ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年8月27日

更新日:2018年8月27日

初めてのヘアケアにもぴったり!髪を美しくするヘアオイルの使い方

初めてのヘアケアにもぴったり!髪を美しくするヘアオイルの使い方

ヘアオイルは簡単に髪の見た目も、実際の状態も整えられるヘアケアアイテムです。ただ、正しい使い方を知らないと効果を実感しにくいですし、髪がベタベタしてしまいがちです。

ヘアオイルを使ったことのない人にはとくに知っておいてほしい、ヘアオイルを使ったヘアケアのコツをご説明します。購入前の選び方、そしてスタイリングやヘアケア時の活用法まで基礎知識をひととおりご紹介します。

ヘアオイルの基礎知識

整髪やヘアケアのために油を使うヘアオイルの歴史はとても古いものです。世界のあちこちで古代から使われていたらしき話が残っていますし、日本でも髷を結うのに使われていました。

ヘアオイルは髪に潤いやツヤをもたせ、髪をまとまりやすくします。またヘアオイルを使うことで髪をダメージから保護できるので、髪が傷みやすい人にとっては欠かせないヘアケアアイテムです。

髪は身体の中でもダメージを受けやすい部分です。ドライヤーの熱や紫外線、洗髪時の髪同士の摩擦など、髪は常に乾燥や傷みのリスクを負っています。髪は皮膚とは違い、一度傷ついたらもとには戻りません。つまり、髪が一度パサパサになったりボロボロになったりしたら、その部分をカットするまで、あるいは抜けて生え変わるまで良くなることはありません。

ヘアオイルは、そういったダメージから髪を保護し、ダメージを予防する役目もあります。

コンディショナーの効果を持続させる

ヘアオイルのメリットとして、コンディショナーの髪の補修効果を保護し、より効果を持続させるはたらきがあります。コンディショナーの後にヘアオイルを使えば、オイルがコンディショナーの成分をコーティングするので、それだけ効果が長持ちする、ということです。

ヘアオイルの選び方は?

ヘアオイルは様々な種類があり、選ぶときには「どれがいいの?」「どう違うの?」と悩むかもしれません。そこえ、ヘアオイルの選び方の基準をご紹介します。

鉱物由来よりも植物由来のヘアオイルがおすすめ

ヘアオイルには植物性のものと鉱物性のものがあります。

植物性とは植物から抽出したオイルを使ったもので、鉱物性とは石油や石炭などから採取できるミネラルオイルに植物性オイルを混ぜたものです。

鉱物性オイルの原料として「石油」「石炭」と聞くと、髪に着けるのに向いていなさそう、と不安になるかもしれませんが、実際には安全性が高く、保湿効果も植物性とほぼ同等です。鉱物性の油は医療現場でも用いられるほど信頼性が高く、また植物性オイルに比べると髪のコーティング力にも長けています。

また、鉱物性オイルはシリコンが含まれているものも販売されており、髪のツヤ感を出したり、高いコーティング力で強いダメージを受けている髪のケアに効果的だったりと、使い勝手が良いのも特徴です。

ただ、初めてのヘアケアでヘアオイルを試すのであれば、植物由来のヘアオイルがおすすめです。

植物由来のヘアオイルにできること

植物由来のヘアオイルは、天然由来の成分を原料としているため頭皮に与える刺激がごくやさしく、敏感肌の人でも使えるという特徴があります。たとえばシャンプーすると少し頭がかゆくなるような場合は、植物由来のヘアオイルのほうが頭皮に負担がかからないでしょう。また、植物性オイルの中には頭皮のダメージをケアする効果があるものが多く、かゆみやフケに悩んでいる人には植物性オイルはとくにおすすめです。

種類が多いのも植物性オイルの特徴です。ヘアオイルの原料は様々な植物から摂取できるため、たとえば椿油やオリーブオイル、ホホバオイルなど選択肢の幅が広く、選ぶ楽しさがあります。

最初は髪にやさしく商品の種類も多い、植物由来のヘアオイルのほうがおすすめです。

髪質や毛の量で選ぶ

ヘアオイルにはトロッとした感触のものやサラッとした感触のものなど、様々な質感があります。ヘアケアをする場合、この質感は自分の髪質や毛の量でどちらが良いか判断することになります。

たとえば、髪の毛が太いのでクセっ毛になりやすいボリュームのある髪の場合は、トロっとした質感のヘアオイルを使ったヘアケアがおすすめです。ヘアオイルが髪のボリュームを抑え、まとまりのある髪にしてくれます。

反対に、細く柔らかい髪質の場合はトロッとした質感のヘアオイルはおすすめできません。髪がぺたんとつぶれたようになり、ボリュームが薄く見えてしまうからです。この場合は、サラッとした、つけ心地の軽いヘアオイルがおすすめです。重みが少ないため、細い髪でもボリュームを維持しやすくなります。

