ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月6日

ヘアリキッドでクラシックな髪型に オールバックやアイビーカットのセット方法

大人の髪型にはヘアリキッドがおすすめ!正しい使い方で上品さを演出

スタイリング剤にはヘアワックスやジェルなどさまざまな種類がありますが、ナチュラルな仕上がりにしたいのであればヘアリキッドがおすすめです。「へリキッドって何?」「ヘアトニックと違うものなの?」「他の整髪料とどう違うの?」と、ヘアリキッドを使ったことのない人は多くの疑問をもつでしょう。そんな疑問を解消しつつ、ヘアリキッドの使い方とオススメのヘアスタイルを紹介します。

ヘアリキッドとは?

髪の毛のセットに使うスタイリング剤は、10代、20代の若い層にはとくにヘアワックスやハードスプレーなどが選ばれています。いずれもカジュアルな髪形のアレンジに使いやすく、30代、40代でもうまく活用できますが、比較的若い層からも支持が多いスタイリング剤です。

一方、大人の男性らしいスタイルにしあげられるのがヘアリキッドです。

ヘアリキッドとは、ヘアワックスのように毛髪につけて使用するタイプのスタイリング剤です。髪全体になじませてから、ブラシを使って動きをつけながらスタイリングします。しっかり固めて濡れたようなツヤを出すポマードとは違い、自然でソフトな仕上がりにできるのが特徴的です。かっちりしすぎないオールバックも得意です。

ですがヘアワックスとは違って、毛先を細かく遊ばせるようなスタイリングには向いていません。ヘアリキッドは歴史のあるスタイリング剤です。それまでポマードを使ったリーゼントやオールバックが男性のヘアスタイルの主流でしたが、ヘアリキッドは1960年代のアイビーカットのブームとともに人気になりました。アイビーカットやオールバックは現代でも根強く人気があるため、実はヘアリキッドの需要はいまだに高いのです。

ヘアトニックとは?ヘアリキッドとの違い

ヘアリキッドとヘアトニック、この2つは名前が似ていますが、実際には全くの別物です。大きな違いは、ヘアリキッドが「整髪料」であるのに対し、ヘアトニックは「化粧水」だということです。ヘアトニックは髪のセットではなく、頭皮の環境を整えることを目的にしています。その主成分はアルコールであり、使用することでスーッとした清涼感を得ることができます。
また、アルコールによる殺菌効果で頭皮の菌の繁殖をおさえ、痒みやフケの原因を減らします。

なかには、フケやかゆみを予防する成分が含まれているものもあります。しかし、ヘアリキッドのようにスタイリング効果はなく、代用はできません。ヘアリキッドもヘアトニックも似たような容器で販売されていることがあり、ヘアトニックが欲しかったのにヘアリキッドを買ってしまう場合もあります。このようなミスをしないためにも、ヘアリキッドとヘアトニックの違いを把握しておきましょう。

クラシカルなヘアスタイルにおすすめ!

沢山の櫛

ヘアリキッドは、クラシカルなヘアスタイルに使える整髪剤です。具体的にはどんなヘアスタイルに向いているのでしょうか。 まずはヘアリキッド流行のきっかけともなった、アイビーカットやマッシュルームカットが挙げられます。 いずれも、髪に適度なツヤを与えつつ、しっかりと髪全体をまとめてくれるヘアリキッドの特徴を活かしたスタイルです。

アイビーカット

アイビーカットとは、髪を七三に分けてきっちりと整えて流し、顔全体を露出させるヘアスタイルです。ビシっとしていて清潔感があり、知的でありながら精悍な印象も与えます。そのため、社会人である20代から40代まで幅広い世代に受けるヘアスタイルといえるでしょう。

ちなみにアメリカでも名門大学と言われるハーバード、イエール、プリンストンなどの8大学を指す「アイビー・リーグ」の学生たちが好んだヘアスタイルとして流行したことから、アイビーカットと呼ばれるようになりました。

マッシュルームカット

マッシュルームカットは、髪全体を伸ばして丸みを出し、前髪をまっすぐ切りそろえたヘアスタイルです。見た目がマッシュルームのような形であることからこの名がつきました。 1960年代に流行し、多くの有名ミュージシャンがこぞってマッシュルームカットにしたことから、日本でも若者を中心に爆発的に大人気となりました。現在でも20代前後の若者を中心に、幅広い年齢層に指示されているヘアスタイルです。

