ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年6月20日

更新日:2018年9月6日

泳ぐ人の髪の毛が茶色くなる3つの原因 薄毛(ハゲ)になる危険も!?

泳ぐ人の髪の毛が茶色くなる3つの原因 薄毛(ハゲ)になる危険も!?

海水浴やプールに通うと、なぜ髪の毛が茶色くなるの?原因と対策を解説します。

カラーリングもブリーチもしていないのに髪の毛が茶色くなるのは、髪の毛がダメージを受けた結果と考えられます。ダメージの影響は髪の色の変化だけではありません。その状態を放置していると薄毛(ハゲ)のリスクも高まるのです。
髪の毛が茶色くなる3つの原因と、対策法を解説します。

髪が茶色くなる原因とは

最初に、髪の毛が黒くなる仕組みを確認しましょう。
髪の毛は「メラニン」という色素によって黒くなります。メラニン色素にはユーメラニン(濃い褐色)とフェオメラニン(黄色)の2種類があり、これら2つの色素量のバランスによって髪の毛の色は変わります。日本人に黒髪の人が多いのは、ユーメラニンの量が多い人が多いためです。

変色し、茶色い髪に

もともとは黒かった髪が茶色くなるのは、髪の毛へのダメージが原因です。
髪の毛がダメージを受けると、まず表面層のキューティクルが剥がれます。キューティクルは髪の毛を保護する役割をもっており、剥がれるとその部分から髪の内部の水分やタンパク質が流れ出します。その結果、髪の毛はスカスカになり、ツヤも失われます。その結果、色が薄くなり、髪が茶色く見えてしまうのです。

髪の毛がダメージを受ける要因は多くありますが、とくに髪を茶色くしやすいもの3つについてくわしく解説します。

1.紫外線と海水の影響

マリンスポーツが好きで泳ぐ機会が多い人は髪がダメージを受ける機会も多くなります。紫外線も海水も髪と頭皮にダメージを与え、更に薄毛(ハゲ)にもつながります。

紫外線と海水がもたらすダメージ

海

日光に晒された肌が日焼けするように、髪の毛も日焼けします。日焼けの原因は日光に含まれる紫外線で、髪が紫外線を浴び続けるとキューティクルが剥がれやすくなり、パサつきやすくなります。また、紫外線にはメラニンを分解する作用もあるため、日光を浴び過ぎた髪の色は茶色くなりやすいのです。
髪の毛や頭皮は日光が直撃しやすい位置にあるため、「顔の3倍以上の紫外線を浴びる」との説もあるほど日焼けの影響を受けやすい部位です。

マリンスポーツの場合、日光だけでなく海水の影響にも注意が必要です。
海水に多量に含まれた塩分は、日光でキューティクルが剥がれた髪の毛から水分を奪いますし、頭皮にもダメージを与えます。海水は弱アルカリ性であり、ふだんは弱酸性を保っている頭皮をアルカリへと傾けます。すると、弱酸性の状態では数が一定に抑えられていた常在菌が繁殖しやすくなり、加えて海水中の微生物や雑菌も頭皮に付着して、頭皮は不衛生な状態となり、かゆみやフケといった症状が発生します。

日焼け対策と洗髪で対策を

紫外線と海水によるダメージへの対策方法は、日焼け予防と洗髪です。
帽子やスイムキャップをかぶり、日陰で休んで、直射日光をできるだけ浴びないことで紫外線から髪の毛を守りましょう。UVカットのスプレーをこまめに使えばさらに効果的です。

海水への対策としては、海から出たあとに髪を丁寧に洗いましょう。髪をすすぐことで海水の塩分を取り除けます。塩分で髪がゴワゴワになったときはコンディショナーを使って髪をケアしましょう。コンディショナーの成分が髪を覆い、水分やタンパク質の流出を防げます。

2.塩素の影響

「海水が悪影響の原因ならば、プールで泳げば問題ないのか」というと、そうとは限りません。プールには水質管理のために多量の塩素が含まれているからです。

塩素による髪の脱色

プールで泳いだあと、髪がゴワゴワしていると感じたことはありませんか。塩素は髪のキューティクルを溶かす作用があり、髪には大きな負担です。
また、塩素には漂白作用があります。塩素が髪に付着した状態が何時間も続くと、髪の毛の色は薄くなり、茶色に近づきます。

スイムキャップで塩素を防ぐ

ゴーグルと水泳帽

プールの塩素から髪を守るにはスイムキャップをかぶりましょう。スイムキャップはシリコン製のものとナイロン製のものに大きく分かれますが、ナイロンのスイムキャップはかぶりやすい反面、水を通しやすく、塩素から髪を守るのには適していません。シリコンのスイムキャップは引っかかってかぶりにくいかもしれませんが、水を通さないためプールの水から髪を守れます。なお、力任せにかぶって髪に引っ張るような負荷がかからないよう注意してください。

・プールでもすすぎは重要

シリコンのスイムキャップを使用しても、ある程度の水は髪の毛につくものです。雑なすすぎ方では塩素が髪に付着したままの状態が続いて髪の色が薄くなるため、プールから出たあとはシャワーでしっかりと髪をすすぎ洗いしましょう。また、プールから出たあとには、海水への対処と同様にコンディショナーでのヘアケアが効果的です。

3.ストレスの影響

髪の色とストレスは、実は非常に深いつながりがあります。ストレスが髪の毛にどのように影響するのでしょうか。

ストレスが髪の毛の色を薄くする

人はストレスを感じると、血管が収縮します。髪の毛は血流を介して栄養を受け取って成長しているため、血管の収縮は血行不良を招いて髪の毛への栄養供給量を減らし、髪の成長、そしてメラニン色素の生成を滞らせます。

メラニン色素は「メラノサイト」という細胞が血液からチロシンを受け取って作り出すものです。血行不良によりチロシンの供給も少なくなり、メラノサイトはメラニン色素を作れなくなります。結果として髪の色は次第に薄くなり、茶色に近づきます。

ストレスの元を取り除いて予防

人がストレスを感じる要因は多岐にわたります。仕事、人間関係、運動不足、寝不足など原因によって対策方法も変わります。

  • ストレスを感じたらその要因を見つけ、解決や軽減をめざす
  • ストレスを解消できる方法を見つけ、溜めこまずに発散すること

この2つを基本方針としてください。

たとえば仕事がつらくストレスを感じているからといって「仕事をやめてストレスをなくします」というわけにもいきません。ストレスを軽減できる趣味や知人との交流などで発散し、気持ちを新たに仕事に向き合うのが適切です。
また、寝不足なら質の高い睡眠をとれるよう工夫すること、運動不足なら適度な運動の習慣づけを心がけましょう。とくに運動には血行促進効果があるので、血行不良を改善しながらストレスを軽減できるのでおすすめです。

茶色くなった髪の毛は黒くならない

いちど頭皮から先まで伸びた髪の毛は「死滅細胞」であって自己修復機能はなく、一度ダメージを受けたら元通りになることはありません。ですから紫外線や海水、塩素やストレスなどで傷み、茶色くなった髪が黒くなることはありません。

そこで、「なぜ髪が茶色くなったのか」「自分にはどの原因があてはまるのか」を突き止め、改善策をとることでこれから生える黒い髪が茶色くならないよう、そしてダメージを受けないように気遣い、ヘアケアの習慣づけを心がけましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!