フケに関するお悩み フケに関するお悩み

フケに関するお悩み

公開日:2018年7月13日

更新日:2018年10月23日

man

たくさん出るフケを止めるには?症状の特徴別・効果的な対策方法

フケは周りの人たちに悪い印象を与えてしまうので、早く改善したいものです。フケは治し方が症状ごとに異なりますから、まずはフケの特徴を観察して発生の原因を突き止め、原因ごとに適した改善法を実践するのが重要です。 そこで、フケの特徴ごとのフケの発生原因と、効果的な改善方法をお教えします。

フケの種類と特徴

フケには脂性フケと乾性フケの2タイプがあります。 脂性フケは、ベタベタとしていて頭皮から落ちてくることはなく、たいていは髪の間にこびりついています。乾性フケは白い粉のようにパラパラとしていて、頭部、髪から落ちて上着の肩や首元周辺に付着しがちです。 脂性フケ、乾性フケは見た目も特徴もかなり異なるので、見分けるのは難しくありません。 また、2つのフケは見た目や特徴だけでなく、発生する原因も異なります。 脂性フケ、乾性フケが出る原因については「湯シャンでフケはなくせるの?湯シャンの有効性と本当の効果」のページで詳しくご説明しています。

見た目の問題だけではない!フケ放置は頭皮の負担に

フケは見た目に不潔感があり気になりますが、問題は外見のみにとどまらず、頭皮に悪影響を与えるものです。フケをそのまま放置すると、どのようなことが起こるのでしょうか。フケのタイプ別に解説します。

脂性フケが頭皮に与える影響

脂性フケの問題として挙げられるのが、皮脂分泌が増えることによる毛穴詰まりです。毛穴詰まりが起こると髪が成長しにくくなり、また今生えている髪が抜けやすくなって薄毛につながりやすくなります。 また、皮脂を餌とする菌が毛穴周辺に増えて、かゆみなどの頭皮トラブルを引き起こす可能性もあります。

乾性フケが頭皮に与える影響

乾性フケはかゆみの症状で頭皮にさまざまな問題を起こし、髪が成長しづらい状態を招きます。 かゆさを感じて頭をかくとフケが落ちますし、頭皮の出血や炎症の悪化につながります。炎症によって頭皮が傷つくと、健康な髪が成長しにくくなります。 フケの症状が脂性か乾性かによって頭皮に起こる症状は異なりますが、いずれも「放置すると薄毛につながりかねない」という共通の問題を抱えています。薄毛にならないよう、そして髪の健康を守るためにも、フケを早めに改善する必要があります。

フケを止めるためにはシャンプー変更の検討を

フケの発生原因のひとつとして「皮脂の落としすぎ」が考えられます。 皮脂は頭皮を紫外線の刺激から守り、また皮膚細胞の水分蒸発を防ぐといった有益な活動をしています。皮脂は脂(あぶら)ですから、洗浄力が強いシャンプーを使っていると必要な分までも洗い流されます。皮脂が少なくなり、水分を失った頭皮は乾燥します。 また、頭皮には皮脂を自己調節する役割がありますので、皮脂を洗い流しすぎると「皮脂が足りないので補わなければ」と判断し、より多くの皮脂を分泌するようになります。結果として頭皮は皮脂が余って脂ぎった状態になります。 どちらに転ぶかは体質やシャンプーの性質、使い方によっても変わりますが、シャンプーでの洗い過ぎは頭皮の乾燥と頭皮の皮脂余りという、両極端のトラブルを招きうる問題なのです。 これを解決するには、皮脂を落としすぎない適度な洗浄力のシャンプーに切り替えるのが最善策です。具体的には「アミノ酸系シャンプー」や「薬用シャンプー」の使用をおすすめします。

アミノ酸系シャンプーがフケに良い理由

アミノ酸系シャンプーは、人間の体を形成するアミノ酸成分由来の洗浄成分を主に使用しています。このため髪や頭皮に対して低刺激でトラブルが起こりにくく、また強すぎない適度な洗浄力で頭皮に必要な皮脂を残しながら洗えますから、皮脂不足が原因の頭皮の乾燥や、その先に起こりうる皮脂の過剰分泌の両方を予防できます。 洗浄力が強すぎないので乾燥が問題になった頭皮に向いています。乾性フケのケアにはアミノ酸シャンプーがおすすめです。

