フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月13日

更新日:2018年10月23日

頭のかゆみはフケが原因?治療薬の効果や成分について

頭のかゆみはフケが原因?治療薬の効果や成分について

頭のフケやかゆみを放置しておくとますます症状が悪化します。フケが大量に発生するのは頭皮に何らかの問題が起こっているからです。

問題を解決しなければますますフケの量は増え、かゆみもひどくなる可能性があります。

頭皮のフケやかゆみの原因、そしてそれらへの対処法をご説明します。

フケとは何か

フケは頭皮から剥がれ落ちた古い角質です。
体の古い表皮が垢になるのと同じように、頭皮も代謝を繰り返して次々と新しい皮脂を生み出します。肌の内側で新しい細胞が生まれるため、古い細胞は新しい細胞に押し出されるように外側に移動し、最後には剥がれて排出されます。このような皮膚の細胞が入れ替わる流れをターンオーバーといいます。

正常なターンオーバーのもとでは、頭皮の角質は剥がれるまでに非常に細かく、目に見えないほど小さくなるため気づくことはありません。ですが、ターンオーバーが乱れた場合、細胞が生まれてから剥がれるまでの期間が短くなり、角質は次から次へと生み出されるため未熟な状態で外側へ押し出されます。角質はまだ細かくならないうちに外側へ剥がれるため目に見える大きさがあり、大きなフケとなって頭に付着するか、肩や首周りに落ちます。
フケには大きく分けて二種類があります。角質が目に見える大きさで剥がれる、という点は共通していますが症状も原因も異なります。

乾性フケ

指で触っても湿り気がなく、パラパラと乾燥したフケを乾性フケといいます。乾性フケは白く粉のように細かく、肩や首元にパラパラと落ちて積もりやすいのが特徴です。 頭皮が乾燥していると乾性フケが発生しやすくなります。

脂性フケ

やや大きめで、ベタベタとした湿り気があるフケを脂性フケといいます。乾性フケに比べるとフケの塊がやや大きくて重さもあり、また指でつまむとベタベタして独特の臭いがします。
頭皮の皮脂が過剰に分泌されたときに脂性フケは発生しやすい傾向があります。頭皮に赤みが出るのも脂性フケの特徴です。

フケからわかる頭皮の状態

フケが出るのは頭皮で何らかの問題が起こり、ターンオーバーが乱れてことが考えられます。フケの量が多ければそれだけターンオーバーが乱れ、問題が深刻化していると考えられます。
原因によってフケの特徴も変わります。そのため、フケの状態を見れば頭皮で起きている問題を推測することができます。

乾性フケで考えられる症状

乾性フケが出るとき、頭皮で粃糠(ひこう)性脱毛症が起きている可能性があります。
粃糠性脱毛症とは、フケと脱毛が大量に発生する症状です。大量のフケによって頭皮の毛穴が塞がれ、その影響で髪が育ちにくくなるため脱毛症状が起こります。粃糠性脱毛症で発生するのは乾性フケで、頭を撫でるだけでもパラパラと落ちるほど大量のフケが出ます。

またフケに加えてかゆみもある場合は、アトピー性皮膚炎になっている可能性があります。
アトピー性皮膚炎の人の皮膚はバリア機能が低下しており、皮膚が刺激に敏感な状態です。そのため外部からのちょっとした刺激でかゆみが生じてしまいます。

出典:アトピー性皮膚炎について 京都府立医科大学皮膚科 「Microsoft PowerPoint – 【資料 3】加藤委員提出資料(配布用)」

 

アトピー性皮膚炎の発生要因や悪化するとどうなるのかを以下の記事を参考にしてください。
アトピーがフケやかゆみの原因!発症原因と症状を止める対策法

 

脂性フケの場合の症状

脂性フケが多く出る場合、脂漏性皮膚炎が起こっている可能性があります。脂漏性皮膚炎は頭皮に皮脂が余った状態で起こる炎症で、脂性フケが大量に発生し、激しいかゆみや頭の赤みなどの症状が現れます。

また症状が悪化すると皮脂の分泌がさらに増え悪臭を発するのも特徴です。脂漏性皮膚炎自体は脱毛の症状はないのですが、頭皮の状態を著しく悪化させるので派生して脱毛につながるケースは多々あります。

