フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月5日

頭皮の不調がフケを増やす!フケを増やす3つの原因と改善策

頭皮の不調がフケを増やす!フケを増やす3つの原因と改善策

フケが出るのは、頭皮のターンオーバー(新陳代謝)に問題が発生しているからです。ターンオーバーの乱れは生活習慣や環境など様々なものによって引き起こされ、原因が異なれば解決策も変わります。フケの発生原因や、フケを減らすための方法をご説明します。

フケが増えるその理由

サイクル

フケは、ターンオーバーによって押し上げられた古い角質です。新陳代謝をする以上フケは誰にでも発生しますが、そういったフケは本来非常に微小であり、目に見えるほどの大きさではありません。しかし、大きいフケが出たりフケが大量に発生したりしている場合、頭皮が何らかのダメージを受けてターンオーバーが乱れているかもしれません。ターンオーバーが乱れた場合、角質は次々に生み出されてしまうので、未熟な状態の角質が押し上げられてしまいます。そのため、フケが大量に発生します。

フケは、頭皮の状態によって性質が変わります。頭皮が乾燥した状態のときに発生する乾性フケと、反対に脂まみれのときに発生する脂性フケです。それぞれどんな特徴があるのかをご紹介します。

乾性フケ

乾性フケは、その名の通り乾燥しているフケです。特徴としては細かく軽いため、風で飛びやすく、頭を軽く手で払うと大量にパラパラと舞い落ちることがあげられます。これは頭皮が乾燥しているため、角質にも水分が不足していることが原因です。服の肩に大量にフケがついていたり、歩くだけでフケが落ちたりしているときは、乾性フケの可能性が高いです。

脂性フケ

脂性フケは、皮脂が脂っぽく、ベトベトしています。他にも、乾性フケに比べて重く、フケそのもののサイズも大きめなのが特徴です。ベトベトしているため風に乗って飛ぶといったことはほとんどないですが、大きめのサイズが髪に付着していると目立ち、不潔な印象を持たれやすくなります。また、頭をかくと爪の間に張りつくこともあり、非常に不快です。脂性フケが出ているということは皮脂が過剰に分泌されている状態であり、放置していると、脂漏性皮膚炎という皮膚炎を発症する恐れがあります。

フケ改善方法その1.シャンプーを見直してフケを減らす

シャンプーは頭皮の環境を清潔にし、乾性フケも脂性フケも改善できます。しかし、間違った方法でシャンプーをすると頭皮はますます荒れてしまい、逆にフケを増やす原因となる。フケを増やしてしまう間違ったシャンプーの方法と、フケを改善するシャンプーの方法をご紹介します。

使っているシャンプーを見直す

シャンプーそのものが、頭皮の環境を悪化させることは多いです。たとえば、洗浄力の強すぎるシャンプーは実は頭皮にはあまり良くないことをご存知でしょうか。洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮を保護する皮脂をも洗い流してしまうため、頭皮が乾燥しやすくなってしまい、乾性フケの原因となります。また、頭皮が乾燥した後も使い続けることで、身体が頭皮を保護しようと皮脂を過剰に分泌させます。その結果、脂性フケが大量発生する可能性もあります。

なお、洗浄力が強すぎるシャンプーの例として、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムを洗浄成分にしている高級アルコール系シャンプーがあります。フケに悩まされているときは、シャンプーの成分表にこれらが含まれているかどうか確認しましょう。

洗浄力の優しいシャンプーを使えば問題解決

洗浄力の強すぎるシャンプーがフケを増やしているのなら、洗浄力の優しいシャンプーを使えば問題は解決します。この場合、ココイルグルタミン酸やラウリルベタインなど、アミノ酸由来の洗浄成分を用いたアミノ酸系シャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは洗浄力も優しく、頭皮への刺激も極めて少ないため、頭皮のケアに最適です。

中でも、スカルプD スカルプシャンプーはアミノ酸系シャンプーの中でもフケ対策に適しています。肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムやかゆみを抑えるピロクトンオラミンが配合されている他、頭皮のタイプに合わせてシャンプーのタイプを選べることが可能です。頭皮が乾燥しているなら乾燥肌用のドライタイプ、皮脂が大量に増えているのならオイリー、もしくはストロングオイリーを使用することで、より頭皮ケアがしやすくなります。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー[医薬部外品]

通常価格:各3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。スカルプD独自の豆乳発酵液(3種の大豆成分)を配合し、薄毛の原因になる男性ホルモンにアプローチします。ストロングオイリー、オイリー、ドライの3タイプがあり、皮脂タイプに合わせて選べます。

シャンプーの回数を見直す

一日のシャンプー回数も、フケの量に影響します。いくら洗浄力が優しいシャンプーでも、一日に何回も頭皮を洗えば乾燥の原因となりますし、反対に全くシャンプーをしなかったとしても皮脂が分泌されるので脂性フケを生み出す環境を作っます。もし、シャンプーを必要以上にしていたり、逆に3日に1回程度のシャンプーにしていたりするなら、まずはシャンプーの回数を見直しましょう。

