フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月21日

フケはすぐには治らない?薬やシャンプーの有効活用方法

フケはすぐには治らない?薬やシャンプーの有効活用方法

フケは古くなった頭皮の角質が剥がれたものです。通常は目に見えないほど小さいため自覚できず、周囲の人にも気づかれることはないのですが、頭皮のターンオーバー(新陳代謝)が乱れると大きくなり、量が増えて「フケが出ている」とわかるようになります。

フケには脂性フケと乾性フケの2種類がありますが、女性は乾性フケが発生しやすい傾向があります。女性に乾性フケが多い理由と、乾性フケへの対処法をご紹介します。

女性は乾性フケが出やすい

まずは乾性フケと脂性フケ、それぞれの特徴を知りましょう。フケは種類によって対処法も異なるため、誤った対処法を行なうと効果がないばかりか、逆に症状が悪化する恐れがあります。

乾性フケ、脂性フケの違い

乾性フケとは乾燥してたフケで、粉のように細かく、乾燥しているのが特徴です。脂性フケは乾性フケよりは大きく、ベタベタした感触をしているのが特徴です。
形や感触だけでなく、髪や頭皮の状態から「どちらのフケが出ているか」はおおよそ予想できます。頭皮がベタつき、赤みやかゆみが発生しやすい人は脂性フケが出やすく、頭皮を触ってもベタつきがなく、カサカサと乾燥している人は乾性フケが出やすい体質です。

脂性フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌されるために発生し、乾性フケは主に頭皮の乾燥によって発生します。これはつまり、「女性は頭皮が乾燥しやすく、乾性フケが出やすい」ということでもあるのですが、その理由はホルモンバランスによるものです。

ホルモンバランスの乱れで頭皮は乾燥する

ホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンに大きく分類できます。ホルモン分泌量は男女で大きく異なりますが、これら2つのバランスが体の成長や状態に大きく影響を与えます。女性は女性ホルモンの量が多いので女性的な身体に成長します。

女性ホルモンにはさまざまな種類がありますが、髪や頭皮に関わりがあるのはエストロゲンです。エストロゲンには思春期に乳房を発達させたり、子宮内膜を発達させたりといった役割があります。また自律神経を整え、頭皮の潤いを保つ役割ももっています。エストロゲンが減少するとホルモンバランスが崩れ、頭皮の乾燥を招きます。

エストロゲンが減る理由

女性特有のエストロゲン減少の理由として出産、そして加齢があります。

出産

女性は妊娠した時、女性ホルモンの分泌がより活発になります。エストロゲンを増加させて子宮内膜を厚くし、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが胎盤を形成して、胎児の成長を促します。これらの2つの作用で徐々に出産の準備が整っていきます。

そして出産後、これら2つの女性ホルモンの分泌量は著しく減少し、結果としてホルモンバランスの乱れが起こります。とくにエストロゲンの分泌量は著しく減少します。エストロゲンには乳腺を発達させる作用がありますが、同時に母乳の分泌を抑える作用ももっています。出産後は赤ちゃんにお乳をあげる必要がありますから、母乳の量を増やすため、母乳を抑制するエストロゲンは大幅に減少します。

エストロゲンが減ると頭皮は潤いを保ちにくくなり、乾燥します。また、エストロゲンが調整していた自律神経のバランスも崩れやすくなります。自律神経が乱れて交感神経が優位な状態が続くと身体は緊張状態になり、血管が収縮して血行不良が起こります。
髪や頭皮は血液から栄養を受け取っていますから、血行不良が起きると栄養不足に陥ります。髪は成長が滞り、頭皮はターンオーバーが乱れ、フケが発生しやすくなります。
なお、エストロゲンは髪の成長を助けるものでもありますから、減少によって抜け毛が大量に発生します。これが産後に発症する薄毛の原因です。

いずれも影響は深刻なものですが、時間が経つとともにホルモンバランスは元に戻ります。出産後、半年から1年程度でフケや抜け毛の症状は回復します。

加齢

エストロゲンは歳をとるごとに分泌量が減少します。初潮を迎えた頃に女性ホルモンの分泌が盛んになり、30代前半にピークを迎えます。その後は徐々に減り続け、40代頃から急速に分泌量が減っていきます。抜け毛やフケの症状は急には現れず、徐々に増えていきます。

加齢によるエストロゲンの減少は生理現象であり、不可逆です。再び増えていくことは期待できません。ただ、生活習慣に気を使うことでエストロゲンの減少ペースを緩やかにすることはできます。

