ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年3月12日

更新日:2019年9月5日

育毛剤って効果ある?男性・女性それぞれのおすすめの育毛剤の選び方

育毛剤って効果ある?男性・女性それぞれのおすすめの育毛剤の選び方

「この育毛剤、効果がない」「使って見たいけど効果はあるのか?」といった不安や不満を抱えていませんか?育毛剤は薬ではありません。育毛剤の効果をフルに発揮したいのであれば、使用するタイミングや下準備なども大切です。髪を健康に育て、薄毛(ハゲ)を予防するために、育毛剤を活かすポイントをご紹介します。

育毛剤の効果とは

育毛剤は適したものを選んで、正しく使用することで頭皮を健やかにするアプローチができます。育毛剤の効果を発揮するためには、選び方や使い方に関する正しい知識が必要です。

育毛剤に効果はある?ない?

育毛剤には「薄毛を改善する」効果があります。
しかし、すべての薄毛に効果を発揮するわけではありません。
育毛剤が働きかけるのは、今ある毛だけです。薄毛の進行の抑制、抜け毛防止、髪のボリュームアップの効果は期待できますが、毛が抜けてしまった箇所への発毛効果はありません。

育毛剤の2つのタイプ

育毛剤の大まかな区別として、ローションタイプとスプレータイプの2種類があります。使い心地の面から自分に向いている方を選びましょう。

・ ローションタイプの特徴

ローションタイプの育毛剤は頭皮にノズルを密着させて、直に塗れるのが大きな特徴です。ボトルを押す力加減で出る量を調整できるタイプもあるので、部分的に必要分だけ使いたい人に適しています。

・ スプレータイプの特徴

スプレータイプの育毛剤の特徴は、短時間で広い範囲に育毛剤を塗れる点です。また、ローションタイプと違って、手を汚さずに育毛剤を使用できます。塗る時間が短く手軽に使用できるので、育毛剤を効率良く使いたい人に向いています。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤では改善できない薄毛に効果を発揮するのが、発毛剤です。ここでは、育毛剤と発毛剤の違いについて徹底的に紹介します。

育毛とは

前述の通り、育毛とは、今生えている髪の毛を健康にして育てることです。 たとえば、髪の毛が弱っている場合は、髪の毛に栄養を与えて強くします。また、頭皮環境が悪くかゆみやフケが発生している場合は、頭皮環境を整えて髪の毛が育ちやすい環境にすることで、今ある髪の毛や頭皮の改善をして抜け毛を防ぐ役割を担います。

発毛

発毛は、髪の毛がない状態から髪の毛を生やすことです。発毛のメカニズムは、髪の毛のもとである毛母細胞を活性化させて髪の毛を発毛させたり5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の活動を抑制したりします。
5α-リダクターゼは、テストステロンと呼ばれるホルモンと結合することでジヒドロテストステロンになり、髪の毛の成長を阻害します。そのため、5α-リダクターゼの活動を抑制することで、新しい髪の毛の発育を促せるのです。

育毛剤と発毛剤の効果の違い

育毛剤・発毛剤は、役割がことなるので使い分けが重要です。
また、薬機法の規定により、育毛剤は医薬部外品または化粧品、発毛剤は医薬品という種類に分類されています。

医薬部外品とは

医薬部外品は医薬品と違って治療ではなく、予防を主としたものです。そのため、厚生労働省に効果や効能が認められているわけではなく、臨床試験も行なわれていません。しかし、一定の有効成分は含まれているため、症状の進行を緩やかにします。したがって、育毛剤の使用が適しているのは、抜け毛が気になり始めたときです。頭皮環境を清潔にして、髪の毛の健康を保ちましょう。
ちなみに、医薬部外品にあたる育毛剤の他にも薬用シャンプーも医薬部外品の扱いです。薬用シャンプーは頭皮に常在する真菌を殺菌する時に使用し、育毛効果、発毛促進効果に期待ができます。

・ メリット

医薬部外品は、医薬品のような副作用が少なく安全に使用することができます。そのため、使用上のリスクが非常に少ないのが魅力でしょう。薄毛の初期段階であれば、医薬部外品でのケアがおすすめです。

・ デメリット

医薬品に比べると副作用が少ない分、発毛剤のような高い発毛効果はありません。よって、本格的なAGA治療に対しての改善効果は期待ができません。

医薬品とは

医薬品とは、疾患や症状の治療を目的として開発された薬品です。 医薬品で使用されている主成分は、ミノキシジルなど厚生労働省により有効成分の効果が認められたものをおもに使用しており臨床試験も行なわれています。医薬品で期待できる効果は、発毛効果、育毛効果、そして抜け毛の進行予防効果です。

・ メリット

発毛剤は、髪の毛が状態から髪の毛を生えさせるができるため、薄毛の根本的な解決ができます。とくに薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑制させるので、薄毛の進行をストップさせた上で新しい髪の毛が生えてくるように促します。

・ デメリット

薄毛への有効成分が高い分、副作用のリスクが高いことです。たとえば、薄毛の原因である5α-リダクターゼを阻害する成分であるフィナステリドには頭痛や腹痛、EDを発症するリスクがあります。 また、ドラッグストアで購入する際は、薬剤師もしくは販売登録者から説明を受けなければ購入することはできません。

