フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月5日

フケの治し方はひとつじゃない?原因から対策や予防を考えよう

フケの治し方はひとつじゃない?原因から対策や予防を考えよう

フケが気になるからといって1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の高いシャンプーに変えたりするのは考え物です。フケの原因によっては、シャンプーのせいでますますフケが増える恐れがあるからです。
良かれと思って実践したフケ対策がかえって逆効果にならないように、正しい知識が必要です。そこでフケの特徴や原因によって対処法を選ぶことの重要性、そして具体的なフケ対処法・予防方法についてご紹介します。

フケの正体とは

髪や服につくフケは、ただの汚れではなく頭皮の表面から剥がれ落ちた垢のようなものです。
皮膚の内側では絶えず新しい細胞が作られており、古い細胞が押し出されて新しいものに入れ替わることで良好な状態が維持されます。

古くなった皮膚の表面が剥がれ落ちて、新しい皮膚が押し上げられるまでの流れを新陳代謝といい、これが正常に行なわれている限りは皮膚の表面からは古い皮膚がフケとなって剥がれ落ちます。つまりフケが出ること自体は身体の仕組みで必然的に起こるものですし、ごく自然なことです。

ただし、フケがふだんよりあからさまに量が増えた、という場合は注意しなければいけません。フケの量は新陳代謝のサイクルによって常に一定に保たれていますが、そのバランスが崩れると炎症やかゆみなどさまざまな頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります。

フケ対策の前に原因を突き止めよう

ブラシ

具体的なフケ対策を始める前に、どのような原因でフケが増加しているのかを正しく把握する必要があります。フケは2種類に大別できます。2種類のフケのそれぞれについて簡単に解説しましょう。

フケには乾性フケと脂性フケの2種類がある

パラパラとした白い粉のようなフケを「乾性フケ」と言い、べたべたと油っぽく、乾性フケと比べると少し黄色みがかった見た目のものは「脂性フケ」と言います。乾性フケは衣服の肩などに落ちやすいのですが、脂性フケは頭皮や髪にこびりつきやすく、頭皮を掻いたときに爪の間に溜まるのが特徴です。

さらに詳しくフケの状態を見極めたい人は、次の記事で紹介しているチェックリストを参考にしましょう。
チェックリストでフケの種類を見極めよう

乾性フケが出る原因

乾性フケが出る主な原因は頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥する原因はいくつか考えられますが、空気の乾燥や誤ったヘアケア、体質的な問題が主に関わっています。ふだんは問題のない人でも、冬場などの乾燥した季節だけフケが目立つことがあります。

脂性フケが出る原因

脂性肌フケが出る主な原因は過剰な皮脂の分泌です。皮脂が多く出る理由には、頭皮が不潔な状態であることや、雑菌の活動が異常であること、成長期や皮脂を多く分泌する体質であることが考えられます。
また乾性フケと同様に頭皮の乾燥が根本的な原因になっている場合もあるので、原因を正しく把握する必要があります。

原因によってフケの対処法は変わる

フケの種類ごとに大まかな原因を説明しましたが、フケの種類が違うからといって原因が異なるとは限りません。たとえば脂性フケは皮脂の出すぎで発生するので頭皮の乾燥とは無縁と思われがちですが、実際は理由がつながっています。

頭皮は皮脂が不足したときに乾燥しがちですが、頭皮の皮脂不足に陥ると身体がそれを補おうとして通常より多くの皮脂を分泌します。そうして分泌された皮脂が原因で皮脂が余った状態になり、脂性フケが出る、というケースもあります。つまり、頭皮の皮脂不足が原因で乾燥して乾性フケが出ることもあれば、皮脂不足が原因で皮脂が過剰分泌され、脂性フケが出るということもあります。
ですから乾性フケと脂性フケの原因が全く異なるとは一概に言い切れません。

フケの種類を判別するだけでは対策を選ぶ決め手に欠けるので、種類を見極めた上で根本的な原因を突き止めるという姿勢が必要です。

ひどいフケへの対処法

フケの症状に悩んでいる人は以下を参考に対策を考えましょう。

皮脂を適量に保つ

皮脂を適量に保つのは頭皮のトラブルを避けるための鉄則です。皮脂分泌が多く、皮脂まみれになりやすい人は正しいシャンプーで不要な皮脂を落として清潔な状態を保つことで、頭皮トラブルの改善や予防につながります。
逆に皮脂の分泌が少なくて頭皮が乾燥しやすい人は、シャンプーの洗浄力や洗い方に配慮して皮脂を落としすぎないように(適度に皮脂が残るように)する必要があります。乾燥がひどい場合は保湿ケアの必要もあります。自分の頭皮の性質を把握して皮脂の量を適切に保ちましょう。

低刺激の薬用シャンプーで雑菌繁殖を抑制

一部の薬用シャンプーには頭皮の雑菌の繁殖を抑える成分が含まれています。フケの種類に関わらず雑菌による刺激が影響している場合は、薬用シャンプーで雑菌の活動を抑える方法が効果的です。
また新陳代謝が大きく乱されていると、頭皮が刺激に対して敏感になっている可能性があるので、頭皮が弱っている人は低刺激のものを選びましょう。

皮膚科を利用する

脂漏性皮膚炎や重度のアトピー性皮膚炎などの深刻な頭皮トラブルとともにフケが出ている場合、皮膚科を利用してこれらの症状を治療する必要があります。専門医の指示に従って、ステロイド外用薬や抗真菌薬などで頭皮の状態を回復させた上で、フケの対策や予防に努めましょう。