シャンプーで洗うのは多くても1日2回まで

頭皮の脂っぽさが気になる人は、朝に1回・夜に1回の計2回、シャンプーで洗いましょう。睡眠中にも多くの皮脂が分泌されるため、脂性フケが出ている人は朝の時点で頭皮に皮脂が多く溜まっている可能性があります。余った皮脂は朝にもシャンプーでさっぱりと洗い流したほうが、頭皮を衛生的に、適度な皮脂量に保てます。

ただし、2回洗うのは低刺激で洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使っている場合のみです。洗浄力が強すぎる高級アルコール系や石鹸系シャンプーで2回洗うと、皮脂の落としすぎにつながるので避けてください。
また、頭皮が乾燥している場合は、2回目のシャンプーで必要な皮脂まで洗い落とされる可能性が高いため、おすすめできません。頭皮の乾燥が気になるならシャンプーで洗うのは1日1回で充分です。

シャンプー方法を見直す

シャンプーで髪を洗うときにも、必ず守りたい注意ポイントがあります。フケの発生を抑えるために重要な、正しいシャンプーの方法について解説します。

シャンプーで洗う時間は適度に

髪や頭皮の汚れはシャンプー前の予洗い(お湯だけでのすすぎ)で7割ほどを洗えます。ですからシャンプーは手早く済ませても髪と頭皮を清潔にできます。
泡立てたシャンプーで髪や頭皮を長時間洗い続けるのはトラブルのもとです。シャンプー液が頭皮に付着すると頭皮の保護に必要な皮脂を取り除くので、時間が長いと多くの皮脂が流れ落ちる原因になります。だいたい1分程度、長くても3分以内におさめてください。

ただし、雑に、短い時間で済ませるのも問題です。特定の部分だけが皮脂不足になる、洗えていない部分が多く出るなど頭皮にさまざまな負担がかかり、かゆみやフケのもとになります。とくに整髪料を使った日は、就寝までにシャンプーでしっかり洗い流す必要があります。

シャンプーの倍以上時間ですすぎ洗いを

シャンプー後のすすぎ洗いは非常に重要です。すすぎが足りないとシャンプーの洗浄成分が髪と頭皮に残り、頭皮を刺激し続けます。たとえ低刺激のシャンプーを使っても、頭皮に長時間接触していると非常に強い負担を与え、乾燥や炎症、かゆみ、フケの原因になります。めやすとして、泡立てたシャンプーで洗った時間の倍の時間、2~6分ほどかけて、髪をていねいにすすいでください。
生え際や耳の裏はすすぎ残しが起こりやすいので、意識して念入りにすすぎ洗いしてください。

また、皮脂は高温で溶けやすくなるため、熱すぎるお湯でのすすぎも皮脂不足の原因になります。温度は36~39度くらい、「少しぬるい」と感じる程度に設定してください。

フケ改善方法その2.生活習慣の見直し

睡眠や食事、運動不足もフケを増やす原因です。改善のためにも、これらの3つの生活習慣の見直しを始めましょう。

食事を見直す

食事はフケの量を左右する要素のひとつです。たとえば脂質を過剰に摂取していると皮脂の分泌量が増えて、脂性フケが出やすくなります。あるいは栄養が不足すると皮脂の分泌量が減り、乾燥の原因になって乾性フケのリスクが高くなります。

栄養バランスよく食べる

フケを改善につながる食生活の見直しポイントは、各栄養分をバランスよく摂取することです。頭皮の状態を良好に維持するにはタンパク質やビタミン、ミネラルなどの摂取が必要です。
皮脂が余らないよう脂質の摂取を控えるのであれば、調理方法を見直すと効果が上がります。たとえば同じ量の肉を食べるとしても、揚げたり炒めたりするのではなく、茹でたり蒸したりすることで脂質の量はずいぶん抑えられます。

睡眠を見直す

睡眠は頭皮の健康だけでなく、髪の成長にも重要です。人は睡眠中に成長ホルモンを分泌し、疲れの回復や身体ダメージの修復に役立てます。成長ホルモンは頭皮のターンオーバーにも深い関係があり、睡眠不足はターンオーバーの乱れを引き起こします。フケの原因はターンオーバーの乱れですから、睡眠はフケに直結する課題です。

質の高い睡眠をとる

睡眠においては睡眠時間を長くとることも大事ですが、「質の高い睡眠をとること」はより重要です。睡眠には2種類あり、深い眠りに陥るノンレム睡眠と、半覚醒状態で脳が記憶の整理を行なうレム睡眠とが交互に訪れます。寝ついて最初にノンレム睡眠が始まり、90分後にレム睡眠が、そしてまた90分後にノンレム睡眠と、目覚めるまで90分周期の繰り返しが続きます。

