フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月5日

フケやかゆみをシャンプーで解決?おすすめの選び方や洗い方とは

フケやかゆみをシャンプーで解決?おすすめの選び方や洗い方とは

頭皮は季節ごとの気候の影響や体質、生活習慣、ストレスなどに大きく左右され、不健康な状態に陥りやすいデリケートなものです。よって、日頃から適したシャンプーで正しく洗う習慣を続けることが大事です。
頭皮と相性の良いシャンプーを選び、頭皮の洗い方を改善することで、不快なフケやかゆみの症状を予防することができます。

フケやかゆみが起きる理由と、自分に合ったシャンプーを選ぶ基準や、そして正しい頭皮の洗い方をご紹介します。しつこいフケやかゆみを解消するための方法を理解し、効果的に予防しましょう。

フケ、かゆみを引き起こす2つの要因

フケやかゆみを引き起こす要素には様々なものがありますが、大きく分けて次の2つが考えられます。

1.頭皮の乾燥

フケやかゆみを引き起こす原因のひとつは頭皮の乾燥です。
皮膚には乾燥から身体の細胞を守る保湿機能や、外部の刺激に対するバリア機能があります。ところが、なんらかの理由で皮膚の健康が損なわれると、本来の保湿機能やバリア機能がうまくはたらかなくなり、頭皮が乾燥します。すると頭皮は刺激に対して弱くなるので、フケが増えたり頻繁にかゆみを感じたりします。

乾燥した頭皮から出るフケは、細かくパラパラとした粉状で、触るとカサカサと乾燥しているのが特徴です。以下の項目に該当するものが多い人は、頭皮が乾燥しやすく、乾いたフケが出やすい傾向があります。

  • 1日に何度もシャンプーしている
  • 洗浄力の強いシャンプーを使っている
  • アトピー性皮膚炎を患っている
  • 生活リズムが不規則で、身体の不調を感じる

2.皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌されているために、フケやかゆみが起こることもあります。
頭皮には皮脂を分泌する皮脂腺という器官がたくさんあります。もともと頭皮は体の他の部分より多くの皮脂を分泌しており、なんらかの理由で通常よりも分泌量が多くなると、頭皮は瞬く間に皮脂まみれになります。

皮脂自体は決して「悪者」ではありません。むしろ皮膚の機能を保つためには適度な皮脂が欠かせないのですが、必要以上に皮脂が分泌されると、皮脂をエサにしている頭皮の常在菌(雑菌)が大量繁殖します。

皮膚にはアクネ菌や表皮ブドウ球菌、マラセチア菌などさまざまな雑菌が存在しており、それらは互いに適度なバランスを保ちながら皮膚のバリア機能を支えています。
ところが雑菌の栄養源となる皮脂が過剰に分泌されることで、特定の雑菌だけが異常に繁殖し、バランスが崩れます。結果、皮膚への刺激が大きくなり、フケが増えたりかゆみを感じたりといった症状が起こり始めます。
こうした問題を引き起こさないよう、皮脂の過剰分泌を抑制する必要があります。

皮脂の過剰分泌によって発生するフケは、ベタベタしていて髪や頭皮に付着しやすく、一つひとつが大きく、黄色っぽい色をしています。頭皮で皮脂が多く分泌される要素は様々ですが、以下のような項目に当てはまる人は皮脂分泌が増えやすい傾向があります。

  • 体質で皮脂が多く出やすい
  • 脂分の多い食事ばかりをしている
  • 運動不足である
  • 洗浄力の弱いシャンプーを使っている
  • 洗浄力の強すぎるシャンプーを1日に何回も使っている

フケの出るしくみや、フケの種類ごとの原因について詳しく知りたい人は次の記事を参考にしてください。
フケの効果的な対策方法を一挙解説!

フケ、かゆみを解消するシャンプーの選び方

男性

フケやかゆみを解消したいなら、最初に考えてほしいのがシャンプーの見直しです。
毎日、頭皮を直接洗うシャンプーだからこそ、フケやかゆみの解消に少しでも役立つものを選びましょう。乾燥した頭皮に向いているシャンプーと、皮脂が過剰分泌している頭皮に向いているシャンプーをそれぞれご紹介します。

シャンプーはランキングよりも相性で選ぶ

シャンプーを選ぶときの大前提として、ネット上のランキングの評価を鵜呑みにするのではなく、自分の頭皮との相性を最優先してください。なぜなら頭皮の状態や体質は人それぞれですから、誰にとっても最高のシャンプーは存在しませんし、他の人に効果があったシャンプーが自分にも効くとは限らないからです。

また、同じフケ・かゆみの症状に悩む人でも原因が異なることはよくありますから、フケやかゆみに悩んでいる人同士でもそれぞれに適したシャンプーは異なります。
フケやかゆみが気になりだしたという人は、使用中のシャンプーを見直し、今のシャンプーが症状に適していいないならば、別のシャンプーへの切り替えを検討しましょう。
「今のシャンプーについてどうすれば判断できるか」「体質に合わせてシャンプーを変えるといっても、どのように新しいものを選べばいいのか」について、具体的にご説明しましょう。

乾燥した頭皮には洗浄力が控えめのシャンプー

乾燥した頭皮には、洗浄力が強いシャンプーは不向きです。シャンプーの洗浄成分には大きく分けて、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類があります。

最も有名なのは一般的なシャンプーに広く使われている高級アルコール系の洗浄成分です。泡立ちの良さと洗浄力の高さ、そして生産コストが安いことが特徴です。

石鹸系は石鹸の洗浄効果をシャンプーとして活用したものです。高級アルコール系よりは洗浄力が若干劣るものの、添加物が少なく、アレルギーなどの刺激物に敏感な人に向いていますし、使用後の成分は分解されるので環境に配慮している、というメリットもあります。