薬用シャンプーがフケに良い理由

薬用シャンプーがフケ対策に有効なのは、肌荒れの防止や抗菌といった効果をもつ成分が含まれているからです。炎症を引き起こす菌の増殖を抑え、頭皮のトラブルを解消できる薬用シャンプーならフケの改善を期待できます。 薬用シャンプーに含まれている成分がどのように作用して頭皮の問題を解決するのか、シャンプー選びの際にはどこに注目すれば良いのか、については「大量のフケ、イライラするかゆみ!そんな時こそ薬用シャンプー」のページで詳しく解説しています。

シャンプー方法も変えてフケを止まる

フケ対策に適したシャンプーに変えても、洗い方を間違えていては効果が望めません。フケを出さないよう、正しい洗い方を実践してください。

フケを防ぐシャンプー方法の手順

  • 頭・髪全体をぬるま湯でしっかり濡らす
  • シャンプー液を500円玉くらいの量だけ手に取り、手のひらの上できめ細かく泡立てる
  • 髪に泡をつけて、髪と頭皮全体を1~2分程洗ってからざっとぬるま湯で泡を流す
  • シャンプー液を100円玉くらいの量だけ手に取り、きめ細かく泡立ててから髪や頭皮全体になじませて、頭皮をマッサージするように1~2分洗う
  • 泡の流し残しがないよう2~4分ほどぬるま湯を流し、念入りに頭をすすぐ
ポイントは、「髪を洗う」のではなく「頭皮を洗う」という意識で洗うことです。 また、頭皮は敏感ですから、爪を立てずに指の腹をあてて、力を込めずに洗いましょう。 シャンプー後の頭皮を濡れたままにしていると雑菌が増えて問題が起こります。タオルで水分を拭き取り、ドライヤーで髪を乾かしてください。

ローションやオイルでフケ予防

フケの原因は紫外線や空気の乾燥といった環境の影響もあります。日中外に出て直射日光を浴びる、エアコンが効いて乾燥した室内にいる、といった機会が多いと、フケが出る可能性も高くなります。 外部の環境を変えるのは現実的には不可能ですし、仕事の都合の外出を控えるというのも無理でしょうから頭皮用ローションやオイルで頭皮をケアして、これらのダメージに備えることをおすすめします。

頭皮用ローションやオイルでフケを予防

頭皮用ローションやオイルでのケアで、カサカサと乾燥した頭皮を保湿できます。ケアをした後は湿度が低い環境でも頭皮が乾燥しにくくなり、フケやかゆみが発生しにくくなります。また、薬用頭皮用ローションを使えば肌荒れ予防にもなります。 フケの予防には頭皮用の薬用ローション、スカルプD 薬用 FKケア ローションがおすすめです。 スカルプD 薬用 FKケア ローションは、頭皮の気になるフケやかゆみにアプローチし、頭皮を健やかな状態に整えるローションです。 スカルプD 薬用 FKケア ローションの有効成分である塩酸ジフェンヒドラミンや、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮のトラブルを防ぎ、かゆみやフケが出るのを抑えて、保湿に加えてフケが出にくい状態を整えることができます。また、育毛に良いセンブリエキスも配合しているので、将来の薄毛リスクの低下も期待できます。 敏感な頭皮にも使用できるよう低刺激ですから、頭皮が荒れた状態の人でも使いやすいこともメリットです。

スカルプD 薬用 FKケア ローションの使用方法

  1. 生え際や分け目に4~5cm間隔でローションを塗布する
  2. 指の腹で頭皮全体にローションをなじませる
朝と夜の2回使用が最適です。

 

【おすすめの薬用ローション】

 

スカルプD 薬用FKケアローション[医薬部外品] 通常価格:1,717円(税込)

 

有効成分:「塩酸ジフェンヒドラミン」「グリチルリチン酸ジカリウム」「センブリエキス」など 商品説明:低刺激の薬用ローションです。頭皮に塗布することで、有効成分がかゆみやフケにアプローチし、発毛を促進してくれます。

頭皮マッサージでフケを予防

頭皮が凝り固まると、毛細血管が収縮して血流が悪くなり、頭皮が荒れやすくなります。指の腹で頭皮をもみほぐせば、滞った血流が改善され、頭皮や髪に必要な栄養が届きやすくなります。 頭皮マッサージを行なうタイミングは、シャンプーのときや、頭皮用ローションでのケア中が最適です。 頭皮マッサージの方法は「薄毛は頭皮マッサージで改善可能?正しいマッサージの仕方」のページでご案内しています。

フケ予防には食習慣の改善も大切

hair フケを防ぐには、食習慣の改善も重要です。食事の栄養バランスが偏ったり、栄養が不足したりすると、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。食生活ではタンパク質やビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質などの栄養をバランスよく摂取することが大事です。 また、フケのタイプによって積極的に摂取すべき栄養素も変わります。それぞれご説明しましょう。

