類があり、自身の肌のタイプに合ったシャンプーを選ばなければなりません。自分の肌質が分からない人は、美容師さんなどに聞いてみると良いでしょう。

また、薬用シャンプーに含まれている成分によって、役割も異なるため購入時には成分表示を確認しておきましょう。フケ対策に効果的な成分をいくつか紹介します。

フケ対策の有効成分

・ ミコナゾール、ケトコナゾール :抗真菌作用があり、脂性フケに効果的
・ グリチルリチン酸2K:抗炎症作用があり、乾性フケに効果的
・ピロクトン オラミン:殺菌作用と皮脂分泌量の改善作用がある

少なくても、上記の成分が含まれていることは確認しておきましょう。最近では抗真菌作用、抗炎症作用のどちらの成分も含まれている薬用シャンプーが販売されています。このような薬用シャンプーを選べば、誤ったシャンプーを購入する心配もありません。

また、有効成分であるグリチルリチン酸2Kを配合している薬用シャンプーでおすすめなのが、スカルプD スカルプシャンプーです。このシャンプーには上記で挙げた3つの有効成分が配合しています。乾性と脂性の原因にアプローチできるスカルプD スカルプシャンプーは、フケを改善し健康的な頭皮に整えるのに適しています。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー [医薬部外品]

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。スカルプD独自の豆乳発酵液(3種の大豆成分)を配合し、薄毛の原因になる男性ホルモンにアプローチします。ストロングオイリー、オイリー、ドライの3タイプがあり、皮脂タイプに合わせて選べます。

フケを発生させないための洗髪方法

27-2

薬用シャンプーの効果を高めるためにも、正しい洗髪方法を再確認しておく必要があります。ここでは、フケ対策のための洗髪方法について解説します。

今日からできる洗髪の5つのポイント

洗髪時に押さえておきたい、5つのポイントをみていきましょう。

指の腹で洗う

頭皮は非常に繊細な場所です。そのため、皮膚への負担は最小限に抑えなくてはなりません。
洗髪の際は爪を立てず、指の腹で洗うようにしてください。その時は、力をいれ過ぎないのが大切なポイントです。力をいれ過ぎると頭皮が傷つき、炎症を引き起こす恐れがあります。

また、頭皮に必要な分の皮脂までも洗い流す恐れがあり、乾性フケの原因となります。頭皮に負担をかけないコツとして、力が入りやすくなる親指以外の4本の指を使うようにすると良いでしょう。

シャンプーはしっかり泡立てる

毛穴のような細かい部分までケアが施せるのは、シャンプーの泡が小さい隙間にも入り込めます。このように、シャンプーの効果は泡にあるといっても過言ではありません。
シャンプーをする前に充分に泡を作っておけば、わざわざ力をいれて洗髪する必要はないのです。泡を頭皮に馴染ませるようなイメージで洗うことを心がけてください。

温度設定は38~40度がベスト

洗髪するときの温度設定を40度以上にすると、頭皮を保湿するために必要な皮脂が洗い流されます。すると頭皮が乾燥しがちになり、フケやかゆみを悪化させるのです。ですから、洗髪するときの温度設定は38~40度にしましょう。

念入りにすすぐ

しっかりシャンプーを泡立てて洗ったら、すすぎもそれ以上に念入りに行ないましょう。なぜなら、シャンプーの成分が頭皮に残ると、かゆみや吹き出物が生じ頭皮の状態を悪化させるためです。せっかく丁寧に洗ってもシャンプーの成分が残っては、フケ対策の意味がなくなります。
すすぎはつい疎かになりがちですが、行なうときはシャンプーと同じくらい時間をかけましょう。すすぎに費やす時間の目安は、シャンプーにかけた時間の2倍です。

ドライヤーでしっかり乾かす

頭部は湿ったままの状態では雑菌の増殖を促させて、フケや臭いの原因となります。お風呂上がりの後はドライヤーで完全に髪を乾かしましょう。
髪をドライヤーで乾かす手順は、以下のページに詳しく記載されています。育毛の敵であるフケやかゆみの悩みを解消するために、正しいドライヤーの使い方を知りましょう。

髪のダメージを抑える!おすすめのドライヤー方法

ストレスもフケの原因 ストレスを改善する半身浴の方法

ストレスが生じるとアドレナリンによって頭皮の血管が収縮し、頭皮に必要な栄養の供給が滞ります。すると頭皮の再生がままならなくなり、パラパラとした乾性フケが生じるのです。また、ストレスが溜まると皮脂が過剰に分泌され、脂性フケの原因にもなります。
このようにストレスはフケを招きます。そこでフケを改善するために、洗髪と併せて実施したい半身浴の方法をご説明します。

フケを予防する半身浴のポイント

事前に浴室を蒸気でいっぱいにする

半身浴は上半身が湯船からでた状態のため、上半身が寒くなりがちです。上半身が寒いと感じることは、身体にとってはストレスであり、血管を収縮させます。そこで、お湯をためるときは40~42度に設定し、浴槽のフタを開けたままにすることで浴室内に蒸気をためることができます。すると、スチームサウナのような環境が構築されて、半身浴をするときに上半身が冷えることもありません。

半身浴には37~39度がちょうど良いのですが、浴槽のフタを開けたままにしておけば、洗髪し身体を洗い終える頃に湯船の温度は下がるので問題ありません。ただし、熱すぎるときは冷水で調節してください。

湯船はおへそと胸の間にする

半身浴の目的は、身体をじんわりと暖めて副交感神経を刺激し、リラックスすることです。肩までつかると身体の温度が急激に上昇し、交感神経が刺激されます。交感神経が優位になると、呼吸と鼓動が早くなり、身体が疲労する原因になるので注意しましょう。

入浴時間は長くても30分まで

いくらのぼせないからといって、あまり長く入浴するのは逆効果です。というのも、お湯の温度がどんどん低下し、せっかく暖めた身体が冷えるからです。
また、身体を冷やさないよう、たし湯しながら入浴したとしても、30分以上の入浴は身体を疲れさせます。身体が疲れはストレスの原因になり、せっかくの半身浴が台無しになるため、時間を守って入浴しましょう。

これ以上フケで悩まないために!

フケの原因や対策法について解説してきました。シャンプーの変更や、洗髪方法の見直しなど初歩的なことばかりを解説しているように思った人も多いでしょう。しかし、多くのケースでは、これらを改善するだけでフケを解消できます。ご自身のフケのタイプや肌質を見極めて、適切な対処を施しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!