ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年5月18日

更新日:2018年9月5日

薄毛の男の人

育毛剤にアルコール成分が必要な5つの理由

肌への刺激が強いエタノール。育毛剤によく含まれている理由を調べました。

アルコールは肌への刺激になる成分ですが、ほとんどの育毛剤に含まれています。育毛剤を使う際、刺激が頭皮に悪影響を及ぼす可能性はないのでしょうか。
アルコールが育毛剤に含まれている理由、頭皮に与える影響について明らかにします。

育毛剤に含まれるアルコール

育毛剤に含まれているアルコールは主にエタノール、無水エタノールです。

エタノールとは

エタノールはアルコールの一種で、「エチルアルコール」とも呼ばれます。殺菌消毒効果に優れ、掃除にもよく使われます。殺菌効果から食品に添加物として使われることもあります。
お酒もエタノールの一種です。

・エタノールと無水エタノールの違い

日本ではエタノールを99.5%以上含む、濃度の高いものを無水エタノール、濃度95.1~96.9%のものがエタノールと定義しています。なお、濃度76.9~81.4%のものは消毒用エタノールに分類されます。
エタノールは雑菌繁殖の抑制や、皮脂の清涼感を高めることを目的によく使われています。無水エタノールは主に成分同士を混ぜることを目的に、材料として使われます。

育毛剤にアルコール成分を入れる5つの理由

育毛剤に配合されたエタノールは様々な、育毛剤に欠かせない役割を果たします。代表的な5つを確認しましょう。

理由1.雑菌繁殖の抑制

多くの育毛剤は天然成分を多く含んでいます。天然成分は品質の劣化が早く、そのままでは使用期限がかなり限定されるため、殺菌作用があるエタノールを配合し、成分の効果を長持ちさせて、育毛剤の使用可能期間を延ばします。

理由2.頭皮の殺菌

頭皮のかゆみやフケの原因は、主に頭皮での雑菌の繁殖です。分泌される皮脂量が多いと、菌はそれをエサに異常繁殖してかゆみやフケを引き起こします。
アルコール入りの育毛剤は殺菌効果によって頭皮の菌を減らし、かゆみやフケの症状と原因両方を解決します。

理由3.皮脂の分解

アルコールの洗浄作用は毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くためにも役立ちます。シャンプーで落としきれなかった、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除きます。
育毛剤は成分を頭皮に浸透させるためのものですから、毛穴詰まりの状態では効果も半減します。そこでアルコールの洗浄作用を活かして毛穴詰まりを解消し、育毛剤がより効果を発揮しやすい状態に導きます。

理由4.使用時の清涼感

液体は蒸発するときに周囲の熱を奪います。アルコールは非常に揮発性が高い(蒸発しやすい)ため、肌に使うと熱を奪った肌にひんやりした感覚を与えます。育毛剤を使ったあとに清涼感があるのは、アルコールが揮発して頭皮の温度が下がるためです。

理由5.可溶化

アルコールには水に溶けにくい成分や香料などを溶かし、均一な溶液にする「可溶化」の作用があります。育毛剤に配合された多くの成分が分離せずに済むのは、アルコールの可溶化作用によるものです。

育毛剤のアルコールによる問題は?

育毛剤

育毛剤に含まれたアルコールは様々な役割を果たすことがわかりましたが、アルコールの使用が問題になるケースはないのでしょうか。

頭皮に傷や炎症があるときは使用を避ける

エタノールはアルコールの中でも毒性が低く、安全性が高いものです。健康な肌であれば、皮膚に大きな問題を与えることはありません。

ただ、頭皮に炎症が起きたときや傷があるときには、アルコールを含むものを使うのは要注意です。傷がある頭皮にアルコール入りの育毛剤を使うと、傷口の細胞にダメージを与えるためです。

アルコールの殺菌消毒作用は、「人に有益なものは残し、害のあるものを殺菌する」という都合のいい機能ではありません。たとえばひざをすりむいたときに傷口周辺の雑菌が侵入しないようアルコール消毒を行ないますが、その際、アルコールは人体の細胞にまで攻撃を加えています。過度な消毒は傷の治癒を遅くします。ふさがりかけた傷口にアルコールを使ったためにしみるような強い痛みを感じ、傷口の状態も少し戻った、という経験がある人もいるかもしれません。

頭皮でも同じです。傷がある頭皮にアルコール入りの育毛剤を使うと、傷が治るのを遅くし、一時的に悪化することもあります。炎症や傷があるときは、アルコール入りの育毛剤の使用は充分に気をつけなければなりません。絶対に患部にあたらないなら使ってもよい、と言いたいところですが、痛みや赤みなどの自覚症状がある部分以外でも炎症が起きていることもあります。治るまで使用を控えましょう。

アルコール入り育毛剤が向いていない人

スーツの男性

アルコール入りの育毛剤は安全性が高いものの、使用が向かない人もいます。

アルコールにアレルギーのある人

アルコールを含むものを肌に使うと荒れる、トラブルが起きる人がいます。パッチテストで確認しましょう。

・育毛剤のパッチテスト方法

使用の前々日から前日までに行ないます。初めて購入した育毛剤は使用前に試すことをおすすめします。
パッチテストでアレルギー反応が出た場合は、使用を避けましょう。

  1. 育毛剤を二の腕の内側に2~3滴ほど垂らす
  2. 上から絆創膏を張る
  3. 24~48時間放置する
  4. 時間が経過したら絆創膏を剥がし、赤みやかゆみ、腫れがないか確認する

乾燥肌の人

アルコールには皮脂を分解する作用があります。乾燥肌の人はほとんどが皮脂不足のために乾燥しているため、アルコール入りの育毛剤を使うとさらに乾燥が強くなる可能性があります。
頭皮の乾燥は薄毛(ハゲ)の症状が進む一因です。アルコール入り育毛剤以外の育毛方法を活用しましょう。

パーマやカラーをしている人

アルコールには成分を溶かす作用があるため、髪に付着しているカラー剤やパーマ剤を溶かします。そのためパーマやカラーリングをしている髪に育毛剤を使うと、パーマやカラーの効果が落ちる原因になります。パーマやカラーを長持ちさせたいのなら、アルコール入りの育毛剤は避けましょう。

アルコール成分は育毛剤の重要な役割を果たす

エタノールは育毛剤の効果にもかかわる、重要な役割を果たします。

  • 雑菌繁殖の抑制
  • 頭皮の殺菌
  • 皮脂の分解
  • 清涼感の向上
  • 可溶化(成分同士を混ざりやすくする)

これらの機能や効果はエタノールによってもたらされているものです。

肌への刺激は強いエタノールですが、育毛剤の質を高めるために欠かせないものです。アルコールにアレルギー反応が出る人、頭皮に傷や炎症がある人、乾燥肌の人には使用は向いていませんが、これらの問題がない人は、育毛剤を使って育毛・薄毛予防を行ないましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!