発毛剤と発毛促進剤にも違いがある

育毛剤と発毛剤は役割が違うものですが、発毛剤と発毛促進剤も役割が違います。発毛剤はAGAの原因である男性ホルモンの分泌を抑制したり、血流をよくしたりすることで発毛を促すものです。厚生労働省の認可も受けています。
一方で、発毛促進剤は頭皮の状態を良くすることで脱毛を予防したり、毛母細胞にはたらきかけることで発毛のサイクルを正常化したりするものです。さらに、厚生労働省の認可は受けていません。
また発毛剤は効果が高いため副作用の可能性があり、医師の処方が必要です。一方で発毛促進剤は効果が緩やかなため、副作用が少なく医師の処方が必要ありません。

育毛剤の選び方

近年では多くの育毛剤が発売され、CMなどもたくさん放映されています。口コミやサイトのランキングを参考にしていると、失敗してしまうかもしれません。どのようなポイントで選べば良いのでしょうか?

育毛剤選びの大事な2つのポイント

・ 失敗しないためのポイントその1.費用の負担が問題にならないか

育毛剤は一本使ったからといって薄毛は改善されません。育毛効果を実感するためには何ヶ月も使い続ける必要があります。
そのため毎月使っても苦にならない価格の育毛剤を選びましょう。

・ 失敗しないためのポイントその2.匂いや使い方などの使用感が気にならないか

匂いが気に入らない、ボトルの使い勝手が悪いなどの使用感はストレスのもとになります。長く使い続けられる使用感の良い育毛剤を選びましょう。

また、育毛剤には医薬部外品と化粧品があります。医薬部外品には厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で配合されています。この有効成分は、治療よりも予防を目的としたもので、フケやかゆみといった頭皮のトラブルの悪化を防ぐために用います。そのため薄毛の予防には医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

育毛剤のおすすめの選び方

生活習慣や家族の環境などから考えて選ぶ

・ 家族や親族に薄毛の人が多い場合

父親や祖父に薄毛の人がいる場合は、遺伝による原因が考えられます。そのため、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤がおすすめです。

・ 生活習慣が乱れている人

栄養不足や睡眠不足などの生活習慣の乱れは毛母細胞の栄養不足に直結するので、栄養補給の補助をするタイプの育毛剤を選ぶのがおすすめです。

・ 喫煙者や運動不足の人

タバコを吸うとニコチンの血管収縮作用で血液の流れが悪くなります。また、運動不足は筋肉の衰えを招くため、血管のはたらきを低下させます。
ですからタバコを吸う人や運動不足の人は血行改善にアプローチするタイプの育毛剤を選びましょう。日ごろからストレスを抱え込みやすい人も、このタイプの育毛剤がおすすめです。

自分の症状にあったものを選ぶ

薄毛の原因は、人によって異なります。そして、育毛剤は種類によってはたらきかける効果が異なることがあります。よって、自分の薄毛の原因を把握し、その原因や症状にあったものを選びましょう。

・ 皮脂の分泌が多い場合

頭を触り、脂っぽいと感じるのであれば、皮脂の分泌量が多い証拠です。皮脂が過剰に分泌されているのであれば、皮脂の分泌を抑制する成分が含まれた育毛剤がおすすめです。有効成分としては、イソフラボンやドクダミエキスが含まれているものを選ぶことになります。

・ 頭皮が乾燥している場合

頭皮がかゆい、カサカサした粉状のフケが出るなどの傾向がある人は頭皮の乾燥が薄毛(ハゲ)の原因である可能性があります。このタイプの人は頭皮を保湿するタイプの育毛剤を選んで、頭皮の乾燥を予防することが大切です。濃グリセリン、2‐ペンタンジオールなどの保湿効果のある成分が含まれている育毛剤を選びましょう。

・ 髪の毛の栄養不足である場合

髪の毛が細く抜けやすい場合は、髪の毛の栄養が不足しています。これを解決するには、頭皮の血行を促進させる育毛剤が有効です。有効成分としては、前述したセンブリエキスやM-034などが含まれた育毛剤を使用しましょう。また、運動によるストレス解消や禁酒・喫煙などでも血行は改善されます。

口コミを参考にする

インターネット上の口コミは、否定的な意見でも肯定的な意見でも、一部はサクラです。ですが、口コミ数が多かれば多いほど、本当の体験談がある可能性は高くなります。口コミを探す時は、なるべく口コミの数が多いものを選びましょう。

また、「すぐに効果が実感できました」「まだ1週間ですが抜け毛が激減しました」というような、効果がでるまでの期間があまりにも短い口コミには注意が必要です。

「3ヵ月利用し続けて産毛が増えてきました」「半年利用していても、あまり効果がありませんでした」といったように、本当に試していそうな口コミを参考にするといいでしょう。

口コミを探すときは、使用期間に注目してください。人の髪は伸びるまでに時間がかかるので、短期間で効果があったというような口コミはほとんど信用できません。なぜなら、育毛剤の頭皮の環境をととのえる効果が実感できるまで、3ヵ月以上はかかるといわれているからです。