質感に関しては、お店でスタッフに尋ねると詳しいアドバイスがもらえますし、少量を試せるお店もあるので、気になる場合は聞いてみましょう。

香りで選ぶ

香りはヘアケア効果に直接の関係こそありませんが、おしゃれをしたいのであれば絶対に外せないポイントです。ほのかに香るヘアオイルの香りで女子力をアピールできます。ヘアオイルには匂いがついているものと無香料のものとがあります。好みは人それぞれですから、実際に香りを嗅いで気に入ったものを選びましょう。

また、香料が入ったスタイリング剤を愛用している人や、香水などをよく使う人は香り同士の相性もあるので、無香料を選んだほうがいいかもしれません。

ヘアオイルを使ったヘアケアの仕方

女性

気に入ったヘアオイルを見つけたのなら、実際にヘアケアで使用してみましょう。ヘアオイルは、ただ髪にベタッとつけると髪の表面(外側)だけにつくのでヘアケアとしては不完全ですし、髪がペタッと張りつくように仕上がりがちです。

ケア効果も見た目も向上できる、正しいヘアオイルのつけ方をご紹介します。

ヘアオイルの正しいつけ方

手順1.ヘアオイルを手になじませる

まず、ヘアオイルを適量出し、手に広げてなじませるように揉み込みます。ショートヘアなら1~2滴程度、ロングヘアの場合は3~4滴ほどがおよそのめやすです。

まずは少なめに取って、足りなければ少しだけ足して、くりかえし使ううちに自分にとっての適量を見つけましょう。

手のひら全体にヘアオイルをなじませてからつけることで、どの部分の髪にも均等にヘアオイルを行き渡らせることができます。ヘアケアやスタイリング目的である限りは、「液状のオイルを直接毛束につける使い方はあまりしない」ということは覚えておきましょう。

手順2.毛先から髪の中心に向けてなじませる

次はオイルを髪になじませましょう。毛先から髪の中間あたり、最後に根元付近の順番でつけてください。ヘアオイルを髪全体になじませる場合、最初につけるところにはヘアオイルが多めにつきます。もし根元に多くオイルがつくと重みでベタッと潰れたようになり、髪全体の見た目のボリューム感がなくなります。

髪の内側に主になじませるようにして揉み込んでいきます。髪の表面は最後の仕上げに塗るので、この時点ではあまり塗る必要がありません。

手順3.仕上げ

最後に、手のひらに少量残ったヘアオイルを髪の表面につけましょう。ここでオイルを足すとオイルが多すぎてベタつくことになります。手のひらを見てもオイルが残っていないように見えても、そのくらいで充分です。

おすすめのヘアオイル

おすすめのヘアオイルをご紹介します。ここでご紹介するヘアオイルは、すべて植物由来のものです。

椿油

日本で最もなじみの深いヘアオイルであり、古くから使われています。ヤブツバキという椿の種子から採取した油で、オレイン酸と呼ばれる成分が豊富に含まれているのが特徴です。

オレイン酸とは人の皮脂にも含まれている成分なのでなじみやすく、刺激が少ないのが特徴です。また、殺菌効果や抗炎症作用もあるので、頭皮のかゆみとフケの改善効果も期待できます。

オリーブオイル

聖書に書かれているほど古くから存在するオリーブオイルは、ヘアオイルとしても使われています。椿油と同じくらいオレイン酸が含まれているため、頭皮にやさしいのが特徴です。また、オリーブオイルにはビタミンEが含まれており、髪の美容に効果があるとされています。人気の高いヘアオイルであり、様々なメーカーから販売されているのでバリエーションが豊かなのもおすすめポイントのひとつです。

オリーブオイルを使った特別なヘアケア方法を紹介

ホホバオイル

砂漠地帯に生えているホホバという植物の種子から採取したオイルです。ワックスエステルという成分が含まれており、オレイン酸と同じく頭皮に含まれていて低刺激なのが特徴です。また、ワックスエステルは髪に潤いを与えて熱から髪を保護する力も高いため、髪のダメージを予防したい場合におすすめできます。

他にも、クレンジング効果に優れているのも特徴です。頭皮にホホバオイルを用いることで汚れを浮かし、落としやすくする効果があります。

ヘアオイルでのヘアケア習慣でツヤのある髪へ

2人の女性

ヘアオイルはヘアケアにおいて、髪のツヤ出しとダメージ保護という重要な役目を担っています。シャンプーやコンディショナーで髪を清潔にし、ヘアオイルで髪を保護することで、髪はツヤを保ち、女性らしさをアピールできます。

ヘアオイルは使い方にちょっとしたコツがありますので、ヘアオイルでのヘアケアを始める前には「少なめの量を手のひらに伸ばして、毛先や髪の内側中心につける」という使い方を覚えておきましょう。

正しいつけ方やヘアオイルの選び方を前もって知っておかなければ、髪がベタベタしたり、あまり効果を感じられなかったりする場合があります。そのため、正しい知識や正しいつけ方を学びましょう。

植物性ヘアオイルはそれぞれ含有成分や香りが異なり、自分のほしいケア効果をもつものを選ぶ楽しみもあります。ヘアオイルを使ったヘアケア習慣を身につけて、健康できれいな髪づくりに役立ててください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!