ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年6月21日

更新日:2018年9月5日

洗いすぎは薄毛の原因!髪や頭皮の健康を保てるシャンプーのコツ

洗いすぎは薄毛の原因!髪や頭皮の健康を保てるシャンプーのコツ

髪の洗いすぎは薄毛や頭皮トラブルを招きます。その理由と解決策をご説明します。

薄毛(ハゲ)の心配、頭皮からパラパラ落ちてくるフケの悩み…。自分の頭に不安や悩みを抱えていると「頭皮が不潔だからではないか」と思いこんで、つい頭を洗いすぎる人もいるかもしれません。ですが、髪や頭皮のために行なっている洗髪が、逆に頭皮に悪影響を及ぼす可能性があります。
髪の洗いすぎがなぜ悪影響になるのかを解説し、頭皮を清潔に保つ適切な方法をご提案します。

洗いすぎは乾燥や薄毛(ハゲ)につながる!

頭皮を適切な状態に保つには、適したシャンプー、適した頻度で洗うことが大事です。シャンプー剤や頻度が自分に合わないと、かゆみやフケといった頭皮トラブルを引き起こします。これらの症状は悪化してやがて髪が生えにくい頭皮をつくり、薄毛の原因になります。
まずは、髪の洗いすぎでどんな問題が起こるかを解説します。

乾性フケの原因

フケが発生すると「洗い方が良くないからフケが出ているのだろう」と思いこみ、シャンプーで長時間洗ったり、一度の入浴で2回シャンプーしたり、朝晩でシャンプーしたり…とシャンプーを重点的に行ないがちです。このとき、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていると頭皮の皮脂を落とし過ぎ、皮脂がもつ頭皮の保護機能を失うことになります。皮脂は頭皮を保湿する役割もあるので、皮脂不足の頭皮は乾燥し、乾燥した頭皮は角質が剥がれ落ちやすくなります。この剥がれ落ちる角質が「乾性フケ」です。

また頭皮の血行不良も、頭皮を乾燥させて乾性フケを発生させることがあります。

乾性フケが薄毛につながる理由

血行不良の状態では体の隅々まで血液がうまく行き届かなくなります。髪の毛は血液中の栄養素を材料に作られているので、血行不良は頭皮の栄養不足に、そして髪が弱々しく育つことにつながります。健康な状態の髪よりも抜けやすくなり、問題が続くと薄毛状態のきっかけにもなります。

また、頭皮の乾燥はかゆみを伴うため日中や寝ている間に頭皮を引っ掻いてしまい、その際に頭皮についた傷が炎症となって、抜け毛を引き起こすことがあります。

薄毛を予防するためには乾燥した頭皮への保湿、そして血行改善が必要です。

皮脂量の増え過ぎも薄毛を招く

「頭皮が乾燥しないよう、シャンプーしなければ皮脂を残せるのではないか」と考えるかもしれませんが、その場合は皮脂が大量に余り、やはりトラブルを起こします。頭皮の皮脂は適切なバランスを保つことが大切で、皮脂が多い状態はベタベタと湿っぽい「脂性フケ」や、不衛生が原因のかゆみを引き起こします。

また、乾性フケの原因のひとつであった「髪の洗いすぎ」が、乾燥ではなく皮脂量を増やすこともあります。

洗いすぎでなぜ皮脂が増えるのか

シャンプー

体は皮脂の量を調節する機能をもっています。シャンプーで皮脂を落としすぎた場合、体が「頭皮の皮脂が足りない」と判断し、皮脂をいつもより多く分泌して補おうとします。結果的に皮脂は必要以上に多くなります。「こまめに髪を洗っているのにすぐ頭がベタベタになる」という人は、皮脂の落としすぎが原因で皮脂が増えている可能性があります。

