ヘアケア・育毛 ヘアケア・育毛

ヘアケア・育毛

公開日:2018年4月16日

更新日:2018年9月5日

ドライヤーの温風と冷風を使い分けて効果的に髪と頭皮を乾かそう!

ドライヤーの温風と冷風を使い分けて効果的に髪と頭皮を乾かそう!

入浴後、ドライヤーで髪を乾かしていますか? 髪がかなり短めですぐ乾く人でも、ドライヤーでの乾燥は必要不可欠です。なぜなら、髪に水分が残った状態はさまざまな理由で薄毛の原因になるからです。 ただし、ドライヤーでの乾かし方も適切に行わないとやはり薄毛の原因になりかねません。 ドライヤーで髪を乾かすことの必要性をご説明し、正しいドライヤーの使い方を伝授します。

髪を自然乾燥させると…こんな問題が

・体温が下がる

水分は蒸発する際に頭皮の熱を奪います。髪と頭皮の水分を乾くまで待つということは、頭皮の熱を下げ、体温を下げることと同じなのです。

・雑菌が増える

頭皮にある皮脂と水分とが混ざると、雑菌が増えやすい状態になります。雑菌が多い状態は不衛生ですし、雑菌は頭皮の炎症や悪臭の原因になります。

・キューティクルが剥がれる

髪の表面を覆い、外部の刺激から髪を保護する膜・キューティクルは濡れた状態では剥がれやすい性質をもっています。キューティクルが剥がれると刺激に弱くなるだけでなく、髪の内側の水分や髪を構成する成分のタンパク質などが流れ出る原因になります。 これらの問題点を避けるためにドライヤーでの乾燥が必要なのです。

ドライヤーの冷風を使うとさまざまなメリットがある

ドライヤーで髪を乾かすときは、うまく冷風を組み合わせることでさまざまなメリットが得られます。ドライヤーの冷風が髪にもたらす効果紹介します。

・髪のダメージが抑えられる

ドライヤーの冷風の最大のメリットは、開いたキューティクルを閉めることです。 キューティクルは水に濡れると松ぼっくりのように開いた状態になります。すると髪の内部がむき出しの状態になり、水分やタンパク質が流れ出て、髪質を低下させてしまいます。 また水分によって髪が膨らむと髪同士の摩擦が起きやすくなり、キューティクルが剥がれやすくなるという問題もあります。ドライヤーの冷風を当てることでキューティクルが引き締まり、余計なダメージを防ぐことができます。

・髪の指通りが良くなる

ドライヤーの冷風によってキューティクルが引き締まると、髪の表面がきれいに整って摩擦の抵抗が少なくなります。そのため、ドライヤーの冷風を使うと髪が絡まりづらくなり、指通りが良くなります。 髪の指通りを意識しすぎて髪を乾かす時にブラシで髪をとかしすぎると、余計な摩擦が加わって、かえって髪を傷つけてしまいます。指通りを良くしたいならドライヤーの冷風をうまく活用しましょう。

・ボリュームやクセが抑えられる

ドライヤーの温風は髪を素早く乾かす反面、ボリュームやクセがつきやすくなるという側面があります。そこで髪を乾かした仕上げに冷風を当てるとキューティクルが引き締まって、ボリュームを抑えることができます。 また、ドライヤーの温風は髪のクセを矯正するのに役立ちますが、温風のみではすぐに元に戻ってしまいます。髪には温度が下がることで形を維持するという性質があるので、冷風を当てて髪のかたちを固定することができます。髪のクセにコンプレックスがある人は温風と冷風を組み合わせましょう。

・ヘアスタイルをキープしやすくなる

ドライヤーの冷風を使うことでヘアスタイルを長くキープすることができます。身だしなみでヘアスタイルをセットする場合は、一度髪を濡らしてからドライヤーの温風を当ててブラッシングをして形を整えましょう。仕上げに冷風を当てることでキューティクルが引き締まり、ヘアスタイルが崩れにくくなります。 さらにヘアスタイルを長くキープしたいならドライヤーの後にワックスやスプレーなどをつけると良いでしょう。

・寝癖がつきづらくなる

濡れた髪のままベッドに入ると、キューティクルの開いた髪が枕やベッドに押しつけられるので、寝癖がつきやすくなります。お風呂あがりの際にはしっかりとドライヤーで髪を乾かして、冷風でキューティクルを閉じましょう。

ドライヤーは使い方を誤ると逆効果!

髪の毛 ただ「髪をドライヤーで乾かせばいい」というわけでありません。間違った方法ではむしろ薄毛(ハゲ)になるリスクを高めます。 間違った乾かし方の例とトラブルを具体的に挙げます。

NG例:髪にドライヤーを近づけて使う

ドライヤーを髪のすぐ近くまで使うのは非常に危険です。ドライヤーの温風は100~200度という高温です。髪や頭皮に近すぎると熱によるダメージや極度の乾燥、やけどの原因になります。

NG例:同じ場所に長時間温風をあてる

ある程度距離を離したとしても、ドライヤーの温風を同じ場所に長くあてると、頭皮の乾燥の原因になります。またすでに傷んだ髪の場合、髪の内側の水分も急激に失われます。

NG例:毛先だけを乾かす

髪が長めの人がよく陥りがちなトラブルです。髪の根元付近を乾かし足りないと頭皮に水分が残り、自然乾燥同様、雑菌が繁殖しやすい問題が解決しません。根元付近の髪が臭くなる、ベタつくのも問題ですし、また毛先は乾燥しすぎて水分不足になるという極端な状態になりがちです。