アミノ酸系は前の2つに比べると洗浄力は高くありませんが、洗浄成分の材料が人間の皮膚と相性が良く、刺激が少ないという特徴があります。頭皮の乾燥に悩まされているなら、刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分を主成分としたアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

皮脂の多い頭皮には適した洗浄力のシャンプー

頭皮

皮脂分泌量が多い場合は、ある程度の洗浄力を備えたシャンプーで余分な皮脂を適切に洗う必要があります。ただし、単に洗浄力の高いシャンプーを使えばいいというわけではありません。多すぎる皮脂を洗浄力の高いシャンプーを使って徹底的に落とすと、身体は「頭皮が皮脂不足である」と認識し、不足分を補おうと通常よりも多くの皮脂を分泌するので、かえって皮脂が増えるおそれがあります。「皮脂を落とそうと洗えば洗うほど皮脂が増える」という悪循環に陥ることも多々あります。

皮脂が覆い頭皮には、皮脂量に適したシャンプーを使うのがトラブル回避への近道です。近年ではアミノ酸系のシャンプーも洗浄力が改良されており、皮脂を効率良く除去できるようになっています。皮膚との相性が良く、洗浄力の強すぎないアミノ酸系のシャンプーなら、頭皮へ強い刺激を与えたり皮脂を落としすぎたりする心配がないので、フケやかゆみに悩む皮脂まみれの頭皮に使うシャンプーとしても適しています。

皮膚との相性が良いアミノ酸系の洗浄成分にはさまざまな特徴があります。アミノ酸系の洗浄成分・アミノ酸系界面活性剤について詳しく知りたいという人は、次の記事を参考にしてください。
シャンプーに使われるアミノ酸の界面活性剤タイプの魅力とは?

フケ・かゆみ解消につながる正しい洗い方

フケやかゆみの原因を解決するためには、頭皮を正しい方法で洗うこともとても重要です。よくある間違ったシャンプー方法や、シャンプーの効果をより高める正しい洗い方をご紹介します。

シャンプー時にしてはいけないこと

シャンプーは1日に溜まった皮脂や汚れをきちんと落とすためのヘアケアです。これをないがしろにして、泡立てをしっかり行なわない、ざっと泡を広げる程度で済ませる、すすぎが足りないといった雑な洗い方をしていると、フケ、かゆみなどの頭皮トラブルにつながります。

また洗う時に力を込めてゴシゴシと擦ったり、爪を立てたりすると頭皮を不必要に刺激し、また傷をつけるので絶対に避けてください。

間違ったシャンプー方法の具体例や、シャンプーで頭皮を洗うポイントについて知りたい人は次の記事を参考にしましょう。
間違った頭皮の洗い方は頭皮トラブルのもと!頭皮は泡で洗うべし

下準備を整えればシャンプーがずっと効果的に

入浴前の下準備によって、シャンプーの効果が各段に上がることもあります。
乾いた状態の髪をあらかじめブラッシングすると、髪や頭皮に付着したホコリや皮脂汚れが浮き上がり、シャンプーで簡単に汚れを落とせます。

また、シャンプー前のお湯すすぎもポイントです。シャンプー前に髪を濡らす程度で充分、と思っている人もいるかもしれませんが、シャンプー後のすすぎのようにていねいに、念入りに行なうことで、髪と頭皮の汚れの7割くらいは落とせます。シャンプー前のすすぎをしっかり行うと、シャンプーは泡立ちがよくなりますし、汚れはほとんど落ちているので手早く完了することができます。

シャンプー後はドライヤーで乾かす

入浴後はタオルで髪の水気を吸い取ってから、ドライヤーで髪や頭皮を乾かしましょう。自然に乾くのを待ったり、ドライヤーを使うまでに少し間を置いたりすると、頭皮の健康を損ねます。髪が濡れていると頭皮の湿度が高くなり、水分を好む雑菌が繁殖しやすくなるからです。

ただし温風のみで髪を乾かすと、必要以上に頭皮を乾燥させる可能性もあります。ドライヤーの温風で8割ほど乾かしたら、残りの2割は冷風に切り替えて乾かすとよいでしょう。

フケ・かゆみ予防におすすめのシャンプー

フケやかゆみを予防するには刺激が少なく、症状にアプローチする成分が含まれた薬用シャンプーを使うのが一番です。フケやかゆみを予防・改善するならフケを吸着する成分や、雑菌の活動にはたらきかける成分を配合したスカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーがおすすめです。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

通常価格: 4,500円(税込)
有効成分: 「ミコナゾール硝酸塩」「ピロクトン オラミン」
商品説明: スカルプD スカルプシャンプー オイリーに新開発の成分「セラミライ」が配合されたシャンプーです。有効成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトン オラミンがフケやかゆみの原因にアプローチします。

正しい洗い方と適したシャンプーでフケやかゆみを解消しよう

フケやかゆみを引き起こす理由は頭皮の乾燥、あるいは皮脂の過剰分泌です。体質や生活習慣の影響を受けて頭皮の状態は変わり、皮脂の量が変わってフケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因となります。

シャンプーは毎日行なうヘアケアですから、頭皮の健康状態を良くも悪くも変えうるものです。自分に適していないシャンプーや、悩んでいるトラブルの原因になるようなシャンプーを使っていると髪も頭皮も健康にならないどころか、かえって症状を悪化させるばかりです。シャンプーは洗浄力と自分の頭皮との相性を考慮して選び、正しい洗い方で使うことが重要です。

フケやかゆみを解消するためにはシャンプーとの相性や洗い方を見直して、日頃から頭皮トラブルの予防に努めましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!