使用して判断するのが1番

育毛剤を探すのにもっとも信頼できるのは、実際に使ったことがある人に直接聞くことです。実際に使ったことがある人が身近にいない場合は、SNSで使ったことがある人を探すといいでしょう。

女性の育毛剤の選び方

女性の抜け毛・薄毛の原因は以下のようなものが考えられます。

  • 女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量の低下
  • 生活習慣の乱れによる血行不良
  • ヘアスタイルやシャンプーによるダメージ
  • カラーリング剤やパーマ剤による頭皮や髪へのダメージ

これらの原因は頭皮環境を整え、髪に栄養が行き届くようにする効果がある育毛剤を選ぶことで、解消できます。

近年では、女性向けの育毛剤が販売されています。
女性向けの育毛剤には髪を太くする成分として、アデノシン、センブリエキス、酢酸トコフェロールが配合、頭皮を保湿する成分として、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキスなどが配合されています。香りなどの使用感や値段など、継続して使えるものを選びましょう。

育毛剤の効果的な使い方

育毛剤の効果を最大限に引き出すためには、下準備と散布の仕方も重要です。

使用タイミングは入浴後がベスト

育毛剤の使用は最も頭皮に浸透しやすい入浴後がおすすめです。
入浴することにより血行がよくなり、頭部を含めた体全体に血液中の酸素や栄養が行き届くようになります。
また入浴で頭皮が清潔になり、毛穴も開き育毛剤が浸透しやすくなります。

とはいえ、熱すぎるお湯に浸かるのは気をつけましょう。心臓に負担をかけてしまいますし、乾燥肌になって潤いが失われてしまいます。

シャンプーで下準備

頭皮に育毛剤の有効成分をしっかり浸透させるためにも、塗布する前に一度シャンプーをするようにしてください。
シャンプーをする際のポイントとして、入浴前のブラッシングと、洗髪前の素洗いをおすすめします。
この2つを行なうことで、髪や頭皮に付着した汚れは大体落とせます。それによって、シャンプーが頭皮にくまなく行き届くようになるのです。
また、すすぎが甘いと頭皮にシャンプーが残ったままになり、頭皮の炎症を招く可能性があるので3~5分の時間をかけて入念にすすぎましょう。
髪の入念な洗い方については以下をご参考ください。

【正しいシャンプーの仕方・頭皮の洗い方】

入浴後はしっかりと髪を乾かしましょう。

濡れた髪にいきなりドライヤーをあてると頭皮が乾燥したり、髪の毛にダメージがいってしまいます。最初はタオルを髪の毛にあて、水分を吸い取りましょう。それからドライヤーを温風で髪の毛を素早く乾かします。最後にドライヤーの冷風をあてましょう。この冷風がポイントで、髪の毛のキューティクルを閉じるために行います。

育毛剤の塗布の仕方

下準備が済めば、育毛剤の塗布となります。使用する量は育毛剤によって異なるので、事前に確認しましょう。育毛剤は髪ではなく頭皮に塗布する必要があります。
そのため、髪が長い人は5cm間隔で分け目をつくって、直接頭皮に育毛剤を塗布するようにしてください。頭皮全体に育毛剤が行き届いたら、なじませるようにマッサージを行ないます。

マッサージが効果的

マッサージは育毛剤をなじませる効果もありますが、頭皮の血行促進の役割も果たすためおすすめです。頭皮の血流が良いと髪の毛にハリとコシが出ると言われています。

マッサージ方法は、頭を手で覆い揉みほぐす方法と、手指で強く押して離す方法があります。
自分でマッサージをする以外にも、頭皮マッサージ専用の器具が多く販売されているので、そちらを使うのもおすすめです。

育毛剤利用時の注意点

頭皮はかなりデリケートです。使い方を間違えて逆効果にならないよう、育毛剤は注意して使用しましょう。

用法用量を守る

育毛剤は商品によって定められている使用量が違います。たくさん使ったからといって、薄毛を改善する効果が高まるものではありません。
それどころか、育毛剤によっては副作用を伴う可能性もあります。安全に使うためにも用法・容量を守りましょう。
また、素人判断で複数種類の育毛剤を併用するのも大変危険です。成分の中には異なった成分同士が作用して頭皮に悪影響を与える可能性があります。
使用している育毛剤に医薬品が含まれている場合は、必ず医師に事前に相談しましょう。

継続的に使用する

育毛剤は継続的に使用することで、効果が実感できるようになります。
髪の毛にはヘアサイクルという、生えてから抜けるまでの周期があります。サイクルを迎え、毛が生え変わる時に育毛効果が実感できることが多いようです。
このヘアサイクルは個人差こそありますが、半年から10カ月周期で訪れるとされています。そのため、育毛剤もヘアサイクルに合わせて、半年から10カ月は使い続けましょう。

自分にあった育毛剤選びを

男性だけでなく女性でも育毛剤を使う方が増えてきています。自分にあった育毛剤選びをして、効果を感じられるようにしてみてはいかがでしょうか。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。