ヘアケア・育毛

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年7月11日

ボリュームアップシャンプーでペタンコな髪から卒業しよう

脱ぺたんこ髪!ボリュームアップシャンプー選びにおける5つのポイント

髪質が細く柔らかい場合、ぺたんと潰れがちです。そのため、髪のボリューム感が乏しくなり、薄毛に見えやすい問題が発生します。そんなぺたんとした髪に困っているなら、日々のケアをシャンプーから見直しましょう。シャンプーの中にはボリュームアップシャンプーがあり、髪にボリュームをもたせられます。

ボリュームアップシャンプーにはさまざまな種類があるため、はじめて購入する際はどれが良いのかわからない人もいるでしょう。そんな人のために、ボリュームアップシャンプーを購入する際の5つのポイントを紹介します。
このポイントをおさえておけば失敗するリスクは大きく減るため、しっかりチェックしてボリュームアップシャンプーを探す際の参考にしましょう。

柔らかい髪質の場合、ヘアスタイルは潰れやすい

ぺたんと潰れやすいかそうでないかは、髪質によって左右されます。人によっては髪質が太く固い場合や、細く柔らかい場合があります。これは、髪を構成しているタンパク質が関係しています。

髪は芯の部分に当たるメデュラ、髪の80%を占めるコルテックス、そして髪を保護するキューティクルの3つで構成されています。この中で髪質に関係するのが、コルテックスとキューティクルです。

髪一本に含まれたコルテックスの量が多ければ多いほど髪は太くなり、キューティクルの数が多ければ多いほど髪は固くなります。こうした太く硬い髪はパーマがかかりにくいなどのデメリットもありますが、ボリュームが出やすく、ダメージを受けにくいメリットもあります。

反対に、コルテックス量やキューティクルが少ない髪は細く柔らかくなります。こういった髪は自分の髪の重さに耐えられずに、ぺたんと潰れてボリュームが出しにくくなります。また潰れることで髪と髪がこすれやすくなるため、髪に摩擦が起きてダメージを受けやすいのもデメリットです。

こうして見ると髪質の柔らかい髪はデメリットが多いように見えますが、ボリュームをもたせることでふわふわとした髪にしやすい他、ヘアアレンジをしやすいメリットもあります。

そんな髪質の柔らかい人でもボリュームをもたせやすくするのが、ボリュームアップシャンプーです。

ボリュームアップシャンプーとはどんなもの?

頭を洗う男性

髪のボリューム感は、外見のイメージアップ、あるいは気になる点のカバーにおいて重要な要素です。

ボリュームがある髪は、若々しく見える、ヘアスタイルがビシッと決まる、少し薄毛が始まっている状態でもそうは見えない、など多くのメリットがあります。

髪にボリューム感をもたせられるシャンプーが「ボリュームアップシャンプー」です。

頭皮や髪にうるおいを与えて保湿し、頭皮の健康を維持してハリやコシのある髪にするシャンプーをボリュームアップシャンプーと呼びます。髪質と髪・頭皮の状態を整えて、ふんわりと仕上げるアイテムです。
※ここでいう「ボリュームアップ」とは、見た目のボリューム感を向上させることを指します。「髪の本数を増やす」という意味ではありませんのでご注意ください。

ボリュームアップのしくみ

ふんわり仕上げるボリュームアップシャンプーのしくみについて見ていきましょう。髪との相性もありますが、シャンプーにできるボリュームアップのアプローチは次の3つのパターンです。

1.配合成分で頭皮環境を改善し、力強い髪にする
2.毛穴詰まりを取り除き、髪が真っ直ぐに立ち上がるようにする
3.成分を紙に直接浸透させて、ハリやコシを引き出す

この中では3が最も即効性が高く、1と2は継続使用で徐々に髪質が向上し、効果を感じられるようになります。いずれにせよ基本的に継続して使用することで、ボリュームの出やすい髪質に変わっていくと期待できます。

成分の効果が多いようですが、ボリュームアップシャンプーに配合されているどのような成分が、どのように効くのでしょうか。

ボリュームアップシャンプーは成分に注目

シャンプー選びの基準のひとつとして、配合成分があります。成分について正しく知ることで、そのシャンプーでどんな効果が期待できるのかがわかります。

ボリュームアップシャンプーに欠かせない成分、逆に注意したい成分や避けたい成分について確認しましょう。

うれしい配合成分

まず、刺激が少なく、頭皮環境や髪質の改善に向いている成分を挙げます。

アミノ酸系列で、名前に「ココイル~」とつく成分

・ココイルメチルタウリン
・ココイルグルタミン酸
・ココイルアラニン

成分名に「ココイル」がつくものは、アミノ酸由来の洗浄剤です。髪と同じ成分であるアミノ酸由来の洗浄剤は髪を傷つけにくく、またやさしい洗浄力で皮脂の取り除きすぎを防ぎます。髪や頭皮の保湿にも優れています。

ダメージケアにうれしい植物オイル

植物オイルが配合されているシャンプーは、頭皮や髪に対して高い浸透力を発揮します。頭皮と髪をやさしく保湿しながら洗えます。

とくにダメージで傷んだ髪のカバーに優れており、ヘアカラーやパーマを多用する人におすすめです。

デリケート肌にうれしいコカミドプロピルベタイン

コカミドプロピルベタインとは、天然ヤシ油由来の洗浄剤です。頭皮への刺激が少ないことから、ベビーシャンプーにもよく使われています。また高い保湿性を持ち、髪のコンディションを保つ効果にも優れています。

