ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年4月16日

更新日:2018年9月5日

コンディショナーを頭皮につけてはいけません!その理由は?

コンディショナーを頭皮につけてはいけません!その理由は?

髪には良いコンディショナーですが、頭皮につくといろいろな問題が起きます。具体的にどのようなトラブルが起こるのでしょうか。 コンディショナーが頭皮に与える悪影響と対処法、また頭皮についても問題ないタイプのコンディショナーについてご説明します。

コンディショナーとは

まずはコンディショナー自体について理解を深めましょう。よくある疑問、「リンスとコンディショナーの違いは?」に答えながらご説明します。

リンスとコンディショナー、それぞれの役割

リンスの特徴

リンスは髪のキューティクルを保護する役割をもっています。 シャンプーは髪についたホコリや汚れ、そして皮脂を落としますが、皮脂は元々髪の毛をコーティングして、外の刺激から守る役割をもっています。シャンプー後の皮脂がない髪は、いわば無防備で傷つきやすい状態なのです。そこで、シャンプー後のリンスで皮脂の代わりに保護をする、というわけです。 リンスのコーティング効果によって、使用後は髪の指どおり、さわり心地もよくなります。

コンディショナーの特徴

一方のコンディショナーは、髪の毛に良い成分を含んでいます。髪の毛は成長するうちに栄養分や構成成分が失われがちなので、コンディショナーは髪の毛に成分を与えて補修する役割を担っています。ですから、パーマやカラーリングで傷んだ髪にはとくにコンディショナーが向いています。 多くのコンディショナーは、リンス同様にコーティングの効果ももっているのですが、大まかには「リンスは守る役、コンディショナーは成分を与える役」と考えてもよいでしょう。

コンディショナーが頭皮につくと…?

シャンプー中の男性 コンディショナーに含まれているのは髪の毛に良い成分なのですが、頭皮に付着すると問題があります。 具体的には、頭皮にかゆみを感じたり、ときには痛みを感じたりすることもあります。 かゆいからつい頭皮を指や爪でかいていると、頭皮を保護している皮脂や表面の薄い皮膚をかきやぶり、そのあとの入浴時にコンディショナーが頭皮につくと中に入ってさらに深刻な事態になりかねません。 かなり厄介な問題ですが、解決法自体は簡単です。コンディショナーをつけたあと、念入りにすすいでしっかり落とせばよいのです。 それでは、コンディショナーの使い方を確認しましょう。

コンディショナーの正しい使い方

コンディショナーはシャンプーをして、しっかりすすぎ終えた髪に使います。

コンディショナーの手順

  1. 手に取ったコンディショナーを数回に分けて髪につける。 まずは毛先を、続いて中間あたり、と2回ほどに分けてなじませます。 一度に手にとった量を髪全体につけようとすると、最初の部分にばかり多めにつくので、少量を手にとっては髪につける、を数回に分けて行ないます。
  2. むらがないよう、全体になじませる ついていない部分が残らないよう、髪の毛全体を手ぐしですいて、しっかりとコンディショナーをなじませます。
  3. ぬるま湯ですすぐ 温度の高いお湯は頭皮に負担をかけます。33~34度ですすぐのが理想的です。必ず40度未満に設定しましょう。
  4. 髪の毛がぬるぬるしなくなるまですすいだら終了 「髪に成分を与えるものだから」と、髪にぬめりが残った状態ですすぎを終わらせるのは誤りです。流れる水も触った髪の感触もぬるぬるしなくなるまですすぎます。

乾かすときの注意点

入浴後はタオルドライをして水分をとり、ドライヤーでしっかり乾かします。なお、ドライヤーの温風は非常に高温で、吹き出し口付近では100度を超えています。ドライヤーを頭皮と髪から最低でも15cm、できれば20cmは離して使いましょう。 髪のすぐ近くでドライヤーを使ったり同じ部分に長時間あてたりすると、頭皮のやけどや、髪の毛の熱変性(タンパク質が高温で状態が変わること)の原因になります。

「頭皮にも良いコンディショナー」もある!

コンディショナーの本来の目的は髪の毛のダメージ補修であり、頭皮につくとトラブルの原因になるものです。ですが、ごくわずかながら、頭皮の保護にも目を向けたコンディショナーもあります。 つまり、「頭皮についても問題ない」どころか、「頭皮にもつけたほうがよいコンディショナー」です。 スカルプD パックコンディショナーは、髪の毛によい成分を与えると同時に、頭皮によい成分を頭皮に与えて浸透させることで、頭皮と髪を健康的な状態に導きます。 当たり前のことですが、髪は頭皮から生えて成長するものです。頭皮のケアを意識したコンディショナーを使えば、いまある髪を大事にするだけでなく、これから成長する髪をしっかりと活力のあるものにすることを期待できます。 頭皮と髪の毛を外部の刺激から守り、元気な髪を育てたい人におすすめのコンディショナーです。

【おすすめのコンディショナー】

スカルプD パックコンディショナー[医薬部外品]

コンディショナー

通常価格:3,900円(税込)

有効成分:「アラントイン」「酢酸DL─α─トコフェロール」「グリチルリチン酸2K」

商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。1gで500mlペットボトル約16本分の保湿力を誇るといわれているシロキクラゲ成分を配合しています。

傷んだ髪によい成分を与えるコンディショナーを活用しよう

ヘアケア用品 コンディショナーは髪に良い成分を与えるもので、髪が傷んだ人には欠かせないアフターケアです。ですが頭皮についた場合は頭皮の炎症やかゆみといった症状が起きるため、しっかりすすぎ落とす必要があります。髪がぬるぬるしなくなるまで、34度程度のぬるま湯で念入りにすすぎましょう。 ただし、スカルプD パックコンディショナーは頭皮を保護する効果もあるため、頭皮につかないよう細心の注意を払う必要はありません。 また、コンディショナーで補修したばかりの髪をすぐに傷めることのないよう、入浴後のドライヤーは20cmほど離して、短時間で済ませることを心がけましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!