脂性フケの人は脂漏性皮膚炎になっているかどうか確認しましょう。以下の記事では、脂漏性皮膚炎になっているかのチェック方法や対策法を紹介しています。
脂漏性皮膚炎は頭皮でも発生!悪化すれば脱毛症になる危険も

フケ治療に用いられる薬の成分

フケやかゆみの改善に用いられる薬の成分を確認しましょう。治療薬によく含まれている成分、作用と副作用について解説します。

乾性フケの治療に使う薬の成分

乾性フケの治療薬には、主に頭皮のかゆみや乾燥に対する成分が使用されています。

ワセリン

  • 作用: 皮膚を保護

  • 副作用: かぶれ、発疹、かゆみ

ワセリンは石油由来の成分で、強い保湿力があります。肌に全く浸透せずに表皮に残るのが特徴で、皮脂の代わりに頭皮を保護します。
同様に保護膜としてよく使われるヘアオイルなどは空気に触れると酸化して劣化しやすいのですが、ワセリンは劣化しにくく長もちします。
出典:日経メディカル 「白色ワセリンの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


尿素

  • 作用: 皮膚を保護、乾燥の防止、角質の軟化

  • 副作用: 皮膚損傷部、粘膜への刺激性がある

ハンドクリームなどによく含まれている成分で、ワセリン同様に保湿効果を期待できます。尿素は分子量が小さく水によくなじみます。また、タンパク質を溶かす作用もあり、乾燥して固くなった肌を柔らかくします。
出典:日経メディカル 「パスタロンソフト軟膏10%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


クロタミトン

  • 作用: 皮膚のかゆみ、炎症を抑制

  • 副作用: 熱感、かゆみ、ひりひり感、発赤、発疹、湿疹、紅斑(こうはん)、血管浮腫、

主に頭皮のかゆみや炎症を抑える成分です。乾燥によるかゆみを抑え、頭を掻きむしることを予防します。頭皮の潤いを保ちながら頭皮のかゆみを止めることで、乾性フケの発生を抑えます。
日経メディカル 「オイラックスクリーム10%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


ジフェンヒドラミン

  • 作用: アレルギー性皮膚反応の抑制、かゆみ抑制

  • 副作用: 発赤、腫れ、かゆみ、湿潤(しつじゅん)

かゆみ止め成分であり、かゆみのもとであるヒスタミンの発生を抑える抗ヒスタミン剤の一種です。乾燥して肌のバリアが弱くなることで発生するかゆみ成分、ヒスタミンを抑制します。
日経メディカル 「レスタミンコーワクリーム1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


グリチルリチン酸ジカリウム

  • 作用: 痛みやかゆみの抑制、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹の改善

  • 副作用: アレルギー反応、蕁麻疹、発熱、熱感

かゆみ止め成分であり、炎症作用を抑える効果があります。甘草に含まれ、古くから薬として扱われていた成分です。
主な効果は抗炎症・抗アレルギーです。厚生労働省によっても効果があると認められており、シャンプーなどの化粧品にもグリチルリチン酸ジカリウムが含まれていることがあります。
日経メディカル 「グリチルリチン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典」


脂性フケの治療に使う薬の成分

脂性フケを治療するには皮脂の過剰分泌によるかゆみや炎症の他、皮脂をエサに増殖する常在菌の除去も必要です。主に抗炎症剤や抗真菌剤を使用します。

ケトコナゾール

  • 作用: 真菌の細胞膜合成を妨害

  • 副作用: 蕁麻疹、接触性皮膚炎、かゆみ、発赤、刺激感、紅斑、ただれ、亀裂、いたみ、出血、乾燥、炎症、しびれ、発熱

抗真菌作用のある成分です。真菌の発育を抑制することで菌の増殖を抑え、菌増殖による症状の悪化を抑えます。
水虫の原因である白癬菌にも効果があるため、水虫治療薬にもケトコナゾールが配合されていることがあります。
日経メディカル 「ニゾラールクリーム2%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


