ヘアケア・育毛

公開日:2018年4月13日

更新日:2018年6月11日

獣毛素材の高級ヘアブラシを活用して頭皮環境を守ろう

獣毛素材の高級ヘアブラシを活用して頭皮環境を守ろう

ヘアブラシには形状と素材によってさまざまな種類があります。中でも高級ヘアブラシに分類される獣毛のヘアブラシは、「頭皮や髪にやさしい」のが特徴だといわれています。

獣毛には、どのように頭皮や髪をいたわる要素があるのでしょうか。獣毛ヘアブラシの長所を具体的に確認しましょう。

ヘアブラシは頭皮ケアに使える

頭皮

まずはヘアブラシ自体の効果を見てみましょう。ヘアブラシを使うメリットは大きく分けて2つあります。

シャンプーの負担を軽減

髪を洗う前にブラッシングすると、髪や頭皮についた汚れやホコリ、皮脂、フケなどを髪の表面上に浮かせて、落ちやすくできます。シャンプーの洗浄力は頭皮や髪に多少の負担をかけるものですが、ブラッシングで汚れを落としやすくすることで効率よく髪を洗うことができ、結果的にシャンプーによる負担を減らせます。

また髪のもつれやからまりをなくしてから洗うことで、シャンプー時に髪同士の摩擦で起きるダメージを減らせますし、引っかかって健康な髪の毛が抜けるリスクもぐっと下がります。

頭皮の血行を促進

ヘアブラシのほどよい刺激は、頭皮の血行を促進します。頭皮の血行は髪の毛の成長を左右する要素であり、血行促進により活力のある髪の毛が成長すること、また薄毛(ハゲ)のリスクを減らすことを期待できます。

ブラッシングには髪を整える以外にも大きな効果があることがわかりました。ただし、髪と頭皮の状態は人それぞれですから、適さないヘアブラシを使い、誤った使い方をした場合、むしろ頭皮にダメージを与える危険性もあります。

どのようなヘアブラシに、どのような問題がありえるのでしょうか。

頭皮に負担をかけるヘアブラシとは

頭皮の健康を考慮するなら、トラブルの原因になりうるブラシの使い方を避けねばなりません。たとえば安価で入手しやすいナイロン製のヘアブラシは帯電しやすく、静電気を起こしがちです。

静電気は頭皮や髪のダメージに

静電気には物を引き寄せる性質があります。もしブラシが静電気を帯びた状態だと、空気中のホコリやゴミも吸着しやすく、そのまま使うと髪にホコリが引っかかる原因になり、また髪を帯電させてホコリを吸い寄せる可能性もあります。

化学繊維であるナイロンは静電気を起こしやすいので、髪が長めであるなどの理由で静電気が気になる人は使用を控えましょう。

獣毛ヘアブラシの魅力は頭皮へのやさしさ

頭を触る男性

獣毛のヘアブラシは素材のコストと希少性の都合上、他の素材に比べて値段はどうしても高めになります。ですが、それでも愛用されるだけの理由もあるといえます。

具体的にどのような特徴が長所になっているのかをご説明しましょう。

静電気が起こりにくい

獣毛のブラシは数ある素材の中でも静電気が起こりにくい部類に入ります。理由は、獣毛と人間の髪の毛の主成分が共通していることにあります。

動物の毛と人間の髪の毛とは、成分レベルで見ればかなり似ており、いずれもタンパク質であるケラチンを主成分に構成されています。

静電気とは、プラス極に帯電する素材とマイナス極に帯電する素材との摩擦によって微弱な電気が発生する現象です。大まかにいうと、性質が異なる素材を擦りあわせると静電気が起きやすいのです。

ここで獣毛ブラシでのブラッシングについて考えると、ブラシの獣毛と人の髪の毛とは同じケラチンで構成されたもの、いわばよく似た素材、同じ性質のものですから、ブラッシングによる摩擦で静電気は起こりにくいのです。

また、素材以外で静電気を起こすもうひとつの大きな要因は空気の乾燥です。乾燥した冬に静電気はとくに起こりやすいものですが、獣毛は人間の髪と同様、適度な油分と水分を含んでいます。素材自体が乾燥していないことも静電気を発生しにくい理由になっているのです。

髪にツヤを与える

獣毛には適度な油分が含まれています。ブラッシングにより、人の髪の表面にある油分と獣毛の油分が混ざり、髪全体に行きわたります。

乾燥しがちな毛先も含め、髪全体に油分がバランスよく分散して、ツヤの出やすい髪に仕上がります。

獣毛ブラシを2タイプから選ぶ方法

獣毛のヘアブラシの長所を把握できたところで、獣毛ブラシの選び方を覚えましょう。

獣毛には大きく分けて猪毛・豚毛の2種類があります。髪質によって相性がありますので、それぞれの特徴を事前に把握しましょう。

猪毛

猪毛のブラシは毛が硬く、毛量が多い髪、太くてしっかりした髪質に適しています。

頭皮までしっかり毛先が届くので、高いマッサージ効果も期待できます。一方、毛量が少ない人や頭皮が敏感な人には刺激が強すぎるので避けたほうがよいでしょう。

豚毛

豚毛は獣毛の中でも柔らかく、細い髪の人、髪質にハリやコシが足りない人や、また頭皮が刺激に敏感な人に適しています。ただ、猪毛よりは柔らかいため、毛量が多い人が使うと頭皮のマッサージ効果は低く、またブラシより太くしっかりした毛質の人には櫛通りが悪く感じることがあります。

獣毛ブラシはマメに手入れを

獣毛ブラシを機能の損なうことなく、長く使用するためには定期的な、正しい手入れが必要です。手入れの方法と注意事項を確認しましょう。

手入れ法1:専用のブラシクリーナーを使う

獣毛ブラシの手入れ専用のブラシクリーナーがあります。専用だけあって、ブラシに付着した髪やホコリ、ゴミを効率的に取り除けます。

手入れ法2:歯ブラシやつまようじを使う

専用のブラシクリーナーがなければ、歯ブラシやつまようじを使って、横から差し込んでブラシの先へ掻き出すように髪の毛などを取り除きましょう。ブラシの獣毛を逆立てたり曲げたりしないよう注意してください。

はみ出ている髪の毛なら手でつまんで取れますが、指を獣毛の奥にいれて掃除すると獣毛がつぶれたり曲がったりしやすいので避けてください。

注意:水洗いは避ける

濡れた髪がブラッシングの摩擦に弱いように、獣毛も濡れると毛が脆くなるため、水洗いは適していません。定期的にブラシのごみを取る必要はありますが、水を使った手入れは避けましょう。

獣毛ブラシを活用して、頭皮や髪をいたわろう

ヘアブラシの役割は髪を整えるだけではありません。入浴前に使えば髪の汚れを大まかに取り除いて効率よくシャンプーできますし、ブラッシングには頭皮のマッサージ効果もあります。

安価なナイロン製のブラシは手に入りやすいものの静電気が起きやすいのが難点です。獣毛ブラシは比較的効果ですが静電気が起きにくく、ブラッシングでヘアケア効果も期待できます。

髪や頭皮をいたわるために、いいものを使いたいと模索しているなら獣毛ブラシをおすすめします。自分の髪に適したヘアブラシを見つけて、効果的に頭皮と髪のケアを行ないましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!