オールバック

整髪料で髪全体を整えて後ろに流すのがオールバックです。男らしさを引き立たせるヘアスタイルで、スーツとの相性がよくビジネスにも向いていますし、もちろんオフの日にも楽しめます。 これらのヘアスタイルはいずれも歴史があるものですが、時代の変化とともに進化を遂げています。
ツーブロックやパーマ、分け目の角度などでさまざまな細かいアレンジが加えられ、さらに自由度とおしゃれ度が増しているのです。クラシカルなスタイルでありながら、自分好みのアレンジで個性を出すこともできるのです。

ヘアリキッドを選ぶポイント

ヘアリキッドにもさまざまな種類があり、それぞれにコンセプトとなる特徴があります。最高のヘアスタイルに仕上げるなら、次の項目を参考にヘアリキッドを選びましょう。

フォーマルな髪型には整髪力の強いもの

ふだんから仕事やドレスコードでフォーマルな場面に赴くことが多い人には、整髪力の強いヘアリキッドがおすすめです。種類によっては高温多湿にも強く、雨天でもヘアスタイルを長く維持することができます。日頃からヘアスタイルに清潔感と上品さ、長時間のヘアスタイルのキープを求める男性には整髪力の強いヘアリキッドがおすすめです。

髪が細い人はボリュームを引き立てるもの

髪の量が少なめの人や髪が細い人の場合は、通常のヘアリキッドを使うと髪がぺたんとして不格好になる場合があります。ですので、整髪力が強すぎず自然にボリュームを与えるヘアリキッドを選びましょう。自分の髪質を把握して、スタイリングのしやすいヘアリキッドを見つけるとよいです。
またボリュームを活用して立体的なヘアスタイルを演出することもできますよ。

自然にしたいなら整髪力が控えめなもの

飾らないヘアスタイルを演出したい人には、整髪力が控えめなヘアリキッドがおすすめです。ラフなヘアスタイルならパリパリとした質感を作り出す必要もないので、ふだんからヘアリキッドを愛用したい場合に適しています。
相手に自然な雰囲気を与えるので、プライベートやリラックスした場面に活用すると良いでしょう。

日頃から使うものだからこそ手触りにも注目

ヘアリキッドをはじめとして整髪料を選ぶときは、その整髪力に目が向きがちですが種類によっては手触りにこだわっているものがあります。ヘアリキッドは基本的にさらっとした質感やまんべんなく髪につける面から、べたつきの少ないものが使いやすいです。気になるヘアリキッドがあれば使用感に関する口コミを参考にして、自分の好みのものを選びましょう。

自分が好きな香りのものを選ぶ

整髪料の香りは自分にとって身近なものになるものです。そのため好みの香りを愛用すれば、日頃のモチベーションを上げることにも役立ちます。とくにヘアリキッドにはさまざまな種類の香りがあるので、手触りと同様に口コミや店頭のテスターを試すのがおすすめです。

香りに敏感な人は無香料のものを選ぶ

人によってはヘアリキッド特有の香りが苦手な人もいます。自分の好みの香りを身にまとうことも大切ですが、ヘアリキッドの香料が周囲の不快感につながる恐れのある環境なら香料の配合されていないものを選んだ方が良いでしょう。

整髪以外の効果も期待できるものを選ぶ

整髪料を選ぶとき全般に当てはまることですが、ヘアリキッドの種類によっては保湿成分や紫外線を吸収する成分を配合したものがあります。長時間外出する人であれば、紫外線対策や乾燥対策に役立つ成分を配合されたヘアリキッドを選ぶことをおすすめします。
また喫煙などでタバコのにおいが気になる人は、タバコのにおいがつきにくいスモーキーカット香料が配合されたものを選ぶと良いかもしれません。自分が求めている効果を明確にし、髪によいものを選びましょう。

ヘアリキッドの基本的な使い方

続いて、これらのヘアスタイルに相性の良いヘアリキッドの使い方をマスターしましょう。 まず、ヘアリキッドは使う量が大事です。つけすぎるとベタベタしてアレンジしにくくなりますし、見た目にも着け心地も不快になります。とくに使い始めのときは、多くつけすぎないよう気をつけましょう。 最初は少し足りないくらいの量で塗り、足りない分を少しずつ補うように足していきます。使い続けるうちに、自分に合った適量を感覚的につかめるようになります。