注意したい配合成分

以下に挙げる成分は、比較的に肌への刺激が強いものです。髪や頭皮を傷める可能性があるので、継続的に使い続けるのはおすすめできません。

デリケート肌には不向き 「ラウレス硫酸ナトリウム」と「ラウリル硫酸ナトリウム」

ラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムは「石油合成系洗剤」と呼ばれています。これは洗浄力が非常に強いのですが、それゆえに頭皮の皮脂を落とし過ぎる難点があります。肌の弱い人には向かない洗浄成分です。

頭皮にはある程度皮脂が必要です。皮脂を落とし過ぎると、かゆみや抜け毛といった頭皮トラブルに発展する可能性があります。

これらは市販の、リーズナブルなシャンプーによく使われる傾向にあります。

強力な殺菌効果 「サリチル酸」と「メチルクロロイソチア」

サリチル酸、メチルクロロイソチアはともに殺菌作用・抗炎症作用に優れています。ですが毎日使用すると強い刺激が肌荒れなどの原因になるおそれがあります。

これらが配合されたシャンプーを使う場合、成分が肌に残らないよう、とくに念入りに洗い流す必要があります。

ボリュームアップに限らず、シャンプーに「髪の汚れをとる」こと以外にも期待するならば、これらの成分に注目して選びましょう。またシャンプーによって不要なトラブルを招かないよう、「注意したい成分」が入っていないものを選ぶことをおすすめします。

ボリュームアップシャンプーの選び方

ブラッシングしている男性

さて、「自分に合っているかどうか」の判断を中心に、ボリュームアップシャンプー選びのコツをお伝えします。

目的にあっているか

シャンプーにはたくさんの種類があります。商品によってコンセプトはさまざまです。たとえば

・コンディションを整える
・ダメージケアに特化
・洗浄力にこだわる

など、それぞれのセールスポイントがあるでしょう。

ボリュームアップを目的にしたシャンプー選びなら、髪にハリやコシを与える、コンディションを整えるといった特徴をもつものを選びましょう。

頭皮にやさしいか

ボリュームのある健康的な髪を目指すためには、頭皮にやさしいことが大切な判断基準になります。洗浄力の強すぎるシャンプーは、必要最低限の皮脂まで奪い、頭皮の乾燥や炎症の原因になります。「皮脂がかなり多くて困っている」という人以外には、洗浄力の高いシャンプーは向いていません。

頭皮にやさしい洗浄成分を使ったシャンプーを選びましょう。

継続して買える価格か

シャンプーは毎日使用する消耗品です。また、使い続けることで効果が増していく成分もあります。もしシャンプーを変えたなら、まずは使用感を吟味します。「自分の髪や頭皮に合っている」と感じたら、使い続けられる価格か、効果は値段に釣り合っているか、などを検討しましょう。

使い続けることは、コストパフォーマンスに限ったことではありません。頭皮には皮脂分泌の順応性、という性質があります。これは環境に合わせて「頭皮の皮脂が一日にどれくらい必要なのか」を体が判断して、適量だと判断した量を分泌する調整機能を指します。

たとえばいつも皮脂が足りている、むしろ余っているなと判断すると、皮脂分泌量は徐々に減っていきます。逆にいつも乾燥していると判断すると、分泌量を増やすことで乾燥を解消しようとします。

ですから、いろいろなシャンプーをとっかえひっかえしていると、体側の判断や対応が追いつけず、皮脂の供給量と除去量とのバランスが安定しないため、頭皮環境に悪影響を及ぼします。

頭皮の健康のためにも継続して使い続けることのできるシャンプーを選びましょう。

好みに合っているか

シャンプーは毎日使うものですので、自分の好みに合っていることも重要な決め手です。髪を洗う以外の面でも、洗い上がりや香りを「よい、好きだ」と思えることはリラックス効果の面でも効果があります。逆に、たとえヘアケア効果が優れていても、「髪の手触りが気に入らない」「匂いが苦手だ」と思いながら使い続けるのでは髪にもよくありません。

きちんと効果があり、さらに自分の好みにも合うシャンプーを探しましょう。「そう簡単に一石二鳥とはいかないのでは」と思われるかもしれませんが、たいてい性能が良いシャンプーは使い心地も良いものです。

ボリュームアップを目指すならこのシャンプー!

ここまでにシャンプー選びの基準やコツをお伝えしましたが、ボリュームアップや頭皮の健康に気を使いたい人には、これらの基準を満たしているスカルプDがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーのスカルプDはハリやコシを与える成分があり、外側から髪の補修とボリュームアップにはたらきかけます。また幅広いタイプの頭皮に対応できるよう、皮脂分泌量に応じて3種類から選べる徹底ぶりです。

購入価格は3,900円(税込)と比較的高めの値段設定ですが、1回2プッシュでおよそ2か月は使用できるのでかなり長持ちする部類です。好みは人それぞれですが、香りや泡立ち、洗い上がりの感触といった使用感を支持して使い続けている人が多いのも特徴です。ぜひ実際に使ってみて、使い心地を体感してください。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー[医薬部外品]

通常価格:各3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。スカルプD独自の豆乳発酵液(3種の大豆成分)を配合し、薄毛の原因になる男性ホルモンにアプローチします。ストロングオイリー、オイリー、ドライの3タイプがあり、皮脂タイプに合わせて選べます。

 

髪のボリュームアップはシャンプー選びがカギ

髪のボリュームが気になる人には、ボリュームアップ効果のあるシャンプー選びをおすすめします。

「ボリュームアップ効果を期待できるシャンプーか」「ボリュームアップできる成分を配合しているか、髪や頭皮によくない成分が配合されていないか」「自分の髪や頭皮に適しているのか」「自分の好みにあっているのか」「使い続けられる価格か」、これらを基準にシャンプーを選び、使い続けて、ボリューム感のある髪を手に入れましょう。

検索

スカルプD公式サイトの注目ランキング
  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!