ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2019年1月31日

更新日:2019年1月31日

シャンプーは頭皮と同じ弱酸性がおすすめ!その理由を解説

シャンプーは頭皮と同じ弱酸性がおすすめ!その理由を解説

 

シャンプーと一言でいっても、弱酸性やアルカリ性など種類はさまざまです。弱酸性とアルカリ性では性質が異なり、弱酸性のほうが肌にやさしいといわれています。抜け毛が気になる、頭皮に負担をかけたくないなどとお悩みの方は、弱酸性のシャンプーの使用がおすすめです。

今回は弱酸性シャンプーが頭皮にやさしい理由と、弱酸性シャンプーの種類についてご紹介します。

■なぜ弱酸性シャンプーは頭皮にやさしいの?

人間の肌は頭皮も含めて全て、常在菌によって弱酸性に保たれています。弱酸性シャンプーは常在菌のはたらきを阻害せず、かつ頭皮への負担も少ないため、健康な頭皮環境を維持することができます。以下では、3種類の常在菌の特徴と、弱酸性シャンプーが頭皮にやさしい理由をご紹介します。

頭皮環境を左右する3種類の常在菌

肌には数多くの常在菌が存在しますが、とくに以下の3種類は肌の健康を守る上で重要な役割を担っています。

表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は皮膚表面や毛穴に存在しており、汗や皮脂をエサにグリセリンや脂肪酸を産生します。グリセリンはその優れた保湿力によって皮膚のバリア機能を保ち、紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守ります。

一方、脂肪酸は肌を弱酸性に保って抗菌ペプチドを作り出し、後述する黄色ブドウ球菌の増殖を防止する役割があるのです。

アクネ菌(アクネ桿菌)

アクネ菌は酸素のない環境を好む通性嫌気性菌なので、皮膚表面ではなく毛穴や皮脂腺で活動しています。皮脂をエサにプロピオン酸や脂肪酸を産生しており、皮膚表面を弱酸性に保つ他、病原性の強い菌の定着や増殖を抑制します。

なお、アクネ菌はニキビの原因菌として広く知られていますが、増殖しすぎなければ肌荒れを起こす心配はありません。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は、皮膚表面や毛穴に存在している常在菌です。存在しているだけなら問題を起こしませんが、皮膚がアルカリ性に近づくと増殖し、皮膚炎などの肌トラブルを招きます。

また病原性が強く、傷ついた皮膚を消毒せずに放置すると患部が化膿するという特徴もあります。

弱酸性シャンプーは頭皮環境を悪化させない

健康な頭皮環境が維持できるのは、上記3つの常在菌のバランスが一定で、肌が弱酸性に保たれているからです。

仮に常在菌のバランスが崩れると肌が弱酸性からアルカリ性または酸性に傾き、有害菌の侵入・増殖などによって頭皮の炎症や乾燥、抜け毛など、さまざまなトラブルを引き起こします。

弱酸性シャンプーの酸性値は肌と近いため頭皮への刺激が少なく、常在菌のバランスが乱れにくいため頭皮環境の悪化防止につながります。さらに頭皮だけでなく、髪の健康維持にも弱酸性シャンプーが効果的で、使うことでツヤが良くなり芯から強い髪になるのです。

肌と近い弱酸性で低刺激なこと、常在菌のはたらきを邪魔しないことなどから、弱酸性シャンプーは頭皮にやさしいシャンプーといえます。健康的な頭皮や髪を保つためにも、毎日の頭皮ケアに弱酸性シャンプーを使用してみてはいかがでしょうか。

■弱酸性シャンプーには2種類ある!

弱酸性シャンプーには高級アルコール系とアミノ酸系の2種類がありますが、頭皮や髪への負担を考えると後者がおすすめです。

以下では、弱酸性の高級アルコール系シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いをご紹介します。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは、スーパーやドラッグストアなどで市販されている一般的なシャンプーです。比較的安価なので購入しやすく、石油系の洗浄成分(界面活性剤)が配合されているため泡立ちが良いという特徴があります。

また洗浄力が強いため、髪のベタつきが気になる方や脂性肌の方、シャンプー後の爽快感を重視している方などに好まれています。指通りが良くて香りが持続しやすいのも魅力のひとつです。

しかし、高級アルコール系シャンプーはその洗浄力の高さゆえに刺激が強いというデメリットがあります。使用期間が長ければ長いほど頭皮や髪に負担をかけるため、頭皮ケアや美髪ケアを意識している方には不向きといえます。

なお、高級アルコール系シャンプーに使用される洗浄成分には「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウレス塩酸アンモニウム」「ラウリル硫酸塩」などがあります。成分表示は商品のラベルに記載されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーです。高級アルコール系と比べるとやや高価ですが、低刺激かつ洗い心地がマイルドなので、頭皮や髪に負担をかけにくいという特徴があります。抜け毛や頭皮の乾燥などの頭皮トラブルにお困りの方に、とくにおすすめのシャンプーです。

その一方で洗浄力が弱いという特徴もあるため、洗髪する際は時間をかけて丁寧に洗うことを心掛けてください。運動をした日や油っぽいものを食べた日など、髪の汚れやベタつきが気になるときは二度洗いしても問題ありません。

高級アルコール系シャンプーからアミノ酸系シャンプーに変更したばかりだと、髪がきしんだり指通りが悪くなったりと使用感の違いにギャップを感じることがあります。これは、高級アルコール系シャンプーに含まれるシリコンが剥がれるために起こります。使い続けていくうちに本来の健康な髪に近づけるので、様子を見ながら試してみましょう。

なお、以下の成分がラベルに記載されているシャンプーは、アミノ酸系の成分を豊富に含んでいると判断できます。

  • ココイルグリシンK
  • ココイルグルタミン酸
  • ラウロイルグルタミン酸
  • グルタミン酸TEA
  • ヤシ油脂肪酸

購入する際は、成分表示の3~5番目にこれらが含まれているかをチェックしましょう。

■弱酸性シャンプーで頭皮環境を整えよう

正常な頭皮環境を維持するためには、常在菌のバランスを保つことが大切です。常在菌のはたらきによって肌の酸性値は弱酸性になっているため、使用するシャンプーも肌と近い弱酸性のものを選びましょう。

中でもアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪への刺激が少なく、頭皮環境が乱れにくいという点からおすすめです。頭皮ケアや美髪ケアに力を入れたい方、頭皮トラブルにお悩みの方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。