ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年5月24日

更新日:2018年9月5日

抜け毛

育毛するならリンスは厳禁!?抜け毛対策ならコンディショナー、の理由

リンスのとある性質が、育毛には邪魔になるとの説が…!理由を具体的にご説明します。 リンスには髪の毛を守るという役割があるものの、扱い方によっては育毛の邪魔をする可能性が高いことをご存知でしたか?  リンスの基礎知識からおさらいし、育毛に向かない理由、コンディショナーを使うべき理由をお伝えしましょう。

リンスの基礎知識

リンスの唯一の役割

リンスの役割は、髪の毛をコーティングして外的刺激から守ることです。 髪の毛はもともと、頭皮が分泌する皮脂でコーティングされます。皮脂には頭皮を保護する役割があるのですが、髪の毛を守る役割もあるのです。 入浴時のシャンプーによって髪の毛の皮脂が洗い流されるため、直後にリンスでコーティングする、と考えるとわかりやすいでしょう。

■リンスの長所

  • 髪の毛を覆い、外的刺激から守る
  • 保湿効果がある
  • 髪の毛のさわり心地や指通りがよくなる

■リンスの短所

  • 頭皮につくと問題がある
  • 髪の毛に栄養を与える効果はもたない
「リンスを使うと髪自体がなにか良くなる」という勘違いをしている人もいるようです。髪を保護・保湿する役割はありますし、さわり心地を改善するのでそのような誤解が起こりがちです。実態は、リンスは保護して守るもので、髪の状態をよくするものではありません。 また、頭皮についてすすぎ残しがあると頭皮の肌荒れなどのトラブルにつながる可能性があります。シャンプー同様、リンスのあとは念入りなすすぎが欠かせません。

リンスが育毛志向の人に向かない理由

男性 リンスは髪を保護する、つまり今ある髪を大事にすることでもありますから育毛の観点でも決して悪いことではありません。ただ、ひとつ問題があります。育毛剤との併用に向いていないのです。

意外な結論⁉育毛剤とリンスの相性

リンスの使い方が悪いと、頭皮にリンスがつき、またすすぎ残しが起こりがちです。この状態が望ましくないことは誰にとっても同じですが、育毛剤を使いたい人にはとくに問題です。本来、皮脂同様に髪の毛を守る役割をもつリンスが頭皮に付着していると、頭皮を皮脂同様に覆って邪魔をするため、育毛剤の成分浸透が期待できなくなるのです。成分を浸透させてこその育毛剤ですから、リンスのすすぎ残しがあると本来の効果は得られないでしょう。

リンスを使う際の注意事項

頭皮への付着とすすぎ残しが問題であることを確認した上で、リンスの際に避けるべきポイントを再確認しましょう。

・頭皮に直接つけない

とくに意識してほしいのはリンスのつけ方です。リンスは毛先から毛の中央部くらいまでにつけ、髪の毛の根元にはつけないことを心がけましょう。

・1円玉くらいの大きさが適量

また毎回適量のみ使うことも守りましょう。髪型や長さにもよりますが平均で考えて、男性が使うリンスの量のめやすは手のひらに1円玉くらいの大きさで充分です。多めにとると頭皮につく、余ったリンスが髪を伝って頭皮に流れ落ちる、またすすぎ残しが起こるといった問題につながるもとです。 リンスは「たっぷりつければそのぶん効く」というものではありません。適量のみをつけてしっかりすすぐことが最も効果的な使い方です。

最適なのは頭皮にも使えるコンディショナー

リンスは髪の毛をコーティングする以外の利点はなく、育毛への貢献度合いは低いのが難点です。これに比べてスカルプケアに特化したコンディショナーなら、育毛につながる要素があります。

リンスよりコンディショナーが優れている点

コンディショナーは髪の表面に保護膜を張って髪を外的刺激から守ります。これはリンスにもあった利点ですね。ただ、コンディショナーのほうが手触りや指通りをよくする効果では優れています。入浴後の髪にきしみやゴワつきを感じる人にはとくに、コンディショナーへの切り替えをおすすめします。

スカルプケアのコンディショナーなら頭皮につく心配も不要

洗髪 「リンスは頭皮につくと問題、すすぎ残しが頭皮にあると問題」とくりかえしお伝えしてきましたが、スカルプケア(頭皮のケア)を考えたコンディショナーならば、その問題はほぼ解決します。 スカルプD パックコンディショナーは、乾燥やベタつきなど頭皮に関するさまざまな悩みにアプローチするコンディショナーです。いくつかの特長がありますが、ここで注目したいのはうるおい成分の浸透です。頭皮の皮脂をコントロールするには保湿が重要なため、うるおいを与える成分を配合し、頭皮の角質層まで成分を浸透させるようできています。つまり、「頭皮につくと問題」のリンスと違って「頭皮につけて浸透させるためのコンディショナー」なのです。 うるおい成分だけでなく、頭皮を炎症などのトラブルのない、衛生的な状態に保つための成分も配合しています。パックコンディショナー使用後は頭皮と髪が、いわば「きっちり整った状態」になりますので、そのあと育毛剤を使うのには最適です。 髪のボリュームが気になる人、ハリやコシが衰えたと感じる人、乾燥や炎症、ベタつきなど頭皮のトラブルを抱えやすい人、そして使っているリンスに物足りなさを感じる人にはぜひ選んでいただきたいコンディショナーです。

 

【おすすめのコンディショナー】

スカルプD パックコンディショナー[医療部外品]

スカルプD パックコンディショナー

通常価格:3,900円(税込)

有効成分:「アラントイン」「酢酸DL-a-トコフェロール」「グリチルリチン酸2K」

商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。1gで500mlペットボトル約16本分の保湿力を誇るといわれているシロキクラゲ成分を配合しています。

 

育毛を考えるならリンスからスカルプケアのコンディショナーへ切り替えを

リンスは髪をコーティングして保護し、髪の手触りをよくする効果があります。ただ、頭皮についた場合、またすすぎ残しがある場合にはフケや炎症などのトラブルにつながるうえ、育毛剤の成分浸透の妨げにもなり、育毛に積極的に取り組んでいる人には不向きです。 リンスの際は適量のみを使うこと、毛先中心につけて決して頭皮につけないことを常に心がけましょう。 一方で、頭皮のケアを考えたスカルプケアのコンディショナーなら、この問題は解決します。スカルプD パックコンディショナーはリンス同様に髪のコーティング機能もありながら、頭皮への成分浸透を主な目的とするものです。ですからリンスのように細心の注意を払って頭皮につくのを避ける必要もなくなり、むしろ頭皮にしっかりつけて使えます。 頭皮の状態を改善するための成分も豊富に含んでおり、育毛剤を使う前の「下地作り」には最適なアイテムです。 育毛に積極的な人、今より髪と頭皮の健康に配慮したい人は抜け毛対策の新たなサポートアイテムとして是非選んでください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!