脂性フケの場合の食生活

頭皮に出る皮脂の量は、食事中の油脂分の量にほぼ連動します。脂っこい食べ物や甘いものは体内に入ると皮脂の素になる中性脂肪に変化し、皮脂の分泌量を増やします。脂性フケが出る人は、脂身の多い肉や揚げ物、またケーキなどの甘い食べ物の摂取を抑えることを心がけてください。 脂性フケタイプの人が積極的に摂るべき栄養素はビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCです。これらは皮脂分泌を抑制し、皮膚の状態を整える効果に優れています。

おすすめの栄養素と効能、多く含まれる食品

栄養素

効能

食品

ビタミンB2

脂質や糖質の代謝促進 皮脂分泌の抑制

緑黄色野菜、レバー、うなぎ、卵、乳製品

ビタミンB6

皮脂や粘膜の状態を改善

バナナ、ニンニク、アボカド、魚類

ビタミンC

代謝アップ 皮脂分泌の抑制

緑黄色野菜、果物、海藻

EPA、DHA

血行促進

イワシ、さば、まぐろ、うなぎ

乾性フケの場合の食生活

乾性フケは、乾燥によって皮膚や粘膜が弱くなって、頭皮の角質がめくれやすくなって起こる症状です。頭皮に潤いを与え、代謝を促進して肌の調子を整える栄養素を多く含む食品をとるのがおすすめです。 積極的に摂取すべき栄養素は、コラーゲンやビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCです。

栄養素

効能

食品

コラーゲン

頭皮の保湿

鶏肉や豚肉、うなぎ

ビタミンA

頭皮の乾燥防止

レバー、うなぎ、銀だら、緑黄色野菜

ビタミンB2

皮膚の代謝促進

緑黄色野菜やレバー、うなぎ、卵、乳製品

ビタミンB6

皮膚や粘膜の状態を改善

バナナ、ニンニク、アボガド、魚介類

ビタミンC

コラーゲン生成促進

キャベツ、ブロッコリー、いちご、アセロラ

細かな対策も大切!タオルや枕カバーを清潔に保つ

タオルや枕カバーが不衛生になっていると、それらが頭に直接触れて問題を起こし、フケ発生の原因になることがあります。たとえばタオルや枕カバーを洗わずに何日か使い続けると徐々に雑菌が増え、使うたびに頭皮に雑菌が付着してフケ、かゆみを引き起こします。 タオルは毎日洗い、枕カバーは最低でも週に2~3回は替えて洗濯し、衛生的に保ちましょう。また洗剤に防腐剤などが使われていないか確認してください。

それでも止まらなかったら治療を検討

いくら頭皮ケアをしてもフケが止まらないならば、なんらかの病気の影響でフケが出ている可能性もあります。

フケが酷く出るときに考えられる病気

  • 脂漏性皮膚炎
  • 頭部白癬菌(しらくも)
  • しらみ
  • 乾癬(かんせん)
これらの皮膚病にかかると、個人でのケアで治療するのは困難です。また、放置すると症状が悪化して頭皮から悪臭を放ったり、他の人に感染させたりといったトラブルにもつながります。早めに皮膚科で治療を受けることをおすすめします。 皮膚科でのフケ治療については、「頭のかゆみはフケが原因?治療薬の効果や成分について」のページでくわしく解説しています。

原因にあわせた細かな対策でフケを止める

head フケは生活習慣・食生活の乱れや気候などの環境要因、洗浄力が強すぎるシャンプー、間違ったシャンプー方法、枕カバーやタオルの不衛生といった複数の原因が考えられます。これらが複雑に重複して起こっていることも多く、放置すると頭皮でさらに重大なトラブルにつながる可能性がありますから、早めの対策が必要です。 有効なフケ対策としては、
  • シャンプーをアミノ酸系シャンプーに変える
  • 正しい洗い方を実行する
  • ローションやオイルなどで頭皮の保湿ケアをする
  • 食習慣を改善する
  • 枕カバーやタオルを清潔に保つ
などの方法があります。 また、フケが出るのを気にしすぎるのも良くありません。フケを気にしすぎてストレスが溜まり、ストレスが原因で頭皮の状態が悪化してフケを増やす…という悪循環も起こりえますから、適切なケアを行なったら、不必要に気にしない心構えも治療の一環になります。 もし、フケ対策をひととおり行なっても改善が見られない場合は、頭皮の皮膚病にかかって、その影響でフケが出ている可能性もあります。フケが改善しないと感じたら、早めに皮膚科医に相談してください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!