睡眠の質を大きく左右するのは、最初のノンレム睡眠です。この眠りが深ければ深いほど成長ホルモンの分泌量も増加します。

最初のノンレム睡眠を深くするための具体的な心がけはいくつかあります。
まず、就寝1時間以上前には食事や間食は済ませてください。食後は胃腸が消化の活動を続けるので、睡眠中も身体が休み切れなくなります。
またテレビやパソコン、スマートフォンの使用も60分前までに済ませてください。画面からの光は脳に刺激を与えて脳を覚醒させ、深い眠りを期待できなくなります。
寝つくまでの就寝準備中にすることとしては、ストレッチで体を少し動かすのがおすすめです。身体のこわばりをほぐせますし、ごく軽い疲労感が身体をスムーズに寝つかせるので熟睡しやすくなります。

運動の習慣を見直す

人は運動不足になると代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れやすくなります。結果、頭皮の乾燥、あるいは皮脂の過剰分泌といった、フケにつながる頭皮のトラブルにつながります。
デスクワークに従事していると、運動不足どころか「まったく体を動かしていない」ということもありえます。フケの問題解決だけではなく健康な身体で過ごすためにも無理のない範囲で、少しずつ運動する時間を確保してください。

毎日続けられる運動量、運動時間を

血行改善のための運動は、ハードなものである必要はありません。むしろウォーキング程度の軽い負荷の運動のほうが効果を期待できます。
運動をときどきすることではなく、習慣づけて継続的に行なうことで運動不足を解消できます。ハードな運動は翌日に疲れを持ち越しやすく、またどうしても負担に感じて継続するのが非常に難しくなります。物足りなく感じる程度のごく軽い、短い時間の運動から始め、続けられると思ったら少しずつ負荷や時間を調節するのがおすすめです。始める時点で、「継続できること」を最優先して運動方法や内容を選びましょう。

フケ改善方法その3.環境の見直し

自分の体だけではなく、環境的要因も頭皮の健康状態を左右します。日照の強さや季節といった気候、自分の部屋の室内環境など、頭皮のターンオーバーに影響を及ぼす要素は多く存在します。

紫外線対策の見直し

日光の紫外線を浴びると頭皮が乾燥し、ターンオーバーは乱れやすくなります。紫外線は肌を焼き、炎症を起こしてしまう危険なものです。頭は人体でいちばん高いところ、太陽に近いところにあるため最も紫外線を浴びやすい部位です。髪が頭皮を多少隠してはいますが、それでも紫外線は頭皮にかなりのダメージを与えます。紫外線だけが原因でフケが出たとしてもおかしくないほどです。

帽子やUVスプレーを活用する

帽子や日傘などで直射日光を防ぐことで紫外線の負担を大幅に軽減できます。帽子や日傘を使いづらいのであればUVスプレーを頭皮に吹きつけることで紫外線のダメージを緩和できます。UVスプレーは汗で流れやすいので、こまめにつけ直すのがポイントです。

季節ごとに対策方法を見直す

春夏秋冬と四季それぞれで頭皮にかかる負担の種類も度合いも異なります。春や夏は日照時間が長いため、紫外線による負担が大きくなりますし、冬は紫外線よりも乾燥が深刻な問題になります。

とくに注意すべきは夏と冬

春と夏は紫外線対策、秋と冬は乾燥対策を重視しましょう。紫外線は帽子やUVスプレーで防ぎ、秋や冬はローションを使ったヘアケアでの頭皮の保湿を行なってください。

部屋の環境の見直し

アレルギーもターンオーバーを乱す原因です。アレルギーによって頭皮に炎症が起きると、ターンオーバーが早まってフケの大量発生を招きます。食べ物や花粉だけでなく、部屋の掃除が足りずにホコリや粉じんが舞ってハウスダストによるアレルギーを起こすことがあります。

まずは家の中を掃除

ハウスダストによるアレルギーに対しては、掃除が手っ取り早く、確実な解決策です。仕事のある平日に掃除は難しい、と思うかもしれませんが、週末に時間をかけて大がかりな掃除をするよりも、日ごろ短時間の掃除を習慣づけるほうが時間を短縮できますし、ホコリが溜まる前にきれいにできるので効果も見込めます。

生活を見直すことでフケは減らせる

笑顔の男性

フケを発生させる直接の原因は、頭皮のターンオーバーの乱れです。頭皮のターンオーバーは様々な要因で乱れます。生活環境、周囲の環境、シャンプーなど、何が頭皮のターンオーバーを乱しているのかは人によって違います。フケのタイプ、乾性フケか脂性フケかによっても対策方法は異なってきます。まずはしっかりと原因を把握し、問題をひとつひとつ改善しましょう。

フケの解決法は「シャンプーを正しく行なう」「食生活を見直す」「睡眠不足や運動不足を解消する」など、健康や衛生を保つための努力がほとんどです。逆に言えば、フケは生活の乱れが原因で起こりやすいもので、身体の不調のサインであるとも考えられます。フケの症状を改善しながら、不摂生や不調を解決して健康な毎日を送ってください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!