どうすればいい?正しいドライヤーの使い方とは

髪、頭皮に負担をかけずに乾かすための、正しいドライヤーの使い方をマスターしましょう! 髪を乾かすときの流れを追ってご説明します。

1.タオルで髪の水分を取る

ドライヤーを使う前に、タオルで髪の水分を取ります。 力を入れてゴシゴシと擦る必要はありません。力を入れても早く乾くことはありませんし、髪が絡まったり毛根に負担がかかって抜けたりする原因を増やすだけです。 タオルで髪を覆うように包んでから、ポンポンと軽く叩くように拭いて水分を取りましょう。長さがある人は髪をはさむようにすると毛先の水分をよく吸い取れます。

2.ドライヤーを髪の根元からあてて乾かす

頭皮の水分が蒸発して頭皮の温度が下がる問題を早めに解決するため、まずは根元から乾かし始めましょう。キューティクルは根元から毛先に向かうように表面を覆っているので、流れに沿って温風をあてることで、髪にツヤが生まれます。また根元からの熱が伝わって毛先も少し乾くので、時間短縮にもつながります。 根元がしっかり乾いてから、毛先もひととおり乾かしましょう。髪の水分が7~8割乾いたと思ったら次のステップに移ります。

3.冷風に切り替えて髪全体を乾かす

ドライヤーを温風から冷風に切り替え、髪全体に風をあてます。温風を浴びて髪の温度は上がっています。熱をもった状態が続かないよう、冷風をあてて温度を下げましょう。 キューティクルは温度が下がると引き締まる性質があるので、濡れて開いたキューティクルを再びしっかり髪を保護する状態に戻せます。

ドライヤー使用のポイント

  • ドライヤーは頭から20cmほど離す
  • ドライヤーの口を軽く振るように動かして使う(一箇所に温風を当てない)
  • 湿気の多い浴室や洗面所で乾かさない
とにかく近づけすぎないこと、できるだけ短時間で済ませることを意識しましょう。また、入浴後の浴室周辺は湿度が高くなかなか乾かないため、結果的にドライヤーを使う時間が長くなるもとです。少し離れるだけで、乾くまでの時間はかなり短くなります。 ドライヤーの熱はたしかに髪にダメージを与える危険性があります。ですが、正しく使えば問題を避けながら、濡れたままの髪で起きるトラブルを解消できます。

ドライヤー後のケアで薄毛予防を

薄毛 抜け毛や薄毛が気になる人は、ドライヤーで髪をしっかり乾かしたあとに育毛剤を使用しましょう。濡れた状態では水分と混ざって薄まりますし、また雑菌が繁殖した不衛生な状態では効果も半減します。

育毛剤使用後はドライヤーで乾かすべき?

育毛剤を使ったあと、頭皮と髪は再びしっとり濡れた状態になりますが、すぐに乾くものですし、これをドライヤーで乾かす必要はないので自然乾燥にまかせて問題ありません。 どうしても乾かしたいとき、乾かす必要があるときには必ず冷風をあてましょう。温風では育毛剤の成分が蒸発し、せっかく使っても効果が期待できません。 育毛剤、たとえばスカルプDの育毛トニック、スカルプジェットには頭皮に必要な栄養素(豆乳発酵液やカッコンエキス)などが含まれています。ほかにも頭皮を健康に保つ成分や、血流を良くするはたらきをもつ成分も配合されていますから、これらの効果をドライヤーで損なわないよう気をつけましょう。 出かける直前の使用などで育毛剤を乾かしたいときもあるでしょうが、スカルプD スカルプジェットなら特殊ノズルによるジェット噴射で育毛剤が垂れる心配がありませんから、自然乾燥にまかせましょう。

【おすすめの育毛剤】
スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット[医薬部外品]

薬用育毛トニック スカルプジェット
通常価格:3,240円(税込)
有効成分:「酢酸DL-α-トコフェロール」「グリチルリチン酸ジカリウム」「タマサキツヅラフジアルカロイド」
商品説明:薄毛の原因となる男性ホルモンにアプローチして発毛を促進します。活性型イソフラボンを多く含む豆乳発酵液とカッコンエキスを組み合わせたダブルイソフラボンによって髪を強く太くします。

ドライヤーで髪を乾かし、薄毛予防を

入浴後の髪を自然乾燥させると雑菌の繁殖、髪の傷みなどを招き、薄毛にもつながります。ドライヤーできちんと乾かす必要があるのですが、ドライヤーの使い方を間違うのも問題です。
  • 事前のタオルドライを行なう
  • 近づけすぎず、同じ場所に長時間あてない
  • 髪の根元から乾かす
  • 最後は必ず冷風をあてて髪の熱をとる
これらを守って正しく髪を乾かしましょう。 ドライヤーで正しく乾かしたあとに育毛剤を使えばさらに効果的です。薄毛予防、そして積極的な育毛のためにも正しいドライヤーの使い方を覚えて実践しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!