ロキシスロマイシン

  • 作用: 細菌の増殖を抑制

  • 副作用: 発汗、発疹、歯茎の出血、発熱、紅斑、かゆみ、動悸

抗真菌作用のある成分です。役割としてはケトコナゾールと同じであり、細菌のタンパク質合成を阻害して成長を抑え、菌を死滅させる効果があります。
飲み薬として使用します。発生率は極めて低いのですが、下痢や発疹の副作用があります。
日経メディカル 「ルリッド錠150の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


ゲンタマイシン硫酸塩

  • 作用: ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌などの増殖を阻害

  • 副作用: 発疹、かゆみ、発赤、腫れ

抗真菌、殺菌作用があり、菌の増殖を抑えることができます。脂漏性皮膚炎の他にもニキビの原因にもなる菌に効果があります。
軟膏などに含まれていることが多いのですが、脂漏性皮膚炎の治療の際にはクリームタイプの薬が処方されます。
日経メディカル 「ゲンタシン軟膏0.1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


ジフェンヒドラミン塩酸塩

  • 作用: 抗ヒスタミン作用

  • 副作用: 発疹、神経過敏、頭痛、

かゆみや炎症を抑える成分であり、抗ヒスタミン剤の一種です。脂漏性皮膚炎によるかゆみや赤みなどの症状がひどい場合に使用されます。
日経メディカル 「レスタミンコーワクリーム1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典」


ステロイド

  • 作用: 抗炎症、抗アレルギー、免疫抑制作用

  • 副作用: 発疹、月経異常、下痢、悪心、嘔吐、発熱、胃痛、胸やけ、口の乾き、多幸症、不眠、頭痛、脱毛、色素沈着、

かゆみの症状に対して使用されます。ヒスタミンなどのアレルギー作用を抑えかゆみを抑制、皮膚のはたらきを弱めてヒスタミンの発生を抑え炎症を抑えるので、乾性フケの治療でもステロイドが用いられるケースがあります。
日経メディカル 「副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)の解説|日経メディカル処方薬事典」


市販薬でも販売されていることの多いステロイドですが、症状によって使用する薬の強さは全く異なります。
ただ、適切な薬を選び、用法用量を守って使用すれば問題は起こりにくいです。

フケを伴う病気は病院で治療を

man

フケが大量に発生し、病気まで起こると頭皮の環境が著しく悪化し、薄毛につながる可能性もあります。これらの症状は、自然治癒は見込めません。早めに治療を始めましょう。

病院にかかる

素人の判断で症状を推測して治療を試みても、治る見込みも小さく、メリットがありません。皮膚科で診断を受けて原因をはっきりさせてから治療に臨むほうが確実ですし、早期の改善も見込めます。

処方薬で治療する

フケを伴う頭皮のトラブルには主に投薬治療を行ないます。医者にかかれば乾性フケか脂性フケか、どんな病気が原因かを確認した上で、症状に適した治療薬を処方してもらえます。
市販薬でも頭皮のかゆみを改善する薬はありますが、自分で薬を選ぶと症状を見誤ってしまい自分の問題には効かない薬を使う可能性もあります。確実に治したいと考えるのであれば医師の診断と処方を受けることをおすすめします。

フケ、かゆみは自然治癒を期待せず積極的に治療を

care

大量のフケや頭皮の激しいかゆみは、頭皮で起きているトラブルのサインのようなものですから、自然治癒を期待せずに、フケ・かゆみの原因である問題を解決しましょう。「そのうち治るだろう」と放置していると症状はますます悪化し、深刻な病気につながるリスクもあります。


乾性フケなら粃糠性脱毛症、脂性フケの場合は脂漏性皮膚炎になる可能性がありますので、気になったら皮膚科で診断してもらいましょう。病院ではフケやかゆみの症状に合わせて治療薬を処方してもらえます。

市販薬もありますが、効果と副作用とのバランスの判断も難しいですから、診断を受けた医師に処方してもらうことをおすすめします。


また頭皮のフケやかゆみが改善した後も油断は禁物です。食事、睡眠などの生活習慣が乱れることで再びフケやかゆみが起こることが考えられます。健やかな頭皮環境を維持するためにもフケやかゆみの予防方法を以下の記事で確認しましょう。

フケ、かゆみ予防は洗髪や生活の見直し!健やかな頭皮を維持する対策

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!