ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年5月24日

更新日:2018年9月5日

シャンプーボトル

アミノ酸シャンプーはリンス不要?リンスの役割について知ろう!

アミノ酸シャンプーでも髪の保護のためにリンスは必須です。リンスの役割をご紹介。 ネット上の口コミ情報では「アミノ酸シャンプーがあればリンスが不要」という声もあるようですが、その理由は高級アルコール系シャンプーとアミノ酸シャンプーの洗浄力の違い、その結果の洗いあがりの違いにあるのでしょう。 さて、アミノ酸シャンプーで洗うなら本当にリンスは不要なのか、また、リンスの本来の役割についてご説明しましょう。

リンスは必要です!リンスの重要な役割

リンスの役割について知るために、まずはリンスの前のシャンプーについておさらいしましょう。 シャンプー市場の主流となっている高級アルコール系シャンプーは、洗浄力がかなり強く、髪に含まれる油分をほとんど洗い流します。その際に、頭皮や髪に必要な皮脂まで洗い落とすことがあるため、洗ったあとの髪は油分がなくゴワゴワした感触の悪い状態になりがちです。それを改善するため、髪の指通りをよくするはたらきのあるリンスが使われていました。 一方、アミノ酸シャンプーは適度な洗浄力を持ち、必要な皮脂を頭皮に残しながら、汚れをしっかり洗えます。洗ったあとの髪はしっとり仕上がります。 そのためか、「アミノ酸シャンプーならリンスはいらない」と思う人も多いようです。ですが、リンスの役割は髪の指通りをよくすることだけではありません。むしろ感触が良くなるのは副次的な効果で、本来はキューティクルの保護がリンスの重大な役割です。

キューティクルって何?

頭 人の髪は、毛根から毛先に向かって張りついたうろこ状の保護層、キューティクルで守られています。キューティクルは汚れやホコリが髪につきにくいようにして、また髪の内側の水分や栄養素が外に逃げるのを防げます。 キューティクルは紫外線のダメージ、またカラーリングやパーマなどによる髪の傷みで剥がれることがあります。一度剥がれたキューティクルは元通りに治ることはありません。髪を保護するキューティクルのはたらきが失われることで、傷んだ髪はさらに状態が悪化しやすく、切れ毛や抜け毛の原因となります。 「髪を守る役割をもつキューティクルをいかに大事にケアするか」が髪を健康に保つポイントになるわけです。

リンスによるキューティクルの保護

リンスは油分で髪をコーティングして外部のダメージから守り、また栄養素や水分が外に逃げるのを防ぐはたらきがあります。つまり、キューティクルと同じ役割です。健康な髪であればその状態を維持し、またキューティクルが剥がれた髪ではキューティクルの代役を務めます。 なお、リンスした髪の指通りが良くなり、ツヤが出るのは油分でのコーティングによる結果です。

リンスとコンディショナーの違い

さて、リンスとよく似た「コンディショナー」についても確認しましょう。 実のところ、「リンスとは、コンディショナーとは」を明確に定める基準はなく、メーカーによってリンスとコンディショナーの定義はさまざまです。リンスもコンディショナーも、髪を油分でコーティングしてキューティクルを保護する役割を担っています。多くの商品に共通する傾向から「リンスよりもコンディショナーのほうが保護や保湿の効果が高い」とは言えますが、大きな違いはありません。

コンディショナー登場までの流れ

実はリンスとコンディショナーを分けているのは日本だけで、海外ではコンディショナーで統一されています。 「なぜそうなったのか」はリンスの登場から時間を追って確認するとわかります。 シャンプーといえばほとんどが石鹸シャンプーだった時代に、シャンプー後の髪のごわつきやきしみを改善するものとしてリンスが登場しました。石鹸シャンプーよく起こる、石鹸カスが残る問題も解決するために、すすぎやすいように作られているのも特徴です。 なお、「リンス」の名称は英語のrinse(すすぐ)という言葉から名付けられたものです。 1980年代頃には石鹸系シャンプーよりも高級アルコールシャンプーが広く普及し、主流になりました。石鹸カスが残る心配は少なくなったため、すすぎやすさよりも髪の保護・保湿の機能を高めたものが求められるようになり、その頃から多くのメーカーが商品の名称を「リンス」から「コンディショナー」へと変更しました。
  • 名称は違うが両者に大きな役割の違いはない
  • すすぎやすいのがリンス、保護・保湿能力が高いのがコンディショナー
おおむねこのように捉えてよいでしょう。

アミノ酸シャンプーと併用したいコンディショナー

アミノ酸シャンプーで髪を洗ってもリンスは使うべきで、リンスとコンディショナーはほぼ同じものであることがわかりました。では、アミノ酸シャンプーと一緒に使うと効果的なコンディショナー(リンス)はどんなものでしょうか。 確実で、わかりやすいのが「アミノ酸シャンプーと同じシリーズのコンディショナーを使う」方法です。アミノ酸シャンプーとの併用を前提にしているのですから、アミノ酸シャンプーとの相性は良いでしょう。 スカルプD パックコンディショナーはアミノ酸シャンプーであるスカルプD スカルプシャンプーとの併用を推奨しているコンディショナーです。 髪の保護と保湿の効果が高いグリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体を含んでおり、コンディショナーの主な役割を十二分に発揮するでしょう。 また、髪だけではなく頭皮のケアにも最適です。スカルプD パックコンディショナーは頭皮にもうるおいを与えて保湿することで、頭皮の血行を促進し、髪が育ちやすい頭皮環境を作ります。 髪の保護・保湿とともに育毛を促進し、これから生えてくる髪を傷みにくく、よりたくましくします。 シャンプー後の髪の感触を高めたい人、育毛や薄毛対策を意識したい人はぜひ使用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめのコンディショナー】

スカルプD パックコンディショナー[医療部外品]

スカルプD パックコンディショナー

通常価格:3,900円(税込)

有効成分:「アラントイン」「酢酸DL-a-トコフェロール」「グリチルリチン酸2K」

商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。1gで500mlペットボトル約16本分の保湿力を誇るといわれているシロキクラゲ成分を配合しています。

 

健康な髪を保つためにリンス、コンディショナーは必須

リンス、コンディショナーは髪を油分でコーティングして髪を保護し、保湿します。髪の指通りや感触がよくなり、ツヤを出すはたらきもあります。 アミノ酸シャンプーは適度に皮脂を落とすため洗いあがりの髪をしっとりと保てる特徴がありますが、それでもリンスは省かずに併用しましょう。リンスはホコリや紫外線といった外的ダメージから髪を守るためにも必要なものです。健康な髪を保つためには欠かせません。 将来、抜け毛や切れ毛で困らないよう、日々のヘアケアを大切にしましょう。 笑顔の男性

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!