皮脂増加が薄毛につながる理由

皮脂には外部の刺激から頭皮や髪を守る役割、そして頭皮の常在菌の量をコントロールする役割があります。皮脂が多い状態では調節がうまくいかず、常在菌が異常繁殖して炎症やかゆみの症状を引き起こします。炎症は毛根にダメージを与え、抜け毛を増やす原因となります。

1日何回の洗髪が適切かをチェックする方法

皮脂の量を適度に保てるよう、髪を洗う適切な頻度を見極める方法をご紹介します。

1.頭皮に乾燥した感覚がないか

頭皮を指で触り、湿りぐあいを確認します。適度な湿り気があるなら健康な頭皮ですが、湿り気が感じられない、あるいはカサカサと乾燥しているならば、皮脂不足で乾燥した状態です。1日1回のシャンプーで充分ですし、それでも頭皮が乾燥しているならシャンプーの方法やシャンプー剤の見直しが必要です。

2.入浴後1~2時間で頭皮がベタつくか

入浴してシャンプーしたあと数時間も経たずにベタつきを感じるのは皮脂の分泌量が増えている証拠です。シャンプーで皮脂を落としすぎたために皮脂の過剰分泌が起きているので、洗浄力の強すぎない、マイルドなシャンプーに切り替えましょう。

3.起床直後に頭皮がベタついているか

朝、起きたときに頭皮を触ってみましょう。頭皮や髪に濡れたようなベタつきがあるなら、皮脂が多すぎる状態です。そのまま半日後の夜の入浴まで皮脂をため込んだままでは、頭皮が不衛生になります。皮脂の落としすぎに気をつけながら、1日2回のシャンプーに切り替えることをおすすめします。

髪の洗い方を見直す

1日2回髪を洗うなら、1回はお湯すすぎのみに

皮脂のベタつきが強く1日に2回髪を洗いたい人は、1回はシャンプーを使わずにお湯すすぎのみで洗浄しましょう。シャンプーを使わないことで皮脂の落としすぎを避けられ、ちょうどよい皮脂量を保てます。
シャンプーをするのは帰宅後・就寝前の入浴時が適切です。外出中に髪に付いた汚れやホコリ、スタイリングに使った整髪料を落とさないと頭皮の毛穴詰まりや炎症の原因になります。シャンプーで洗い、きれいにしたあとで眠る習慣をつけましょう。

朝専用のシャンプーを使う

ヘアケア用品

朝に髪を洗う際、お湯すすぎではなくシャンプーを使える方法もあります。朝専用のシャンプーは皮脂の落としすぎが起こらないよう洗浄力を抑えられています。

たとえばスカルプD モーニング 炭酸ジェットスカルプシャンプーは、寝汗をすっきりさせて一日をスタートするのにおすすめのシャンプーです。シャンプーとコンディショナーの一体型になっていて、忙しい朝でも手早く頭を洗えます。ジェット噴射による爽快感もあって、目を覚ますのにもピッタリなシャンプーです。

やさしい洗浄力ですが、しっかりと髪や頭皮を洗えるので、ほどよい皮脂量を保てます。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD モーニング 炭酸ジェットスカルプシャンプー

通常価格:2,500円(税込)
内容成分:「ココイルグルタミン酸TEA」「グリチルリチン酸2K」「豆乳発酵液」など
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。朝の洗髪用として開発されたシャンプーであり、炭酸ジェットで睡眠中の皮脂と汗を除去します。

シャンプーと洗い方を見直し頭皮環境を改善

シャンプーの頻度や洗い方、適したシャンプーを使っているかどうかは、頭皮の健康状態を保つためにとても重要な要素です。皮脂が気になる人も、洗いすぎが気になる人も、まずは自分の皮脂が多いのか少ないのかをチェックしましょう。それに合わせてシャンプーや洗い方、洗う頻度を変えることで、頭皮トラブルは改善できます。

まずは日中、入浴後、起床時の頭皮の状況を自分でチェックし、皮脂分泌の状態を把握することから始めましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!