シャンプーでフケの対策を

ホルモンバランスの乱れは、生活習慣の改善で整えられます。食事や運動、睡眠などに気を配れば、ホルモンバランスは自然に回復するものです。ただし効果はすぐに出るものではなく、最初に効果を実感できるまでに数か月はかかります。
それまでの間もフケが出続けますので、減らすにはホルモンバランス調整とは別のフケ対策が必要です。いちばんおすすめなのは、毎日のヘアケアであり、フケの原因にも影響力をもつシャンプーでの改善です。

シャンプーは主に髪や頭皮の汚れを洗い落とすためにするものですが、頭皮の保湿やかゆみ、フケを抑える成分を含んだシャンプーを使えば、頭皮のケアとしての効果も期待できます。頭皮のケアに着目したシャンプーは「スカルプシャンプー」と呼ばれています。
生活習慣を改善して根本的な問題を解決しながら、症状が解消するまでの間、スカルプシャンプーでかゆみやフケへの対策を行なうのが効率的です。

女性におすすめするスカルプシャンプーは、スカルプDボーテ シャンプー [モイスト]です。女性向けに開発されたスカルプシャンプーシリーズであり、かゆみやフケに有効な成分であるグリチルリチン酸ジカリウムや、頭皮の血行促進をはたらきかける酢酸DL-α-トコフェロールが含まれています。
頭皮の乾燥やターンオーバーの乱れが気になる人、フケやかゆみを減らしたい人におすすめのシャンプーです。

【おすすめのシャンプー】
スカルプDボーテ シャンプー [モイスト] [医薬部外品]

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「グリチルリチン酸ジカリウム」「酢酸DL-α-トコフェロール」
商品説明:洗いながら女性の頭皮環境を理想へと導いてくれる、スカルプDボーテ シャンプー。ローズが香り立つ濃密泡にはアンファー独自成分のソイセラムを配合しています。しなやかでまとまりのある髪を手に入れたい方に。

薬でかゆみを止める

どうしてもかゆみが止まらず、フケも大量に出るのならシャンプーだけではなく薬も使っての治療を検討しましょう。激しいかゆみで頭を掻くと頭皮に傷がつき、抜け毛を増やす原因にもなります。薬でかゆみを鎮めることで、頭皮の状態悪化を防ぎましょう。
薬はドラッグストア、薬局で購入できるほか、皮膚科で処方してもらえます。

市販薬と処方薬の違い

薬

ドラッグストアなどで購入できる市販薬と、病院で処方される処方薬、これらの2つの違いはなんでしょうか。

処方薬は医師が診断した結果、その症状の程度や原因に合わせて医師が選んだ薬です。薬効はかなり高いと言えます。一方、市販薬は処方薬に比べると効果は弱めです。これは、効果の高い薬には副作用が出る恐れがあるため、医師の診断を経ずに入手可能な市販薬は副作用をできるだけ抑える意図も含めて、処方薬よりは効果が若干弱くなっています。

基本的に乾性フケは外用薬を使って治療します。頭皮の保湿を行なってフケを抑えたり、かゆみを抑えたりといった効果で治療を試みます。外用薬は内服薬に比べると副作用が抑えめであり、市販薬よりは病院で処方してもらった薬の方が、症状に対して的確な治療効果を期待できます。

かゆみを止めるステロイド

かゆみのもととなるアレルギー反応を抑えるためにステロイド外用薬を使用することがあります。皮膚細胞の増殖が抑制され、皮膚が薄くなるという副作用があるためステロイドの使用を不安に感じる人もいるかもしれませんが、用法・用量を守って使えば問題はありません。

副作用が発生しやすいのは、必要以上に強いステロイドを使い続けた場合です。病院で診断を受ければ頭皮の状態に合わせたステロイドを処方してもらえます。それほど強くないステロイドを処方し、むしろ保湿のための薬が治療方針の中核となることもあります。病院で処方されたステロイドの使用に関しては副作用のリスクをことさらに心配することはないでしょう。

皮膚科ではステロイド以外でもさまざまな治療薬を処方されることがあります。気になる人は、以下の記事を参考にしてください。
フケ、かゆみに効く治療薬にはどんなものがある?

女性の乾性フケ治療には、まずは頭皮の保湿を

女性

何らかの原因でホルモンバランスが乱れることで、頭皮は乾燥します。すると、かゆみとともに細かく乾いた「乾性フケ」が大量に発生します。

ホルモンバランスの乱れを改善するには日常生活の見直しが必要ですが、その効果が現れるまでには数か月はかかります。効果が感じられるまでの間、シャンプーや薬などで頭皮の保湿を行なうことでかゆみやフケを抑えましょう。

シャンプーはフケを抑える成分や頭皮ケアにつながる成分を配合したスカルプシャンプーを使い、薬は病院で診断を受けて処方されたものを使用すれば、かゆみやフケの症状は早期に緩和されるでしょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!