ヘアリキッドの使い方

1.手のひらに適量をとる
2.手のひらの上で広げてから、髪全体にしっかり塗り込む
3.髪になじませたあと、ブラシを使って形を整える

ヘアリキッドを使う際は、毛束を整えて動きを付けるためにも、ブラシを使います。 また、リキッドが頭皮につかないように気をつけましょう。

実際にセットしてみよう! アイビーカット編

黒縁の眼鏡

アイビーカットは非常にシンプルなヘアスタイルで、一見セットも簡単そうな印象ですが、実はセットの難易度はやや高めで、時間も少しかかります。 とはいえ、慣れてしまえばさっとできるようになります。まずは挑戦しましょう。コツはドライヤーとブラシを使いこなすことです。

アイビーカットのセット手順

1. ドライヤーで乾かし、流れを作る

少し水分が残っているほうがセットしやすいので、ドライヤーで8割程度乾かします。このとき、完成形の髪を流す方向やや分け目を意識して風を当てることで、さらにセットしやすい流れを作れます。

2.ブラシとドライヤーで形を作る

程よい水分とドライヤーの熱で髪の毛に動きをつけやすい状態になっているので、引き続きドライヤーを、そしてブラシも使って仕上げたいスタイルを作っていきます。 まずはブラシで分け目を作り、次にフロント、サイドという順でセットしていきます。このときボリュームが出すぎないよう、抑えながら全体の形を整えます。分け目を作ったときや立ち上げたい部分にはドライヤーでしっかりと熱をあてることで、髪の毛は動かしやすく、固定もしやすくなります。

3.ヘアリキッドを髪に馴染ませて、ブラシで全体と細部を整える

ヘアリキッドを適量つけて仕上げていきます。後頭部はいちばんボリュームを出したい部分なので先につけて形を整えましょう。続いてトップ、サイド、フロントの順でヘアリキッドをつけていくときれいにしあがります。このときヘアリキッドが髪の根元につかないよう注意しましょう。 全体の形ができあがったら、細かい部分を調整したり直したりして完成させます。

薄毛に注意 ヘアリキッドを頭皮につけてはいけない理由

ヘアリキッドが頭皮に付着した状態が長く続くと、その成分が頭皮に負担となります。
とくに肌が弱い場合はアルコールの刺激によってかゆみやフケが生じ、悪化すると皮膚炎を招きます。そして、この状態が続くと抜け毛の本数が増えます。そうならないためにも、ヘアリキッドは頭皮につかないように使用し、寝る前にきちんと洗い流しましょう。

ヘアリキッドと相性の悪い人もいる

残念ながら人によっては、ヘアリキッドに配合されている成分と相性が悪い場合があります。一般的にヘアリキッドには約50~70%のアルコール(エタノール)が含まれています。ヘアリキッドにエタノールが配合されている理由は、清涼感を与え、血行促進や抗菌効果を図るためです。
しかし、肌が極端に弱い場合やアルコールにアレルギーがある人は、ヘアリキッドの使用に適していません。とくに肌が極端に弱い人やアレルギーをもつ人の皮膚がエタノールに対して過剰に反応すると皮膚炎や蕁麻疹を引き起こす恐れがあります。そのため、肌の敏感さやアレルギーに心当たりのある人は、事前にヘアリキッドを使用しても問題ないか充分に確認しましょう。

ヘアリキッドの使い方、実際のセット方法を覚えたところで、次はヘアリキッドの注意点を紹介します。

ヘアリキッドに関するQ&A

Q.ヘアリキッドを使い続けると薄毛になるって本当ですか??

A.正確に言うと、間違った使い方をすれば薄毛になります。たとえば頭皮にベッタリとつける、しっかりと洗い流していない、といったことを続けると頭皮の環境を悪化させます。寝る前に、ヘアリキッドを丁寧に洗い流しましょう。

Q.どういう人にヘアリキッドは向いていますか?

A.髪質が普通から柔らかめの人、またポマードを使ったときのような、あまりきっちりした髪形にはしたくない人に向いています。ソフトな印象に仕上げたい人にもおすすめです。

Q.使う時の注意点はありますか?

A.セットのときは頭皮につかないよう気をつけます。また眼鏡のフレームにつかないよう注意しましょう。とくにセルロイド製のメガネにつくと、素材が変質して白くなる可能性があります。

クラシカルスタイルが好きな人はヘアリキッドでキメよう

ヘアリキッドを使ってできるヘアスタイルは、どれも伝統的でありながら現在でも人気のものばかりで、決して古くさいものではありません。クラシカルなスタイルが好きな人や、きっちりした清潔感のあるヘアスタイルにしたい人は、ヘアリキッドを使ってぜひ挑戦しましょう。 自分でもさまざまなアレンジもできるので、幅広い楽しみ方ができますよ。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!