フケを予防するには

フケを予防する一番の方法は頭皮の健康を維持することです。とくに日頃の食生活やシャンプー、紫外線対策や睡眠、頭皮ケアなどの生活習慣に注目しましょう。

食生活を改善する

頭皮の健康を維持するには食事から必要な栄養素を摂ることが最も肝心です。とくに皮膚の健康を保つにはビタミンAやビタミンB群などが必須ですし、紫外線や乾燥から頭皮を守るにはビタミンEやビタミンCのはたらきが欠かせません。
その他にもさまざまな栄養素を幅広く摂る必要がありますが、ビタミン類はとくに不足しがちな栄養素なので、積極的に摂ることを心がけましょう。

頭皮を健康にするには規則正しい食生活を送ることが理想ですが、日頃の食生活を一新するのは容易ではありません。偏りがちな食生活に心当たりのある人は、栄養補助サプリメントの活用もおすすめします。

シャンプーを見直す

フケを効果的に予防するには、常日頃のシャンプーにも注目しなくてはいけません。頭皮を清潔な状態にするために毎日行なうシャンプーですが、1日に何度も洗うと皮脂を落としすぎて頭皮を乾燥させる原因になります。シャンプーは1日に1回で充分です。フケが気になるからといって何度もシャンプーをするのは逆効果です。

また、皮脂は日中に多く分泌されるので、朝よりも夜の方がシャンプーをするのに適しています。朝と夜の両方に入浴するという人は、夜だけシャンプー剤を使い、朝はお湯だけで洗いましょう。
シャンプーの頻度だけでなく、使っているシャンプーの洗浄力が適していないと頭皮の皮脂量調整が難しくなりトラブルに発展しやすいので、シャンプーの見直し、買い替えが必要なこともあります。

紫外線を対策する

日光に含まれる紫外線は皮膚を老化させますから、頭皮の健康を保つためには紫外線への対策も重要です。頭皮は日差しが最も当たりやすい部位です。そのため、頭皮は日光に当たると紫外線の影響を受けやすいと言えます。

紫外線のダメージによって頭皮の新陳代謝に悪影響が起こると、フケの増加を引き起こすことがあります。外出などで長時間日光に当たる場合は、日傘、帽子やUVカットスプレーなどで適切に紫外線対策をしましょう。

充分な睡眠をとる

睡眠をとることで身体は新陳代謝のリズムを整えたり、日中に受けたダメージを回復したりします。睡眠は頭皮の健康を維持するためにもとても重要です。質の高い睡眠をとることで、フケの直接的な原因でもある新陳代謝の乱れを正しく整え直すことができます。

質の高い睡眠をとるためには、寝る前の運動や勉強を避けて、リラックスした状態で床につくよう心がけてください。また、湯船に浸かって入浴したりストレッチしたりすると、身体がほぐれてリラックスするので寝つきが良くなります。
自分なりに工夫して、寝る前に心と身体をリラックスさせる習慣をつけることをおすすめします。

頭皮の血行を保つ

頭皮の血行を良くするには、軽い運動をしたり両手で頭皮をマッサージしたりするのが効果的です。運動するとふだんよりも血液の流れが速くなり、滞りがちな頭皮の血行を良くします。
具体的には軽めのジョギングやサイクリングといった、きつすぎず長く続けられる運動が適しています。また運動をする習慣が身につくと基礎代謝能力が上がって、ふだんの血行そのものが良くなります。

一方、頭皮をマッサージする習慣をつけることでも頭皮の血行は良くなります。継続的にマッサージすることで頭皮が柔らかくなり、頭皮の隅々まで血液の流れがスムーズに行き渡るようになるからです。
ただし頭皮に血液を届ける血管はとても細くて繊細なので、強すぎる力が加わると破ける恐れがあります。マッサージのやり方を間違えると、かえって頭皮の血行を悪くする恐れがあるので要注意です。マッサージは指の腹を当て、頭皮を動かすように小さな円を描きながら全体的に揉みほぐしましょう。強い力を込める必要はありません。

さらに効果的な頭皮マッサージとして、肌にやさしいベビーオイルを使った方法がおすすめです。ベビーオイルは低刺激でありながら、肌荒れやかゆみの改善、保湿の効果が高いオイルなので、頭皮との相性が良いからです。ベビーオイルについて詳しく知りたい人は次の記事を参考にしてください。
ベビーオイルで頭皮の乾燥を防ごう

フケの治し方は人それぞれ!最善の対処と予防を心がけよう

笑顔の男性

フケは頭皮の垢ですが、「垢は汚いもの」「きれいにしていれば出ない」というわけではありません。頭皮の皮脂量が極端だとフケが出やすい傾向がありますので、頭皮を清潔にしようと洗い過ぎては、皮脂不足を招いてかえってフケが出やすくなります。

フケは皮膚の代謝が適切でないと多くなります。フケが増えているなら、頭皮の新陳代謝の乱れを正す必要があります。
頭皮の新陳代謝を乱す主な原因として、頭皮の乾燥と皮脂の過剰分泌の2つが考えられます。自分のフケが乾性フケか脂性フケかを確認し、乾性フケなら「頭皮の乾燥を招く行動は何か」、脂性フケなら「皮脂分泌を多くしている原因は何か」と考え、頭皮の状態を悪くしている要素を突き止めましょう。

皮脂を適量に保ったり、頭皮の血行を良くしたりといった努力の積み重ねで頭皮は健康になり、フケに悩まされることもなくなります。フケの症状を改善した後は効果的な予防法を徹底して、頭皮の健康を保つことをおすすめします。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!